So-net無料ブログ作成

コーヒー・ミル [日々の徒然]

私はコーヒーが好きです。けれど、ウンチクを語れるほどの知識も無く、高価なものしか受け付けない舌でもなく、極々一般ユーザーです。そんな私にコーヒーがプレゼントされました。ただそれが「コーヒー豆」だったのです。

コーヒーミル01.jpg

いろんな種類のコーヒー豆を買っては、手動のミルで楽しんでいたのはかなり前の事。この十年ばかりは挽いてあるコーヒーを買って、ドリップ式コーヒーメーカーで飲んでいたので、手元にミルが有りません。そこで久しぶりにミルを買ってみました。
もちろん、貧乏な私は高価なものに手は出せませんから、ここはネット検索と通販ですよね。多く見かけるのは、フードプロセッサーやジューサーミキサーのように、コーヒー豆をカッター刃を回転させて粉砕する電動タイプのもの。簡単で良いのですが、何だか味気ない感じが。ここは昔ながらのゴリゴリと手動で挽く臼式タイプのものが欲しくなってきました。そこで見つけたのが、HARIO(ハリオ)社の「セラミックコーヒーミル・スケルトン」。
https://www.hario.com/seihin/productdetail.php?product=MSCS-2B

コーヒーミル02.jpg

コーヒー豆を挽くのは、手動で回転させるセラミック製の臼刃。固定された円筒状の外刃と、その内側を手動で回転する内刃(どちらもセラミック製)の間をコーヒー豆が通過する際に粉砕する、というもの。その隙間を調整することで挽き具合(コーヒーの細かさ)も調整できます。挽いたコーヒーが落ちてくる容器はガラス製で、保存用として蓋も付いてきます。そして何より安価、2000円程です。

コーヒーミル03.jpg

コーヒー豆を上部から入れてハンドルを回せば、ゴリゴリと粉砕されて、下の容器に溜まっていきます。それが面倒と思われる方にはお勧めしないのですが、この挽いている時に出る香りこそが、こうした手動のミルを使う一番のメリットなのでは、と思ってしまいました。確かに安価なものですから、粗めに設定すると挽きムラが目立ちますし、大量に挽くのは疲れます。でも、個人用として手軽に使えるものですから、1~2杯分ゴリゴリしては炒れる、という使い方ではそれ程面倒でもないし、この製品はそういった目的の製品なのでしょう。簡単に水洗いできるので、手元に一つあっても良いかな、と思ってしまいました。

コーヒーミル04.jpg

お酒を飲まない私は、今夜もコイツのお世話になります。

nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

wataru-wata

ジュニアユース様、おはようございます☆

勝手ながら、ジュニアユース様とは趣味趣向が似ているようで大変興味深く拝見させていただきました。

当方もコーヒー好き(うんちくは知らないレベルです(笑)のアルコールダメで、昔はエスプレッソマシンを買って飲んでました。

当時は色々な豆を買って飲んでいたのですが、牛乳をスキームするのが難しく気が付いたらネスレのカプセルマシンで飲むようになってしまいました(笑)

写真のような手で回すミルには憧れているのですが、その手間をイメージすると購入に踏み切れずに今日まで来ました。

是非ぜひ沢山使ってあげて、至福の時間を過ごしてくださいね☆
by wataru-wata (2019-03-25 07:59) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
このミルで4~5杯分の豆を挽こうとすると、結構大変だったりします。
なので、自分用に1~2杯分を挽くためのミルなんでしょうね。
もっと高価なミルを使えば、もっと均一に挽けると思うので、本格的に楽しみたい方にはお勧めではないかもしれません。
それでも私的には、十分楽しめてます!

by ジュニアユース (2019-03-25 22:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。