So-net無料ブログ作成

BDXL? [パソコン]

BDXLって、ご存知でした?
ブルーレイディスクは次世代記録ディスクとして既に認知されていて、ハイビジョン動画や大容量データの記録に、普及され始めていますよね。身近なところでは、PS3ソフトや映画(そういえば、レンタルソフトもブルーレイが随分多くなってきたような)、そしてHDDと合体したブルーレイレコーダーなど。確かに、世帯普及率急上昇の薄型テレビで従来のDVDを見ると、何だかぼやけた様な感じに思えて、やっぱりDVDは従来のアナログ規格なんだなあ、と思ったりしていました。
ブルーレイディスクには1層と2層があって、1層では約25GB、2層は約その倍の50GBを保存できるのですが、最近はPCショップなどにいっても、だいぶ安価になってきました。私もそろそろ手を出そうかな、と思っていたのですが、その機にこの製品発表です。
BDXL.jpg

http://buffalo.jp/products/new/2010/001238.html

大雑把に言うと、ブルーレイを3層&4層にして、更なる大容量データの保存に使おう、というのが、BDXLらしいです。規格自体は今年の4月に発表されていたのですが、いよいよ製品化が始まった、ということですね。とりあえずバッファローがパイオニア製ドライブを使った製品の発売をアナウンスしましたが、他メーカーも順次市場に製品を投入していくのでしょうね。気になるお値段は、3万円台とのことですが、まあこれも普及すれば順次下がっていくでしょう。ただ、気になるのは空ディスクのお値段。ブルーレイディスクも、1層4倍速(25GB)が200~400円ぐらいになってきているようですが、このBDXLのディスクは、3層(100GB)で1枚5000円程だそうで、ちょっとまだ手が出ないです。
こんな大容量のディスクが開発された背景には、きっと3D映像の普及化があると思うのですが、それに対する規格整備&製品準備というところでしょうか。我々デジタルカメラを趣味として扱っている者としては、こうした大容量のディスクはバックアップ用として重宝できそうですが、やっぱり普及するかどうかは価格ですよね。もっと安価にならないと、ね。それと、現在のSATA2やUSB2.0では、転送速度が遅すぎて、書き込みに時間がかかりそう。やっぱり、SATA3.0やUSB3.0で繋がないと、日常使いではイライラしそうです。いづれにしても来年は、こうした規格の製品が、パソコン業界を賑わしそうですね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー