So-net無料ブログ作成

パルケエスパーニャ [日々の徒然]

大学の夏休みなんて2ヶ月近くもあるのに、家に帰ってきている期間が僅か10日ほどというのは、どういうこっちゃ!?、という私の愚痴はさておいて、久しぶりに5人家族に戻っている我が家です。この貴重なフル家族状態なのに、家でゴロゴロというのは惜しいので、一昨日は家族みんなで出かけてきました。今回は事前に計画を立てた訳でもなく、宿泊がらみの旅行などは無理。生憎の天気だし、まあ近場の「志摩スペイン村」へ、ということに。

パルケエスパーニャ 1.jpg
志摩スペイン村は三重県志摩市にある複合リゾート施設。そこにある「パルケエスパーニャ」は、近畿日本鉄道(近鉄)が1994年に開園したテーマパークで、スペインをモチーフにした様々な施設&建物とアトラクションが売りなのですが、ご多分にもれず、この不況で入場者数は下降気味。一時期は閉園も噂されたこともありました。私自身がココを訪れるのは確か3回目だと思いますが、今行っても、結構お金がかかった造りをしているなあ、とは思います。ただ、TDL以外はどこも入場者数が投下資本に対して伸び悩んでいるのは、いろんな原因&要因があるのでしょうね。私たちが訪れた8月9日は、平日でしたが夏休みで、お盆休みも始まっている人も多いと思われる時期なのに、それほど混雑はしていませんでした。
パルケエスパーニャ 2.jpg

パルケエスパーニャ 3.jpg
テーマパークと遊園地の違いを明確に述べられる知識は無いのですが、このご時世で、しかも大都市周辺ではない地方のこうした施設では、コンセプト重視だけでは経営的に苦しいのかもしれません。オープン当初には無かった「絶叫系乗り物」もありました。ただ、今年3月に行った富士急ハイランドほど刺激的ではなかったですが、かといって本当の子供向け施設という訳でもなく、スペインを連想させるディテイルもそこかしこに見られて、中庸というか中途半端というか、それでも維持していくためにはやむを得ないというか、経営努力はうかがい知れるというか、そんな感じがしました。それと、パレードなどで踊っている方々は別として、アトラクションの案内やレストラン・売店などで見かけるスタッフが、ほとんど地元の方々なのでしょうね、着ているユニフォームに比べてどうも「垢ぬけていない」というか(失礼)。地方のテーマパークらしく、年配のおばちゃんスタッフも多かったですね。
パルケエスパーニャ 4.jpg
もっとも、私は人混みが嫌いなので、助かりました。どのアトラクションも並ばなければならないが、30分以上も待つ必要はない、といった感じで、一日でほぼ全て見て廻ることができました。私的には、これくらいの混み具合がちょうど良いのですが、閑散期も当然あるでしょうから、これでは経営的には苦しいのでしょうね。夕方には豪雨になってしまったこともあって、帰宅の途につきましたが、1時間も2時間も並ばなければならないようなテーマパークしか生き残っていけない、という世にはなって欲しくないな、と思いました。
パルケエスパーニャ 5.jpg


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー