So-net無料ブログ作成

クリスマスプレゼント [日々の徒然]

クリスマスプレゼント.jpg

今年は、家内が東京に居る子供たちの引越しの手伝いに行っているので、残された愚息2号と私の二人でクリスマスを迎えます。サービス業に従事する我が家では、毎年落ち着いてクリスマスを祝うという習慣は元々無く、いつも慌ただしく過ぎ去っていくのが当たり前になっています。
そんな昨日、愚息2号と二人で夕食をとっていると、
「これ、クリスマスプレゼント。少し早いけど」
と思いがけず愚息2号から包みをいただきました。
「いつも写真撮ってもらっているしね、ありがとう」
と。
親が子を育てる、親が子にクリスマスプレゼントを渡すのは当たり前で、そんな訳でクリスマスらしい雰囲気の無い我が家でも、今までずっとそうしてきました。それがどうでしょう、少ない小遣いから捻出してくれたというプレゼント。
「いつも、寒い寒い、って言って帰ってくるからさ。気に入るかどうか分からないけど」
望外の品に、ジーンときてしまいました。そしてこの子も、ずいぶん大きくなったのだ、自分のことだけではなく、人に対する視野が少しづつ広がってきたのだ、と感じてしまいました。16歳になった愚息2号、親が知らない間に、子はいつの間にか大人になっていくものですね。
明日から、このマフラーを巻いて、残された今年の喧騒の中をがんばります!

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
うらくん

良かったですね!
いいマフラーじゃないですか。
会った事無いですが、似合いそうです。
イメージ的に。
この寒いシーズンもガンガン撮りましょう!
by うらくん (2013-12-24 07:46) 

ジュニアユース

うらくん、さん、コメントありがとうございます。
いや~、予想外の出来事で、感動してしまいました。そんなプレゼントを交換する習慣がない家庭でして。
年末年始も仕事なのですが、合間をみて、撮り続けますよ。寒いですけどね。

by ジュニアユース (2013-12-24 22:57) 

副将

良いお話です。うちの息子と同い年なのにこの差は何でしょうか?昨日も「親父肩!」ですよ。まあこれもいいんですけどね。
フォトコンの副賞、なかなか良いですよねえ。実は会社グループにキャノン(さん)が入っていて、審査員もプロの斎藤康一先生なんです。よってキャノン(さん)の社員さんも同マーケティングの社員(さん)もおまけにOBもガチンコで応募するんですよ。
だから、写真とは関係ない業界の私もファイティングスビリットはかきたてられるわけです。
でも、一席とってなんだかホッとしました。
by 副将 (2013-12-25 21:12) 

ジュニアユース

副将さん、こんにちは。
なるほど、商品が豪華なのには、そんな理由もあったのですね。
何となくですけど、お気持ちは分かります。私も昨年、キヤノンフォトコンで大賞を頂いて、達成感から
フォトコン休止に至る感じと同じかもしれません。義務ではないですから、ちょっと休憩、もいいのでは。
しばらく副賞のKissをいじりまわしてみる、というのも。

by ジュニアユース (2013-12-25 23:25)