So-net無料ブログ作成

秋の収穫バスツアー [日々の徒然]

収穫バスツアー1.jpg

実は今月、長女が帰郷してきました。溜まった有給休暇を年内に消化する(年末年始は仕事が忙しいので)のが動機でしたが、まあ親としては嬉しい出来事です。で、せっかく帰ってきたのに家でグタグタしているのも勿体無い、ということで、「どこかへ行こう」という話になったのですが、さてと、思いつく行先が出てこない。そこで、こんな場合に我が家には有りがちな選択ですが、手軽な日帰りバスツアーに3人で申し込んで行くことになりました。(過去何度もこの手の話を紹介してきましたが)。

収穫バスツアー2.jpg

まあ予想されたことですが、この時期にこの種のバスツアーに参加する方々は、年配の方が多いですね(自分も年配の範疇に入ってますが)。50人乗りのバスで2/3位は席が埋まっていたでしょうか。南信州に向かったバスが最初に停まったのは、木工製品を手作りしている店でした。

収穫バスツアー3.jpg

その後、早速昼食です。確かに、松茸が入っていましたが、団体客が何組も押し込まれたホールみたいなところで食べたので、イマイチ味や香りが楽しめず。手早く平らげた後は、売店でフローズンヨーグルトなるものを買って車内で食べてました。

収穫バスツアー4.jpg

信州味噌の蔵元にも寄ったのですが、我が家の味に慣れた私の舌には、どうもピンと来なくて。

収穫バスツアー5.jpg

「栗拾い」がこのツアーのイベントの一つだったのですが、先の台風で被害が出たとかで、お土産に栗を貰っただけで素通り。次が、梨とリンゴの食べ放題です。

収穫バスツアー6.jpg

食べ放題と言っても、木からちぎって自分で皮を剥いて(入り口でフルーツナイフを手渡されました)食べるので、1個食べるのに時間がかかる。食べ放題でも時間制限はありますし、昼食後ではそんなに食べられません。結局、殆どの人が梨とリンゴを1個づつ食べるので精一杯。後はお土産に1個づつ貰ってきました。

収穫バスツアー7.jpg

次はブドウです。ブドウ園に入って、気に入った2房をもぎ取ります。本当は1人1房らしいのですが、まだ時期がちょっと早くて小さいので、今回は1人2房でOKとのこと。

収穫バスツアー8.jpg

帰り道、フッと見上げれば、遠くに見えるのは南アルプスの山々。当日は天気も良かったですが通り過ぎる風に、季節は確実に秋へ、そして冬へ向かっていくのを感じました。

収穫バスツアー9.jpg

秋の味覚をもぎ取ってくるツアーだったので、各自それぞれが持ち帰ったお土産はこんなにたくさん(これで1人分)。写真には写ってませんが、その他に、栗ごはんや落花生、栗きんとん、しめじ等もお土産として配られました。お得な、お勧めのツアーだったのかどうかは分かりませんが、つまらない所へ行って時間を潰すよりは有意義だった、という事にしておいてください。

収穫バスツアー0.jpg


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

ジュニアユース様、おはようございます☆

お嬢様との家族でのお出かけ、楽しめたご様子ですね。
我が家もこういうバスツアーを何度か計画した事があるのですが、子供の体調面で色々あり
「おっ!今日は元気だな~。じゃ、ディズニー行こうか!」
みたいな、そういうお出かけがメインになるのですね。

それにしても、長期休暇=帰郷。
こういう親孝行と言うか、ご両親の事を考えてくれるお嬢様に育てられたジュニアユース様にぜひ子育てについて教えていただきたいです。

思春期に入ってきた女の子は難しすぎます(涙)
by wataru-wata (2018-10-30 07:37) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
長女の東京生活も11年目になりますが、学生の時も社会人になってからも、毎年何日かは帰ってきますね。
長男も次男も、そんな感じで、それが普通だと思っているようです。
でも、それを嬉しいとか楽しみ、と言うと、何だか田舎の年寄りが子供が帰ってくるのを楽しみにしているようで嫌なんです。
私は私、と今やるべきことをセッセとこなすことが、彼らの休憩する場所を維持することだと思ってますがネ。

by ジュニアユース (2018-10-30 23:04)