So-net無料ブログ作成

サッカー撮影04(ギリギリのフレーミング 後編) [サッカー撮影]

サッカー04-01.jpg

こんなことを書くまでも無く、ズームレンズを駆使して、選手をギリギリまで大きく捉え、「撮った!」という手応えに近いものを得られた経験をお持ちの方もいらっしゃると思う。これが、焦点距離が固定された単焦点レンズで、となると、そのチャンスはかなり少なくなる事は容易に想像していただけると思う。ただ逆に、画角が固定された単焦点レンズだからこそ、いっそ割り切って、こうした画に挑戦しやすいのかもしれない。実際私も、ズームレンズではどうも狙いの不確かな画を量産することも多かったが、単焦点を主にしてからは、選手がファインダーからはみ出ようが構わずに、狙った所に集中しやすいように今は感じている。単焦点だからできない、ということは無いと思う。

サッカー04-02.jpg

サッカー04-03.jpg

写真を撮ることを仕事にしているプロの現場では、そんな個人的な満足より、必要な画を撮ることが最優先され、トリミングも多用されていると聞く。私自身も最近は、依頼されて撮ることも増えてきた。それでも、「ギリギリのフレーミング」を、今もこれからも、挑戦していこうと思っている。
最後にそんな画を載せて、こんな偉そうなことを書いたお許しを賜りたいと思います。

サッカー04-04.jpg

サッカー04-05.jpg

サッカー04-06.jpg

サッカー04-07.jpg

サッカー04-08.jpg

サッカー04-09.jpg

サッカー04-10.jpg

サッカー04-11.jpg

サッカー04-12.jpg

サッカー04-13.jpg

サッカー04-14.jpg


(今回も、掲載画像は全てノートリミングです)

nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー