So-net無料ブログ作成

オプテック レインスリーブ(Rain Sleeve) [カメラ機材]

レインスリーブ1.jpg

皆さんご存知のとおり、今年はワールドカップイヤーです。4年前もそうでしたが、この年にはいろんな大会の日程が変更されたりします。我が県の一大イベントである天皇杯も従来の9月から7月になったり、それに出場する各県代表を決める大会も前倒しで進められております。そしてその影響が各年代の大会に及んだりもして、過密日程になることがありそうな年です。そこで通販でちょっと購入したものがありましたので、ご報告を。

レインスリーブ2.jpg

私が今一番心配しているのが、6月に重要な試合が多いこと。6月と言えば梅雨じゃないですか。こりゃあ、雨中撮影が多くなるかも。「雨に日には雨の日にしか撮れない画がある」。それはそのとおりだと思うのですが、でもデジタル機器を使っている以上、雨中撮影はできれば避けたい。でもボランティアとはいえ、県協会のカメラマンを自称する以上、そう言ってばかりはいられません。そこで今回、レインカバーを購入しました。オプテック(OP/TECH)のレインスリーブ(Rain Sleeve)でサンニッパ用に「ノーマル」、ヨンニッパ用に「メガ」です。
http://www.ginichi.com/products/detail.php?_product_id=5497
http://www.ginichi.com/products/detail.php?_product_id=14016

レインスリーブ3.jpg

「ホテルでもらうシャワーキャップよりは使い易い、ぐらいの気軽な感覚の商品です」との説明にあるとおり、ちょっと厚めのビニール袋をレンズ装着し易いように「く」の字に加工したものと思ってください。値段を考えれば耐久性に期待できませんが、使い捨てにしなければならないほどでもなく、丁寧に扱えば数回は使えそう。まあ、1年に雨中撮影を強いられるのもそのくらいですから、1年に1枚と考えれば、妥当な値段の製品かな、と。ちなみに2枚セットで販売です。

レインスリーブ4.jpg

レインスリーブ5.jpg

1D4+EF400 F2.8 LISに付けてみました。このレインスリーブの先端はゴムで縛れるようになってますが、ヨンニッパのフード径にピッタリ。ファインダーに当たる部分に小さな穴が開いていて、アイカップを外した状態でその穴に通し(穴が小さければ手で押し広げる)、その上からアイカップを被せればOK。装着は簡単ですが、アイカップを外すのに慎重な私は(以前力任せに外したら、ツメが折れてしまった経験アリ)、急に降り出した雨に屋外でサッと付ける、というには自信が無い。装着は雨の当たらない所で行うべきでしょうね。

レインスリーブ6.jpg

ここで一つ問題発生。カメラを通常の横で使うには何ら問題ないのですが、縦での撮影が多い私の場合、コレを装着して90度回転させて縦にしようとすると、このレインスレーブを捩じるようなことになり、できないことはないですが極端に窮屈で破れそう。これを避けるためには、標準で用意された穴ではなく、カメラを縦にした時のファインダー位置に新たに自分で穴をあけて、そこにアイカップを付ける、という方法しか無さそうです。まあ値段を考えれば、この点はしかたないですね。それでも、有るのと無いのとでは大違いだし、ホテルのシャワーキャップよりは何倍もマシ。

レインスリーブ7.jpg

今年はとりあえずコレで、雨中でも頑張ってみます(ホントは寒くても暑くても、雨が降らないのが一番なんですけどね)。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました