So-net無料ブログ作成

携帯電話 前編 [日々の徒然]

今や持っていない人を探すのが至難なくらい、普及しているのが携帯電話。このブログをご覧のみなさまも、当然お持ちの事と思います。私が初めて携帯電話を手にしたのは1992年のことでした。
携帯電話1.jpg

それから機種変更を繰り返して今に至っているわけですが、自分の乗ってきた車のことは憶えていても、携帯電話に関しては、あまり記憶が残っていません。最新のデジタルカメラを駆使し、毎日パソコンを触っている私としては、本来こうした電子機器には興味シンシンのはずなのですが、どうも携帯電話に関してだけはアナログ的な考え抜けきれない私。「電話がつながればいいや」的な、ある程度冷めた眼を持ち続けています。確かに携帯電話は、ドンドン小さく軽く薄くなり、メールができ、ネットにも繋げられ、カメラも装備され、ゲームや音楽も楽しめる、と便利に進化してきたことを考えると、この普及は当たり前とも思え、しかも毎日持ち歩くものですから、本来は使い勝手にこだわるべきものと分かっているのですが、「そんな小さな画面を見続けていると、眼が悪くなる。目が悪くなるとサッカーできないゾ!」と子供達に言っている、昔風オヤジになっています。

携帯電話2.jpg

そういう私の今の携帯電話は、3年前に購入したもの。数字キーで文字を打つのが苦手な私には、フルキーボードがあって、ブログに書き込みも容易で、暇な時にワンセグも見れる、この携帯電話で充分でした。しかしカバンのなかに入れて持ち歩くのがキライなので、いつもズボンのポケットに入れているものだから、上の写真のように、今や塗装が剥げてボロボロ、角などは完全に地のプラスチックが丸出し状態。これではちょっと、人前で取り出すのも気が引けるようになりました。丸3年も使ったし、そろそろ買い替えかなあ、と言うと、ウチの家計を預かる方からは、「替えてもいいけど、我が家の携帯電話の予算は、既に赤字だからね」と、しっかり釘を刺されてしまいました。で、先日ちょっと暇を見つけて、近所のソフトバンクショップを覗いてみたのですが・・・
 

携帯電話3.jpg

i Phone 4 16GBに替えてしまいました。電話がつながればいい、と思っている割には、スマートフォンというのに興味が無いわけでもなく(何がスマートなのか、未だに分かりませんが)、これで今より高価ならアッサリ諦めるのですが、i Phoneならそうでもない(他のAndroid携帯だと、今より月額が高くなる)というわけで。別に、携帯で音楽を聴くわけでも、動画を楽しむつもりもないのですが。
しかしこれが難題。先にも書きましたように、携帯電話に関しては、アナログ的志向の私には、なかなか敷居が高いです。丸一日費やして、いろいろ設定して見たのですが、今までの携帯感覚では、使いこなせませんね。書店で、i Phone関係の解説本が多く並んでいる訳が分かりました。こりゃあ~、久しぶりにモノ選びに失敗したかな、とも思ってしまいました。まあ、電話は繋がりますから、暫くは何とかコイツと付き合ってみます。

nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー