So-net無料ブログ作成

湿度計 [カメラ機材]

ちょっと前の話ですが、ご容赦ください。
以前のブログで書いたことがありますが、私は東洋リビングの防湿庫(ED-150CD)を、2年半ほど使っています。ED-150CDはもう廃番になってしまったようですが、レンズ本数が増えていない私にとっては現在もジャストサイズ、いや、先月レンズを減らしたためにちょっと余裕が出てきたのが現状です。防湿庫は保管庫でもありますから、何事も無く適湿を保ってくれていれば充分なのですが、先日ちょっと気になったことがあったので、ご報告しておきます。
 
湿度計.jpg
 
或る日、ふと防湿庫に眼をやると、いつも湿度を表示している液晶が真っ白。確かこの湿度計は電池式だったから、電池が切れたんだな、と思い、裏蓋を外して新品の電池と入れ替えてみた。でも点かない。確か、裏にON-OFFのスイッチがあったはず。何かの拍子に触って、OFFにしてしまったのか、と思ってみたら、そうでもない。スイッチの接触不良でもなく、電池切れでもなく、電池の接触不良でもない、となると、う~ん壊れたかな、と。
まあ機械物だから、壊れることもあるさ、と納得はしたものの、やっぱり湿度計が無いのは不安。別に今まで期待を裏切らなかった防湿庫だから、無しでも良いのかもしれないけど、やっぱり眼で見て確認できると安心感がある。これを機に、他社製の湿度計を付ける、という案も浮かんだが、出しゃばらないデザインの今のものが必要充分で気に入っているので、製造元の東洋リビングにメールにて問い合わせてみることにしました。もちろん、購入してから2年以上も経っているので、有料になるのは納得した上で、部品単体で送ってもらうには幾らかかるのかな、と。
すると、すぐ翌日に返事が返ってきました。
 「弊社ホームページへのお問い合わせありがとうございます。お問い合わせの件ですが、
  デジタル温湿度計の表示不良でご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
  温湿度計は3年間の保証ですので、新しいデジタル温湿度計をお送りさせていただきます。
  恐れ入りますが、ご交換いただき、お手元の不良分は処分くださいますよう、お願い申し上げ
  ます。  新しいデジタル温湿度計は、準備でき次第発送いたします。」
とのこと。そして、送付先(私の住所)の確認の一文も付け加えられていました。そういえば購入時に、この防湿庫はメーカーから直接送られてきたので、メーカーに購入者リストのようなものが有るのでしょう。その中に私の名前・住所があり、「そちらでいいですか?」というわけです。もちろん私は、すぐに返信メールを送ったのですが、その翌日(ということは、最初のメールを送った2日後)には宅配便で、湿度計が我が家に届きました。
この湿度計自体は、プラスドライバー1本あれば、誰にでも簡単に取り外し・取り付けできるもので、今まで通りの正常な状態を取り戻すのに苦も無かったのですが、それにしても今回のメーカーの対応には感心しました。別に無料で元通りになったからではありませんが、売りっぱなしではなく、困っている自社のユーザーには、親切に迅速に対応するというのは、当り前のことなのかもしれませんが、「クレーマー」と呼ばれるような人がいる今の世で、なかなか出来ないことだと思うのです。こうした防湿庫は、買い替えが頻繁に行われる製品でもないだろうし、商売気を匂わせる対応とも覚えず、こうした顧客管理に好感をもった次第です。以前、レンズの件でシグマという会社にも同じように感じた、何となくメーカーの良心を今回も感じてしまいました。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー