So-net無料ブログ作成

キヤノン今秋の新製品発表 [カメラ機材]

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、本日キヤノンから、新製品の発表がありましたね。

秋の新製品.jpg
 
・EOS 60D
・EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM  価格(税別)15万円 (発売日:2011年1月)
・EF300mm F2.8L IS II USM       価格(税別)75万円 (発売日:2010年12月)
・EF400mm F2.8L IS II USM       価格(税別)125万円 (発売日:2010年12月)
・エクステンダー EF1.4×III         価格(税別)5万5,000円 (発売日:2010年12月)
・エクステンダー EF2×III          価格(税別)5万5,000円 (発売日:2010年12月)
・EF70-300mm F4-5.6L IS USM     価格(税別)15万8,000円 (発売日:2010年11月)

60Dに関しては、ほぼ噂どおりの感じですね。従来の50Dは、キヤノンのAPS-C機の最上位機種でしたが、7Dがある現在では、少しKiss X4に寄った設定かな、というのが私の印象です。確かに、画素数は7Dと同じですが、ワイド3型バリアングル液晶モニターの採用や、記録メディアがCFからSDHCになったこと、DIGIC4はシングルで、連写速度が落ちたこと、などがその理由です。まあこれで、7Dとの差別化を図ったんでしょうね。現在は7Dよりも実売価格は高いみたいですが、早晩落ちるのではないでしょうか。その分、7Dは今の価格が底かなあ。
それよりも、レンズです。レンズのリニューアル情報は、まったく漏れてこないのがキヤノンですが、今回はちょっと驚きました。サンニッパ・ヨンニッパ・ゴーヨン・ロクヨンの4本は、新型に変わるだろうと言われていましたが、まずは2本、そして近いうちに残りの2本もⅡ型になるようですね。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2010-08/pr-ef815f4l.html
http://web.canon.jp/pressrelease/2010/p2010aug26j.html

サンニッパ・ヨンニッパのユーザーである私としては、何とも複雑な思いですが、どんな画が出てくるのかは楽しみです。それにしても、この軽量化は凄いですね。いつも、あの重いヨンニッパを担いでいたのが、随分楽になるようで(5370gから3850gへ)。EXTENDERまで新型のⅢ型を出すということは、光学性能もかなり変わっているということでしょうか。
フィッシュアイは見たことも使ったこともないのですが、これのズームが出てくるとは予想外。物欲を刺激されている方、多いかもしれませんね(私は無いですが)。
EF70-300のLレンズ。これは、必要だったのかなあ~、コレを出すくらいなら、EF100-400をリニューアルした方がよかったのでは、というのが私の印象ですが、どうなんでしょうか。
これから作例やらインプレやら、いろんな情報で賑わいそうな、今年の秋ですね。

ちなみに私は、もちろん買い替えるような懐は持ち合わせていませんので、現状維持で頑張ります!
 
nice!(3)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー