So-net無料ブログ作成

サッカー撮影01(汗) [サッカー撮影]

サッカー01-01.jpg

真夏の強烈な日差しが照りつけるグランドの片隅に立つ。
帽子を被っていても、滝のように流れ落ちる汗が、ファインダーを覗く目に入り、痛い。
右手で握るカメラボディは、黒色のせいで焼けるように熱い。
思わず、首に掛けていたタオルをカメラに被せた。
しかし、そのタオルとて既に汗を吸いこんでいて、じっとりと重い。
それでも昨日の人工芝グランドに比べれば、まだまし。
人工芝からの反射熱は、陽炎となって容赦なく襲いかかり、周りの温度を体温以上に簡単に上げてくれた。
もう何年も夏はこんな感じ。
いつものことさ、と強がって見せるが、歳と共に衰える体力は、ちょっと感じていたりする。

サッカー01-02.jpg

でも今、眼の前にはサッカー選手がいる。
汗を飛ばし、相手と、自分と、ボールと、暑さと、歯を食いしばって格闘している選手たち。
灼熱のサッカー場で、彼らの汗の匂いの中で、飛び散る汗にレンズを向ける。
邪心の無い彼らの姿が、美しく感じるから。
それをそのまま、形にして残しておきたいから。
その想いが、私にシャッターを押させる。

サッカー01-05.jpg

体がおかしくなったんじゃないか、と思うくらいに汗が出る。
もちろん、それを補うために補水する。
日が落ち、ナイターとなっても涼しさは皆無。
こんな状況で疲れない訳が無い。
夏のサッカー撮影は、体力勝負。
それでもやっぱり、今しか撮れない画はある。

サッカー01-04.jpg

サッカー01-06.jpg



以前のブログ「マイ趣味ライフ」で、「少年サッカーの撮影」という題で80回にわたって私見を書き続けてきました。この新ブログでも、もちろんサッカー撮影に関して書き綴っていくつもりですが、以前とは少し趣を変えてみようと思います。内容的にこれまでと重複する所が出てくるかもしれませんが、以前の「子供のサッカーを撮る保護者向けのHow to的なもの」から、「サッカー撮影に関する話題の提供と私なりの考え」という風にしたいと思っています。そして、少年サッカーという括りを解放して、年代や性別を問わない、広くサッカー撮影を対象としたものとしたいと思っています。お付き合いいただければ、幸いです。



それでも、全開活動中です


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー