So-net無料ブログ作成

7D MarkⅡ ファーストインプレッション(その5) [カメラ機材]

7D2-5-1.jpg

さて、私の7D MarkⅡ(7D2)のファーストインプレッションですが、いよいよAFについてです。
7Dの19点に比べ、65点へと大幅に測距点を増やし、しかも全点クロス測距とした7D2。7Dが従来の二桁Dの菱型配置をベースにしていたのと違い、AFフレーム配置を見ると、CANON最上位機である1DXと同じように見えます。では、1DXのAFユニットをそのまま移植したのでしょうか。それは、AFセンサーのライン配置図(下図)を見れば分かります。AFフレームは点ではなく、ラインセンサーの組み合わせですが、微妙にコストダウンが図られていて、1DXと同じ性能とは言えないと思います。しかしながら、従来の7Dから大幅に進歩したことは間違いないでしょう。

7D2-5-2.jpg

測距点(AFフレーム)が増えたこと自体は、様々な被写体、様々なシーンに対応できるのは自明のことで、歓迎すべきこと。勿論、中央が一番精度が高いのは分かっているのですが、私のサッカー撮影の場合、縦で撮ることが殆どなので(7Dでも1D4でも)、通常は縦にした場合の中央から一つか二つ上のAFフレーム1点を指定して撮影していました(領域拡大は、以前書いたように7Dでは使用せず)。7D2に替えても同様なのですが、今回は多点になったことで(AFフレームが密になったことで)、領域拡大はかなり有効になったと思われるので、使ってみたい気もしているのです。7D2では領域拡大は、「上下左右」と「周囲」の2種が用意されました。もちろん領域拡大は、あくまで指定した1点で狙ったポイントを捉えることが前提で、それを外しそうになった時に、隣接するフレームがアシストする機能なのですが、選手と選手が重なり合うケースが多いサッカーの場合、「周囲」ではなく「上下左右」でも十分な効果が有ることは、1D4で経験済み。で、どのフレームを指定するか。

7D2-5-3.jpg

上の図で示した①ではちょっと低すぎで、②か③を選びたいところですが、ご覧のように①と②・③ではアシストするフレーム数が違います。これはどうしてでしょうか。また、AFフレーム配置図を見ても、中央と左右のゾーンとの間に、少し隙間が有るように見えます。このことが影響しているのでしょうか。
回答は、下のAFセンサーユニット図を見れば分かると思います。レンズからの入射光をサブミラーを介してAFセンサーに導いているのですが、センサーの前にあるコンデンサーレンズで光束を分離する際に、3つに分けている為です。これは、入射光の中央と周辺では微妙に「質」的な面で差異があり、それぞれに最適化するための処置と思われますが、故にゾーンをまたいでの領域拡大はできないようになっているのでしょう。これを考えると、まあ私の場合、②でしばらく撮ってみようかな、と思っています(実際、それで十分な成果を収められましたし)。

7D2-5-4.jpg

ちなみに、このAFセンサーに導かれる光の純度というか、質的な部分で、1D系と他のボディとの差が有ると聞いたことがあります。1D系がなぜあんなに大柄なボディなのか、それは大型バッテリーを理想的な形で搭載することもありますが、このAFセンサー周辺の設計スペース確保の意味もあります。AFの性能はセンサーの性能だけでは決められない。そこに至る光の質にも左右され、その為に理想的な形で導くための大柄なボディだ、ということらしいです。

AI SERVO AFも、ⅡからⅢへと進化しました。また、従来の被写体追従敏感度などの設定は、新たに6つのCASEが設けられ、そのプリセットされた6つから選べば、被写体動作の特性に合わせた制御が行われるようになったようです(下図参照)。

7D2-5-5.jpg

今回の6つのCaseの新設は、従来の特性個々の設定では、その効果が若干分かりにくかった、という反省からでしょうか。「INFO」ボタンを押せば、簡単な説明も出てきますし、CANONのHPでも解説が載っています。この「Case」の設定は、3つのパラメーターの組み合わせで決められているようです。一覧にすれば以下のとおり。

7D2-5-6.jpg

メーカーであるCANONは、多くのプロからのフィードバックを得て、これらの設定をしたものと思われますが、「それでも自分には合わない」という場合も有ることでしょう。その場合どのCASEを選んでも、自分で任意にパラメーターを変更することは可能で、自分なりにAI SERVO AFの設定をカスタマイズすることができます。
では、そこで疑問。これら6つのCaseに設定された3つのパラメーターを全て同じにしたら、6つのCaseは同じ特性のAI SERVO AFになるのでしょうか?

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

こんにちは☆

>6つのCaseは同じ特性のAI SERVO AFになるのでしょうか?
これに関して、私も1DXを買った時に真っ先に疑問に思いました。

CANONに直接問い合わせた事はないのですが、自分で同じ設定になるように調整して試してみた結果・・・

よく分かりませんでした(爆)

腕が上がれば差を体感できるのでしょうが、私の腕前では歩留まりに変化がなかったです(笑)

みなさん、どんな印象を持たれているのか気になりますね☆
by wataru-wata (2015-01-24 15:30) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
1DXでは既に搭載済みの6つのCaseですから、1DXユーザーの方ならお分かりかもしれませんね。
6つのプリセットを作って、ユーザーに分かりやすくしたようなのですが、私的には7Dより分かりにくくなったような。
まあ、基本性能は確実にアップしているので、ミス設定で大きく損失、ということもないかな、と思いますが。

by ジュニアユース (2015-01-24 20:53)