So-net無料ブログ作成

WESTERN DIGITAL HDD [パソコン]

WD-HDD-2.JPG

OSやソフト用にSSD(Solid State Drive)が普及し始めておりますが(私も使っていますが)、現在でも容量当たりの単価が最も低い記録媒体として、ハードディスク(HDD)は広く使われていますね。特にデジタルカメラを趣味とされている方々の多くは、データの保存には重宝していることと思います。一昨年のタイの洪水の影響で、一時期は価格が3倍にも跳ね上がったことをご報告したこともありましたが、今では沈静化、以前の価格に戻っています。HDD単体の性能も、SATA 3(6Gbps)に対応し、1TBプラッターを使ったものも出てきて、容量2TBを超えるもの出始めました。ただ、HDD製造メーカーの一つである、日立グローバルストレージテクノロジー(HGST 日立製作所とIBMのHDD事業部門が統合)が、昨年ウェスタン・デジタルの完全子会社化されたせいで、Seagateとの2社でシェアの85%を占めるようになり、価格下落競争も沈静化しているのが現状です。昨今の円安の影響は何も良いことばかりではなく、こうした輸入品の価格がジリジリと上がり始めています。3TBを超えるものは今後、普及に伴い値下がりが期待できるかもしれませんが、1~2TB HDDは今が底なのかもしれませんね。
さて私はこれまで、やっぱり日本メーカー名の親しみもあって、HGSTのものを愛用してきましたが、3年ほど前からは性能的に好評なSeagate製を使ってきました。価格高騰の時期には余裕があったのですが、さすがにあれから1年以上経つとHDDの空きが無くなってきたので、新規購入を迫られてきたのですが、今回は初めてウェスタン・デジタル(WD)のものを購入してみました。WDには、性能追求モデルの黒や赤と、発熱面や静粛性を重視したグリーンがありますが、今回は主な用途がバックアップデータ保存用ですから、迷わずグリーンを選びました。容量は2TB、コレが一番お得で、私は使いやすい。近所のパソコンショップで8280円でした。
まずはフォーマットですが、これは時間がかかりそうなので、就寝前に開始して、寝ている間に済ませてもらいました。その後、貯めたデータ1.8TB程をコピーします。これには以前購入した「コピーワークス11」というソフトを使いました。それでも、1.8TBものコピーには時間がかかりそうなので、これも寝ている間に・・・
ちなみに、今回購入したWDのHDD(WD20EZRX 2TB SATA600)を、いつものソフトで測ってみると、以下のように(向かって左が今回のWD、右が一昨年購入したSeagateのHDD(ST2000DM001 2TB SATA600 7200)です。WDの方はデータを入れた状態で測ってしまったので(同条件ではないので)、参考程度に見ておいてください。まあそれを差し引いても、やっぱり速度的にはSeagateの方が早いですね。
WD-HDD-1.jpg

静粛性については、seagate製でもHGST製でも特に不満が有ったわけでもないので、WD製が特に静かになった、という印象は私には出なかったです。後は長期間使用してみてどうか、ですね。
で、データ満載のHDDを、これも以前ご報告したことがある、3.5inch HDDが4台収納できるHDDケース(Century製)に収納。これが4つ目で、これで2TB HDD×4=8TBのHDDにデータの2重保存の完成です。HDDは回転部品を使っているので、寿命が有るのは仕方ないことですが、メーカーも年式も異なるHDDに2重保存ですから、まあとりあえず一安心でしょう。今後の事はまた考えるとして・・・

WD-HDD-3.JPG


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
うらくん

先日、突然4ヶ月分の受信メールが全て消えてました。
古いのならいいですが、最近きたメールが全てです。
初めての体験です。
私は全メールをもう1台のパソコンに転送しているので、大丈夫でしたが
さすがに焦りました。
バックアップの大事さを実感しました。
by うらくん (2013-03-26 08:15) 

ジュニアユース

うらくん、さんん、こんにちは。
そうですよね、メールやアドレスが消えるのも大変なことになりますよね。
私も以前、そんなことがありました。
メールの定期的な保存も必要ですね。


by ジュニアユース (2013-03-26 18:21)