So-net無料ブログ作成

3TB HDD増設 [パソコン]

アベノミクス効果というやつで、円安が止まりませんね。いつの間にか1ドルが103円にもなりました。こうなると、輸入品がほとんどのパソコンパーツなどはジリジリと値が上がっているものも多くなりそうで、実際に近所のパソコンショップなどを覗いてみると、CPUなどは変わらなくても、SSDやメモリーなどは値上がりしてました。年末の時期になると、1年間のデータ整理などでハードディスク需要も多いかと思いますが、私の場合もそうで、写真データ保存用HDDがもうすぐ一杯に。年末押し迫ってからでは品不足になる恐れもあるし、待っていても値が下がりそうにないので、先日買ってしまいました。デスクトップパソコンに増設用ですから、3.5inch HDDですが、今回は東芝製の3TBのものを。

3TB-HDD-1.jpg

HDDのシェアは、Western Digital、Seagate、日立グローバル(IBM)が殆どなのですが、日立がWDに買収されたことでほぼ消滅。一方で寡占化の懸念から、一部の生産設備を東芝に売却したことで、東芝ブランドの3.5inch HDDが誕生することになったのは昨年のこと。今まで私は、日立(HGST)・Seagate・WesternDigitalと各社使ってきましたが、今回はこの東芝製を使ってみようかな、と候補に絞りました。従来と同じ2TBでもよかったのですが、せっかく1TBブラッターになったことだし、3TBをチョイス。購入は近所のショップで、11000円程でした(DT01ACA300 2013年9月製造品)。

3TB-HDD-2.jpg

今年導入したデスクトップパソコンですから、HDDの増設は簡単。PCケース付属のアタッチメントをHDDに付けて(はめ込むだけ)、3.5inchシャドーベイに差し込み、SATA 6Gbs対応のケーブルと電源コードを差せば完了。マザーボードの端子からHDDまでは10cmほどですから、長いケーブルを引き廻す必要もなく、至って簡単です。そしてまずはフォーマットですね。今回は2TBを越えますから、GPT Diskとしてフォーマットしますが、さすがに3TBだと5時間半もかかってしまいました。その間、特に異音や振動も無く、至って静かでしたから、初期不良品ではないでしょう。さて、フォーマット終了後に早速、いつものソフトで転送速度を計ってみました。1TBプラッター、6Gbps接続ですから、過去最高の値を期待したいところですが、結果は以下のように(過去データは、コチラを参照してください)。

3TB-HDD-3.jpg

見事に、今まで使ってきたHDDで最高値を出してくれました。HDDもなかなか進化しているのですね。
今年はパソコンを新調し、今回HDDも増設したので、私のパソコン環境としては大きく進化した年になりました。しばらくコレで頑張ります。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントの受付は締め切りました