So-net無料ブログ作成

サッカー撮影107(守りのズーム・攻めの単焦点 その5) [サッカー撮影]

サッカー107-01.jpg

前回までにズームレンズについて書いてきましたが、今度は単焦点レンズです。これは話は簡単です。攻めの気持ちが無ければ良い画は撮れません。
過去何度も書いてきましたが、広いピッチを縦横に不規則に動く選手が被写体なのですから、被写体と撮影者の距離は常に変化しています。それを撮るには、可変焦点距離のズームレンズを使う方が理に適っているように思われますし、実際多くの方がまずズームレンズで撮り始めるでしょう。では、なぜ敢えて固定焦点距離の単焦点レンズで撮るのか。
1.描写力・解像力
2.AFの速さ・レスポンス
3.F値の小ささ故にシャッター速度が稼ぎやすい
4.薄い被写界深度を使ったボケ
上記のような点が概してズームレンズに比べて優れていることが(全てとは言い切れませんが)理由として考えられます。個々の項目についての解説は割愛させていただきますが、サッカー撮影で単焦点レンズを使って思うような画を撮れた時は、大きな満足感と快感を撮影者にもたらしてくれます。それ故、重く高価な単焦点レンズ(ここではサンニッパやヨンニッパを想定しています)を使って良作を量産することが、サッカー撮影の究極の目的になりうると思われます。ただし、それには相応のリスクと努力が必要になることから、撮影者に攻めの姿勢が必須であると思っています。

サッカー107-03.jpg

サッカー107-04.jpg

単焦点レンズで撮る場合、思うような大きさで選手を捉えられる範囲は、広いピッチを考えれば、極めて狭いと言えるでしょう。テニスやゴルフで例えれば、スイートスポットが極めて狭い道具を使っているという事です。それを踏まえ、まずはそのスイートスポットに入ってきた被写体の良いシーンを撮り逃がさない事、それに集中することが第一です。
その場合、自分の立ち位置からどの範囲が許容できる大きさで撮れるのか、を確認しておくことが一つ目。二つ目は、自分が動けるとすれば、どれくらいまで動いて撮ることができるのか、動いた場所でどのように撮れるのか、を確認することです。練習試合や予選一、二回戦などでは、タッチライン沿いに動きながら撮れる場合も有りますが、大きな大会や決勝戦であれば、試合中に移動が禁じられたり、撮影範囲が定められたりしています。それは予め決められたことですから、守らなくてはなりません。例えば、「ゴール裏を除くゴールラインより後方5m」と言われても、ゴール寄りかコーナー寄りかでスイートスポットの範囲が違います。試合展開を予想しながら(あくまで予想ですから外れることもあります)、自分の欲しい画を撮れそうな場所を考えて確保するべきでしょう。それと特に晴天の場合、日差しの位置と角度も考慮すべきでしょうね。

サッカー107-05.jpg

サッカー107-06.jpg

サッカー107-10.jpg

そうして考えた末のポジションで撮り始めても、なかなか思うような大きさで選手を捉えられないでしょう。でもそれが普通なのです。そこで腐らずに、イイ感じで飛び込んできた選手を絶対に逃さいゾ、という集中力を保つことが要求されます。逆に、あまりに遠くのプレイに関しては捨てても良いと思います。遠いと選手と撮影者の間に介在する空気の影響を受けますし、ファインダー内で狙った選手が小さいので、如何に高性能なカメラを使っても、ピント合わせが難しいからです。ズームレンズを使っていても同様の事が言えますが、単焦点レンズの場合は特に、捨てるシーンはキッパリ諦め、欲しいシーンは絶対逃がさないゾ、という攻めの気持ちを保つ、ということが良い結果に結びつくと思います。

サッカー107-09.jpg

サッカー107-02.jpg

サッカー107-07.jpg

サッカー107-08.jpg

サッカー107-12.jpg

サッカー107-11.jpg

サッカー107-13.jpg

(今回の掲載画像は全て、単焦点レンズで撮ったものです)

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

ジュニアユース様、こんにちは!

単焦点レンズを装着した時は攻めの気持ちになりますよね。

同じ絞り値でも、単焦点の方が気持ちがノッてる自分が居ます。

だからかな、構図的に良いと思えなくても表情やキレが別物なのでプリントアウトしたくなる写真が単焦点レンズで撮影すると多いです。

まぁ、ズームレンズにはない”何か”が無ければ、存在価値が見出せなくなっちゃいますよね(汗)
by wataru-wata (2018-05-16 11:40) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
おっしゃるとおりですね。
ズームレンズの性能も年々上がっていると思いますが、それを上回る性能がないと、単焦点レンズの存在価値が無くなります。
そして、そのキレ味を知ってしまうと・・・、ですね。
長い話になってますが、もう少しお付き合いください。

by ジュニアユース (2018-05-17 22:02)