So-net無料ブログ作成

プレゼント [写真・撮影]

私のところにも、クリスマスプレゼントがやってきました。11月20日に発表になってから一か月以上後の一昨日、第46回キヤノンフォトコンテストの賞状&賞品等が届きました。

プレゼント1.JPG

今回は今までより届くのが、意外と遅かったですね。賞状はご覧のとおり、布張りのファイルに受賞作品の写真と共に入っています。紙一枚よりもずっと高級感があって、このコンテストの規模やグレードを表しているようで、良いです。今までのものとは、中の写真の位置が左右逆になってますが、それが何時からなのかは分かりません。2004年の入選、2007年の入選、そして今回の大賞のもので3つ目。もうこれは、家宝にします!

プレゼント2.JPG

プレゼント7.JPG

入選では頂けなかった「賞牌」も届きました。トロフィーや楯ではなく、ご覧のようにガラス製のもので、下の写真で分かっていただけるかどうか分かりませんが、作品名や名前まで刻印されています。もう短くはないこれまでの人生の中で、こんな立派な賞牌を頂いたのは初めてじゃないかなあ。感激です! これも家宝ですね。

プレゼント3.JPG

もちろん、副賞の商品も。応募開始当初は、副賞は「EOS Kiss X5・EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ」となってましたが、やはり最新のKiss X6i レンズキットでした。
(ちなみに、家族にはナイショの賞金は銀行振り込みです)
プレゼント4.JPG

プレゼント5.JPG

その他に、今回の受賞作品全てを紹介した「入選品集」も同封してありました。その1ページ目に書かれた文章は、実に素敵でした。一部抜粋して紹介したいと思います。

今日は、どんな一日でしたか。写真を撮ってみましたか。
カメラを手にファインダーを覗いたとき、そこには、あなたにしか見えない世界が広がっています。
ありふれた日常のひとコマ、移り行く季節の情景、繰り返す自然の営み、記録に挑むアスリートたちの姿。
あなたの心に触れた一瞬が、写真になったとき、ひとは、気づくはずです。
地球上には、こんなにも数限りないドラマがあふれていたことを。
たった一枚の写真が、大きな感動を呼び起こすことを。
撮りたい被写体に出会い、写真を撮り、一枚の作品に仕上げる。
それは、写真を撮るひとにだけ与えられた特別な喜びと言えるでしょう。


私たちアマチュアカメラマンは、フォトコンテストだけが目的ではありません。写真を撮るということの延長線上の一つに、それがあるだけです。大切なのは、撮る事、感じる事、伝える事、なのでしょう。フォトコンテスト応募は休止中の私ですが、そんなドラマや感動を形にして伝えるべく、これからもシャッターを切っていきたいと思いました。



 
 
プレゼント6.JPG


さて、ここからは自分の作品を振り返って見たいと思います。
今回の受賞作は、幸い入選ではなかったので、選者のコメントが聞けました。ホームページ上でも見れますが、
水谷氏「ただ、少しきれいすぎるのが気になりました」
テラウチ氏「背景がきれいすぎますよね。(中略)背景に何もないから物足りなさを感じてしまうんです」
これまで私は、背景についてはなるべくシンプルにした方が、主役である選手が浮き立つ、というスタンスで撮ってきましたし、このブログでもそう書いてきたつもりです。いかに背景を整理するか、に苦心した面があります。それを今回のキヤノンフォトコンテストでの選者の先生方は、きれいすぎる・物足りない、と評しておられます。それはつまり、背景を利用していない、ということなのだと私は解釈しました。
背景が煩雑すぎたり、不要なものが写りこんでいたりすることは、作品としてマイナス効果を生むことがあります。今回のグランプリに選ばれた作品などは、画面上で主役は小さくても、背景がシンプルで綺麗なために、効果的に見せています。ただ、スポーツという動体撮影や、アスリートの内面を表現したものについて、背景をも利用して表現する、ということは大切な要素なのだと、今回勉強させられました。
中学生サッカーを撮って2004年に入選を頂きました。高校生サッカーを撮って2007年に再度入選を頂きました。そして今年、女子サッカーを撮って大賞を頂きました。サッカーばかりを撮って10年。最難関と思っているキヤノンフォトコンテストで3度選ばれても、まだまだ極めていないゾ、と言われたようです。未だ精進の日々が続きそうです。
ちなみに、今回のキヤノンフォトコンテストの応募総数は14211点。グランプリに輝いた作品「陽光」は、Kiss X4+EF-S 55-250で撮られたものです。機材が全てではないですね。

nice!(6)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 18

コメントの受付は締め切りました
ゼク

あらためてまして大賞の受賞おめでとうございます!!
非常に羨ましい限りでありますが、いつまでも羨んでばかりはいられません。
僕も、最終目標であるこの「大賞」を目指して、ファインダーを覗き続けたいと思います。
そして、いつかジュニアユースさんの後に続けたらと希望を持って頑張ります。
by ゼク (2012-12-25 20:28) 

ゆきゆき

おめでとうございます。

感動の瞬間に立ち会い撮影し続けていらっしゃる10年から生まれたお写真ですね。素晴らしいです。

これからもブログ楽しみにしてます。
by ゆきゆき (2012-12-25 22:37) 

kin_gyo

はじめましてkin_gyoと申します。
一眼レフカメラなど触ったこともなかった私が、我が家の愚息2号の高校サッカー撮影を始めた
2年ほど前よりジュニアユースさんのブログを拝見させていただいております。
今回の大賞受賞おめでとうございます。
私もジュニアユースさんの様に、観る人を感動させられるようになりたいと毎週末グラウンドに
足を運んでおりますが、まだまだ足元にも及びません。
これからも、すばらしい写真をお願いいたします。

by kin_gyo (2012-12-26 00:13) 

Hobby

改めましておめでとうございます!(^o^)
盾や賞状、副賞はもとより、受賞された事実が素晴らしいですよね。

いつも拝見していて思っていますが、常に謙虚さを感じます。
ジュニアユースさんは、人間としても魅力的な方なんでしょうね。
by Hobby (2012-12-26 08:37) 

Cimarron

立派な賞状、盾ですね!あらためておめでとうございます。
報道写真だったら背景がシンプルな方が被写体が強調されて見やすいと思いますが、作品となると違うんですね。
絞り開放、背景ボケボケが好きな私は、フォトコン審査員の方には工夫が足りないと思われるんでしょうね。
人それぞれですね。
by Cimarron (2012-12-26 13:22) 

トシ

はじめまして。3年連続落選しましたトシです。
この立派な賞状を3つも持っているって、凄いことだと思います。
そんな人、他にいるのかなあ。
私も、師匠と呼ばせていただきたいです。
来年も頑張って応募します。
by トシ (2012-12-26 16:57) 

hiroki

改めておめでとうございます。
美を表現するスポーツ写真なら違うんでしょうけど、このような一期一会的な感動の場面において、背景(に限らず何もかも)が整いすぎると写真のリアリティーさを感じにくくなるということだと思います。
まじめにコメントしてみました(笑)
by hiroki (2012-12-26 19:45) 

ジュニアユース

みなさん、温かいお言葉、ありがとうございます。

ゼクさん、こんにちは。
ゼクさんなら、必ず2回目、3回目の受賞はあると思います。「継続は力なり」は本当だと思います。
スポーツを撮る身としては、過酷な状況でもレンズを振らなければならない時もありますが、
これから先もお互い頑張りましょう。

ゆきゆきさん、こんにちは。
こうしたスポーツ写真は、予測不可能なドラマやシーンですから、その時にその場にいて、きちっと
シャッターを切れることがまず第一ですね。そう考えれば、撮り続ける事の大切さは感じます。
ゆきゆきさんも、ぜひ撮り続けてください。

kin_gyoさん、はじめまして。
たくさんの方が、このブログを見ていてくれると思うと、嬉しくもあり、変なことを書けない責任みたいなものも
感じてしまいます。まあ、お気軽にお付き合いください。
高校サッカーですか。愚息2号も、来年から高校生ですから、お互い良い写真を残せたらイイですね。

Hobbyさん、こんにちは。
いやいや、普通のオジサンです。いや、自分のことを「普通」と思っている人ほど、普通じゃないらいしい
ですから、まあ写真が趣味の変なオジサンなのでしょう。Hobbyさんはたぶん、私よりもずっとお若いでしょうから
その行動力が羨ましく感じることもあります。50を過ぎるとどうも体が・・・

Cimarronさん、こんにちは。
100点満点の写真というのは、なかなか無いものだと思いますね。この作品にしても、背景が観客で埋め尽くされて
いたら、どうなっていたか。でも、また一つ、課題というかヒントをいただきました。そういったところが、フォトコンに
挑戦する意義の一つでもあると思うので、素直に受け止めたいです。

トシさん、はじめまして。
先程も書きましたが、「継続は力なり」ですよ。プロは、即結果、なのかもしれませんが、我々アマチュアは、楽しみながら
順次ステップアップしていければ、充分だと思います。お互いこれからも撮り続けましょう。

hirokiさん、こんにちは。
今年7/20の記事で、「4位の写真見たとき、1位を獲りにきてないなと直感しました」とコメントをいただきましたが、
ドキッとしましたよ。この作品をキヤノンフォトコンに郵送した直後でしたから。さすが岡山の巨匠は鋭い!
写真のリアリティーですか、なるほど。更にステップアップするには、自らの撮影センスの奥深さが必要ですね。

by ジュニアユース (2012-12-26 20:58) 

ノリック

実は、この作品を初めて見たとき
ちゃんと考えて撮っているイイ写真だけど、ジュニアユースさんの作品ぽくないな
と感じました。

by ノリック (2012-12-27 00:21) 

kotodaddy

おめでとうございます^^

先日の記事を受けてHPでも既にこの作品は拝見してましたし、選者のコメントも読みました。
「キレイ過ぎる」・・。たしかに背景に喝采する観客の姿や色とりどりのフラッグや横断幕でも
うっすらととボケて写り込んでいればもっと違った感じになったのかもしれませんけれど、
でももしそれらがあったとしたら、作品の結果はプレーヤーの満面の喜びの表情をスポイル
していたのではないかとも思うのです。
写真は切り取った瞬間の結果であるのですし、僭越ではありますが私はこれはこれで素晴らしいと思います。

それでも上を見続けるのは、さすがジュニユースさんだと思ったのも付け加えておきます^^
by kotodaddy (2012-12-27 12:51) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

ノリックさん、こんにちは。
普通はボールを追って撮っているのですが、最近はそれ以外にも目を向けて、選手の表情なんかを
狙ったりしてますが、私っぽくないですかね。まあ、これを撮った時は、あまりに決まりすぎていて、
ゾクッとしましたが。

kotodaddyさん、こんにちは。
背景はプラスにもマイナスにも作用しますよね。この画はその点では、ほとんどプラスにもマイナスにも
作用していないと思うのです。選者はそれを指摘しているのだと思うのですが、背景効果を常にプラスに
持っていくのは、なかなか難しいです。この画とて、瞬時のことですし。
でもまあ、そんな点を指摘してもらえることも、フォトコンの良いところだと思い、今後につなげたいです。

by ジュニアユース (2012-12-27 21:54) 

Yusuhara

おめでとうございます(^^)
素晴らしいです~

背景は私たちの責任なのかも(^^;)

何はともあれおめでとうございました~
by Yusuhara (2012-12-27 23:47) 

おおぬま ゆうじ

おめでとうございます!
賞状、トロフィー共に何だか、高級感が漂いますね
手にして、宝物にしたいと思うような作り
良いですねぇ~
私も取ってみたいものです!!
ここ最近コンテストには、応募してません(^_^;)

撮影意欲と、日々の鍛練、あきらめない心と探究心には
いつも感心させられております
その賜物ではないでしょうか?
本当におめでとうございます!!

そして、これからもブログを楽しみに毎日チェックしておりますので
記事を待ってますよ~
by おおぬま ゆうじ (2012-12-28 19:41) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

ゆすはらさま、こんにちは。
こうした賞をいただけるのも、多くの方々のご理解とご協力のおかげだと感謝しております。
今後も、少しはお役にたてるよう、頑張ります。

おおぬまさま、こんにちは。
自分の撮った写真が雑誌に載るのも嬉しいですが、こうして賞状や賞牌になって返ってくるのもまた、
損得抜きに嬉しいことです。
私も皆さんのコメントや皆さんのブログを見て、刺激を受けています。これからも、私なりのブログですが、
続けていこうと思っていますので、お付き合いいただければ幸いです。


by ジュニアユース (2012-12-28 20:03) 

副将

いいですね!
宝物ですね。趣味に没頭した事がこういう形に残せるって素晴らしいです。
私は先日、恒例の会社絡みのフォトコンの結果が来まして、入選に留まってしまいました。年々ランクダウンしていきます。出品作品には自信があっただけに残念なりません。
まあ、腕が悪いのはたしかなんですが。
今年から各社のOBもOKになったりしてますし。
まあ、懲りずに撮影の機会を増やすしかないかなと思っています。

来年もご教示宜しくお願いします。
by 副将 (2012-12-29 20:31) 

ジュニアユース

副将さん、こんにちは。
そうです、これは宝物にします。大事にしたいと同時に、この10年の結果だと喜んでいます。
最初2~3年は苦労の連続でしたが、最近は撮っていて楽しいです。それが結果につながったのかな、
なんて思ったりしてます。
今年もあと僅かですが、来年もどうかお付き合いください。


by ジュニアユース (2012-12-29 23:41) 

パパカメラ

改めておめでとうございます。
ウチにも先日届きました。
賞状は2枚目ですが、どちらも組写真なので写真が小さく、
単写真はいいなぁと思ってしまいました(笑)

先日、ウチの息子のチームのOBであるベガルタ仙台の鎌田選手が
練習に参加してくれ、盛り上がりました。
プロの選手はオーラがありますね~
by パパカメラ (2012-12-31 11:40) 

ジュニアユース

パパカメラさん、こんにちは。
そちらこそ、おめでとうございます。
組み写真は難しいです。何回か挑戦してみたのですが、ダメですね。基本がわかっていないですし。
私はサッカーなので、だいたい狙いは分かってきていますが、ご自分のお子さんとはいえ、あのような
表情を撮るのは難しい、というか、センスの必要性を感じます。私はまだまだです。
今日で今年も終わりますが、来年もまたよろしくお願いします。

by ジュニアユース (2012-12-31 18:14)