So-net無料ブログ作成

EF-S 24mm F2.8 STM(後編) [カメラ機材]

EF-S24-3-1.jpg

このレンズの欠点として、周辺減光が指摘されています。同じパンケーキレンズでも、EF40mmをAPS-C機で使うと端は写りませんから、問題にはならなかったですが、EF-Sレンズとなるとフルに端まで使いますから、やはり出ます。開放F値のF2.8で空を撮ってみた画を下に載せます(使用ボディは、9年前の1010万画素機、Kiss DXです)。

EF-S24-3-2.jpg

これはもちろん、絞れば解消に向かいます。F5.6の画を下に載せてみました。

EF-S24-3-3.jpg

ちなみに、この周辺光量不足は、RAW現像ソフトのD.P.P.で簡単に補正できます。上の開放F2.8で撮った画を、このソフトで補正したのが下の画です。

EF-S24-3-4.jpg

ボケに関しては、24mmなりの被写界深度ですから、あまり期待しない方がよいかも。ただ物撮りなどでは、最短撮影距離が短縮されたことを利用して、思い切って近づけば、それなりのボケは得られます。下に作例を載せます。

EF-S24-3-5.jpg

EF-S24-3-6.jpg

EF-S24-3-7.jpg

概して、EF40mm F2.8 STMをAPS-C機専用に作り替えたレンズと言え、開放F値付近からシャープな画を見せてくれるその傾向は同じ。ISも無いことだし、周辺部を特別意識しないのであれば、あまり絞らずにF2.8~F5.6ぐらいで使いたい。フルサイズ換算で約38mmは広すぎず狭すぎずで、普段に持ち出してスナップ的に撮るのに適していると思いますし、それは私の主目的に合致。最短撮影距離が短縮されたおかげで、物撮りにも便利になりましたから、このトレードは今のところ成功だと思っています。ボディは古いですが、Kiss DXとの組み合わせで、いろんな所へ連れ出して使ってみようと思っています。

EF-S24-3-8.jpg

ちなみに、EF40 F2.8 STMとフィルター径が同じ52mmなので、それに使っていたカラード保護フィルターも移植しました。アクセントになったでしょうか。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました