So-net無料ブログ作成

すそ野にて 6 [サッカーあれこれ]

愚息1号が現役を退いたのはちょうど8年前、高校最後の試合でした。その後の大学生活では海外に興味が移り、異国を旅したことを度々このブログで紹介させていただきました。その大学も卒業して、社会人として今年3年目になりますが、やはりサッカーは欠かせないようで(幼稚園児からボールを蹴ってましたしね)、社会人になってからオジサン達のサッカーチームで年何回か試合に出たりしています。そして毎年9月に、静岡県の時之栖で一泊二日の大会に参加するのが恒例になっています。勿論それを撮りに行く私も、恒例になってます。

すそ野6-1.jpg

聞けば、20代から40代の方達が殆どで、勤めている会社もバラバラ。特に毎週のように練習する訳でもなく(東京じゃあグランドの確保も難しいでしょう)、たまに集まっては手ごろな大会に参加するような、そんな同好会的チームです。ちょっとお腹の出たオジサン、5分も走ると息が上がるオジサン、そんな方々の集まりなのですが、皆さんサッカー経験者。現役当時は全国的に強豪校のレギュラーだった方もいます。大都会でのビジネスワークを強いられても、やっぱり皆さんサッカーが好きなんだなあ、と撮っていて伝わってくるものがあります。いや、ただ好きなだけでなく、いざ試合となれば後先考えずに走り、勝ちに行き、ゴールを決めれば喜び、負ければ悔しがる、そこにはやはり真剣勝負の匂いが有ります。

すそ野6-2.jpg

すそ野6-3.jpg

このチームは全員がJFAに選手登録をしていません。公認チームでもありません。たぶん、この大会に参加している殆どのチーム、参加者がそうだと思います。その意味で、日本代表を頂点とするサッカーピラミッドの一員ではないのです。確かにそうした「選手」だった過去を皆さんお持ちでしょうが、今はそうではありません。けれど、私は見ていて、彼らは「選手」だと思ってしまいました。確かに走れないし、戦術的にどうこうできる訳でもなく、レベル的には低いでしょう。でもここでは、全員が真剣にプレーし、勝とうという意欲が有り、持てる力をぶつけているのです。つまり「選手」と呼ぶために欠かせない要素を、彼らは持っているのだと感じました。

すそ野6-4.jpg

以前、家族や友人達でチームを組んで参加する、フットサルの大会を撮りに行った話(笑顔の大会)を書いたことがあります。その大会に出ている殆どの方が選手登録していませんが、それでも皆さん楽しくボールを蹴っていました、笑顔で。それに比べると、試合中の笑顔など無く、気合で足を動かして闘っているこのオジサン達は、もう少しサッカーピラミッドに近い存在なのかもしれません。でも、ピラミッドの構成にも入らない、すそ野より更に外に居る方々です。でも私は、選手だと思いました。そして、そんな方々がいるからこそ、選手登録を問わない大会や試合が存在し、それを広義の「すそ野」と考えるならば、サッカーというスポーツのすそ野は意外と広いのかも、とも考えてしまいました。
「日本のサッカーは、未だに体育の延長線上にある。強豪国のように、サッカーが文化にはなっていない」ある著名な方の言葉を思い出しました。サッカーは、より高みを目指す若者だけが選手ではない。シニア世代になっても選手登録して、シニアの大会に出ている方も勿論いらっしゃいますが、それだけでなく、仕事をしながら暇を見つけ、たまに集まっては出れる大会に出て「真剣勝負を楽しむ」、そんな方々がいても良いのではないでしょうか。そんな大会や試合が有っても良いのではないでしょうか。それが日本で、サッカーが教育の一環としてではなく、文化として根付く一歩、礎になるとは言えないでしょうか。

すそ野6-7.jpg

愚息1号がこのチームのゴールマウスを守るようになって3年。毎年参加しているこの大会で、今年の結果は優勝でした。初日には、「決勝トーナメントに行けたらイイなあ」だったのに、あれよあれよと勝ち進み、決勝は気合でゴールを捻じ込んでの優勝。監督さんは、思わず男泣きしてました。これまでの過程を顧み、いろんな思いや努力が結実した証拠なのでしょうね。私も久しぶりに、愚息のファインセーブも見れたし、気持ち良くピッチを後にすることができました。来年はディフェンディングチャンピオンのチームの一員として愚息2号も来るでしょうから(今回はケガで不参加)、来年も必ず撮りに来こうと思っています。

すそ野6-5.jpg

すそ野6-6.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました