So-net無料ブログ作成

CANON 430EX Ⅲ-RT [カメラ機材]

私のカメラ機材などを見ると意外と思われるかもしれませんが、「衝動買い」というものは殆どしない私なのです(あくまで自称です)。クレジットカードは使っても、リボ払いや、ましてやローンで買うこともありません。結構計画的に売り買いしているつもりなのです(あくまで自称です)。
さて先日、サッカー撮影から帰って来て機材をしまおうとしたら、フラッシュが無いことに気付きました。う~ん、と暫し考えれば、試合終了後の集合写真撮影に使って、カメラバックの端に詰め込んだはずが、無い。たぶん、バックに入れようと、ちょっと隣の机の上などに置いて、そのまま帰って来てしまったのでしょう。その日のサッカー場は自宅から遠くて、「置き忘れた」と告げたものの、まあ出てこないでしょうねぇ。しかも今は、今年の撮影のピーク、毎週撮影です。日中屋外でのサッカー撮影とはいえ、集合写真には必要なものです。全く私の不注意から生じたことには違いないのですが、これまで使っていたのは550EXというガイドナンバー55のものでしたが、購入したのはもう10年以上前の事。それを考えれば、ここは新調するしかないか、という安易な結論になってしまいました(あくまで、衝動買いではありませんよ~)。

430EX-1.jpg

カメラのフラッシュは、純正で最大光量のものが一番、との認識が私には有って、そうなるとキヤノンの600EX Ⅱ-RT ということになります。しかし突然の出費で予算が無い(時間も無い)。そこで、ワンランク下の 430EX Ⅲ-RT で妥協してしまいました。光量は劣りますが、何といっても値段が半値なのですから。
さて届いた箱を開けてみれば、「小さい!」ってまず思いました。今まで使っていた550EXに比べれば、確かに光量は2割程減ですが、本体の大きさは2割以上小さくなりました。今のフラッシュはバウンスアダプターやカラーフィルターも(しかもそれらを入れるケースまで)標準で付いているのですね(昔はオプションだったような気が)。更に、広角に光を照射してくれるワイドパネルや、キャッチライトパネルなるものも内蔵されていて、引き出せば簡単に使えるようになってます。ポートレート撮影は苦手な私ですから、使うかどうかは分かりませんが、フラッシュ一つとっても、進歩しているのですね。まあ、10年以上前の550EXと比べるのもナンですが。

430EX-2.jpg

早速、電池(私は単三型充電池を使ってます)を入れてみると、チャージの速いこと。機敏に入退場や集合写真を撮る際に、これは助かります。使い方は・・・、まあフラッシュ(ストロボ)の使い方だけで本が一冊書けてしまうほどですから、私がココでアレコレ書く必要も無いでしょう(そんな知識も無いですし)。普通に使えて、カメラ本体側で調光補正ができれば十分です。実戦で使ってみても、以前の550EXとそれ程遜色無い感じで、チャージが早くなった分だけ利便性が上がっています。600EXⅡの方が良いのは分かりますが、私の使い方は限られてますから、コストパフォーマンス的には430EXⅢでイイかな、と今のところ思ってます。暫くコレをお供に、サッカー場に通うことにします。
(ただ、私が使っている単三型充電池の方が、もう限界かな)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました