So-net無料ブログ作成

GranTurismo [日々の徒然]

まあ子供がゲームを好きなのは、ある意味当たり前でして、「ゲームばっかりしてないで勉強しなさい」というのが普通の親なのですが、この親がゲーム好きなもので、したがって当然行きつく先は「ゲーム好き家族」という訳です。ゲームといっても種類はさまざまですが、ここではテレビゲームに限定しましょう。任天堂の初代ファミコンからずっと、メジャーな家庭用テレビゲーム機の多くが我が家には有りましたねぇ。
ところが小型の携帯型ゲーム機が流行りだすと、我が家もちょっと変化してきました。アレはどこへでも持ち運べる利点はありますが、やはり個人専用。しかも私は、「あんな小さな画面を凝視し続けると目が悪くなる」と反対。私は携帯型ゲーム機などには目を向けず、他の家族は皆が各個人専用のゲーム機に夢中になるという事態に至って、我が家は分裂状態に陥ったのでした。私だけが、家族が寝静まった深夜に(要するにリビングのテレビを独占できる時間になって)、大画面(といっても、当時はブラウン管の36インチ)で、音を出さないようにヘッドフォンで興じる、といったことに。その後は子供達も成長し、ゲームが話題的に必ずしも必須ではなくなったこともあって、我が家のゲーム熱もグッと落ち着きたものになりました。

テレビゲーム.jpg

さて今は、デジタルテレビにブルーレイの時代です。当然我が家にも、PS3が鎮座しております(PS4については現在は様子見状態)。フルハイビジョンでゲームができるようになって良い時代だ!と悦に浸った時期もありましたが、我が家のゲーム熱も一段落してしまったので、PS3の稼働も以前ほどでは無し。それでもこのところずっと私がやっているのが、「GranTurismo 6」です。この「グランツーリスモ」というカーレースゲームソフト、私が1997年発売の1から新作が出る度に買い続けているソフトの一つで、6は昨年末に購入しました。まあ、毎日やっている訳ではないのですが、購入後半年も経ってもボチボチとやっているのですから、内容的には骨の有るソフトだと思いますね。ブルーレイ版になって何とも画が綺麗。PS3付属のコントローラでやるには限界かもしれませんが、操作系は以前からやり続けているので難解な点は無く、その意味では新鮮味はないのかもしれませんが、マニュアルや解説本を見ずにすぐに始められて、そこそこハマル、というソフトは、私にはこれだけ(になってしまいました、か)。
PS3自体が無線LAN内臓なので、オンラインゲームとしても楽しめるらしいですが、それには私は興味無し。ひたすらストイックにやり続けて半年。もう元は取ったでしょう。さて、今夜もこの記事をアップしたら、やってみますか。夜遅く、リビングのテレビが空く時間になって始めるのは、何年か前とちっとも変りないですが。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
おおぬま ゆうじ

私も、グランツ、デビュー作からやってます!
もちろん、6も予約して買って今もやってます(笑)
アイルトンセナトリビュートで、JPSカラーのロータスをドライブできるのが
とても感動モノでした!
ロータス大好きなので(^^)/
最近は忙しくてやってませんが、このゲームやっちゃうと
他のレースゲームはもう出来ません・・・
by おおぬま ゆうじ (2014-07-01 19:47) 

ジュニアユース

おおぬまさま、こんにちは。
このソフトも時代に合わせてバージョンアップしながら7年続いているということは、
それだけユーザーに支持され、楽しんでおられる方も多いのでしょう。
ただのレースゲームではなく、細かなセッティングができることも良い点で、ハマル
ところかもしれません。
何も最新車種だけではないところが良いですね。自分が過去に乗ったことの車種、
憧れていた車種も選べる点が、私のようなオジサンにもウケル点かも、です。

by ジュニアユース (2014-07-02 12:31)