So-net無料ブログ作成

静かに、だけど [巷の雑感・時の想い]

今朝起きて、着替えようとして、衣替えをしなければ、と気付いた。
昨日今日の暖かさで、やっと季節が動いたことを、感じられるようになったせいだろう。
昨年の今頃は、とっくに済ませていたことを思い出す。

統計上はどうか知らないが、この冬は、例年に比べて、寒く、長く感じた。
我が家の近所の堤防沿いに、桜並木がある。
屋台なども出て賑やかなのが、この時期。
昨年の4月最初の週末には、満開の花弁を多くの人が楽しめた。
しかし今年は、開花が随分遅れている。まだ一分咲き程度だろうか。

様子を見に来た近所のおばちゃんたちと、「まだ全然だね」と言葉を交わす。
でも、そのおばちゃんたちの姿も、もう厚いコートやダウンジャケットではない。
季節が、確実に移ってきている事を感じる。
たとえ遅れたとしても、桜は必ず咲く。

寒い冬をやっと通り抜けたのに、何となく心は躍らない。
今年は例年になく、静かに春を迎えそうだ。
いや、年度末・年度初めの慌ただしさで、そんなことを気付かない人も多かろう。
あまりの不安感に押しつぶされそうで、そんなことに気が廻らない人もいるだろう。
時が経ち、早くいつも通りに戻らないだろうか、と望む人もいるだろう。
できることなら、時を戻し、あの頃に戻りたい、と願う人もいるだろう。

それでも、どんな人にも平等に、時は流れ、季節は移り、春は来る。
静かに、だけど、確実に。


静かに、でも確実に.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー