So-net無料ブログ作成

「汚れた英雄」 [本・映画・アニメ・詩歌]

前回は、私が以前バイクに乗っていたことを書きました。今更そんな昔の事をどうして引きずり出したのか、と言えば、先日レンタルビデオ屋行ったのがきっかけ(実は前回の記事は前フリなのです)。旧作7泊8日1本100円コーナーで見つけてしまったのが、「汚れた英雄」です。

汚れた英雄1.jpg

大藪春彦原作の小説(1969年)を、当時の角川書店・角川映画社長の角川春樹氏自らが作った初監督作品(1982年12月公開)。当時の角川映画は、派手にテレビ宣伝してましたから、憶えておられる方もいるかもしれません。原作は読んだことが無いので(1960年代の設定らしい)その対比はできないのですが、公開当時のレースシーンに置き換えて、その長編のエッセンスの一片を再現したとか。まあ私なりに簡単にあらすじを書かせていただくと・・・
全日本ロードレース選手権GP500クラスに参戦するプライベートライダー北野晶夫は、全日本チャンプを手土産に、世界選手権への参戦を目指していた。彼は上流階級の女性を次々とパトロンにすることで、レース参加の膨大な費用を生み出し、ワークスライダーと堂々と渡り合う。そして最終戦で雌雄を決することとなった
という、長編小説をベースにしている割に、映画としては実に分かりやすいもの。主人公の北野晶夫を演じるのは、長身でハーフゆえの濃い目鼻立ちでプレイボーイ役にぴったりの草刈正雄。レーサーとしてのストイックな姿と、女性を惹くオーラを上手く演じ分けていると思いますが、まあ映画としての評価は決して高くないです。ストーリーに深みは無いし、無駄なカットも多いし、どこが「汚れた」なのか分からなかったし、やっぱり今見てもB級の邦画なのでしょう。
ただ当時として、ヤマハが全面協力して菅生サーキットで撮られたレースシーンは迫力がありました。今では小型のCCDカメラなどの機器やCGが使えますし、現在のテレビ放送ではそんなライブな映像が当たり前のように流れていますから、珍しくもないですよね。それが、そんなものがまったく無い当時、ライダー目線で捉えた映像には興奮しましたね。バイクに乗ったことが無い方にはイマイチだったのかもしれませんが、一度でもハングオンの経験のある方だと、ウワッ!と思いました。何といっても実際にYZR500(一部TZ500)を使い、主人公のレースシーンを担当したのは、あの平忠彦なんですからネ。
この映画の一番の見どころは私的には、ラストではなく冒頭の4分程だと思うのです。真っ暗なトランスポーターの中で、レース前の集中を高めるライダー1人。皮つなぎのジッパーを閉め、ヘルメットとグローブを手におもむろに立ち上がり、ギュッギュと皮の擦れ合う音を立てながら(皮つなぎを着たことある方、分かりますよね)ドアを開ければ飛び込んでくる、2ストロークエンジン特有のレーシングサウンド。間違えれば命に関わる事故にもつながるレースに臨む、孤独なレーシングライダーの儀式がそこにあります。そして、ローズマリー・バトラーのテーマソング「Riding High」。この冒頭部分だけは、今でも秀逸だと思うのです。というか、この数分を見て何も魅力を感じなかったら、もう後は見なくていいかも。

汚れた英雄2.jpg

当時滅多に行かない私がですよ、映画館へ見に行った記憶があります。見終わって出てきた観客のほとんどが、ライダーの眼差しでしたね(もちろん私も)。峠に行けばこのテーマソングが脳裏に流れていた、なんていう青春時代の笑い話と言えば、その通りなのですが、こんな映画でも(失礼)ちゃんとDVDになって今も残っていたということが、何とも嬉しかった、ということで。



nice!(2)  コメント(10) 

nice! 2

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
kotodaddy

リンクの動画を見て、また震えちゃいました^^
この時代、もうドンピシャで合致してるんですよねぇ。
しょっぱなのこのシーンが一番、同感です。
私はこのシーンの他に、北野晶夫のプライベートシーンが好きですねぇ。
自宅地下のプールから上がって、一人でカクテルを作って着替えるところ・・。
シビれちゃいます(笑)。DVD、持ってるので、これから見ようかと思います(笑)。
by kotodaddy (2012-09-26 19:51) 

yusuhara

ジュニアユース様

なんと懐かしい!
昔映画館へ行き、バイクへの憧れを強くしたものでした

結局バイクは免許すら取っていませんが(^^;)
大薮春彦さんの小説は兄の影響もあり結構読みましたものです~
by yusuhara (2012-09-26 20:46) 

たけ

いつも楽しくブログを拝見させていただいてます

オートバイネタでしかも私をリアルタイムなネタでしたので、思わず書き込みさせて頂きました
FZ400と言い、汚れた英雄と言い懐かしいですね
私自身、FZ400を2台乗り継ぎVFR750FやFZ750を乗っていましたが、最後は結婚と盗難が重なり
オートバイに乗れなくなり20年ほどになります

汚れた英雄の映画ですが、草刈正雄の代わりにオートバイに乗っていたのは、平忠彦でしたがライバルの勝野洋(だったかな?)の代わりが木下恵司だったと記憶しています
その後、映画を境にヤマハのNo1となった平と、ヤマハから出された木下となり、なんとなく彼らの人生のターニングポイントの様な気がする映画でしたね

私は、木下選手が好きだったのでちょっとねって気がする映画でした
長々とすいません
by たけ (2012-09-26 21:02) 

ノリック

「汚れた英雄」

もちろん劇場公開日前日のオールナイト先行上映を
バイクで乗りつけ見に行きました。

オープニングは仙台の菅生サーキットですね、レースで2回走りました。
そのうち1回が9位入賞。
下り勾配の馬の背からS字カーブ
細身のRS125でもブーツの先を削りながらのコーナーリングでした。

レースの話、以前もしていたのですね。すっかり忘れています。
次に出てきたときも、また話してしまいそうです。
by ノリック (2012-09-26 21:58) 

ジュニアユース

みなさん、コメントありがとうございます。

kotodaddyさん、こんにちは。
お持ちでしたか、DVDを。確かに、北野晶夫のプライベートルーム、凄いですね。男ならだれでも、
あんな部屋で過ごすのを憧れてしまいますよね。ドレッサールームも半端じゃなかったし。
乗っている車も、BMWアルピナというのも渋い選択ですよね。

yusuharaさん、こんにちは。
大藪晴彦といえば、蘇える金狼に代表されるハードボイルドで有名ですが、この「汚れた英雄」も
原作はもう少し苦いのかもしれません(読んでないので何とも言えませんが)。ただ原作は、かなり
前のレース世界を描いているようで、映画の方が親近感がありますね。

たけさん、こんにちは。
ワークスライダーでゼッケン1を付けていたのが確かに勝野洋でした。彼の乗っていたのは確か、
YZR500だったと思います。
今では、スポーツ系バイクといえば、750cc以上の大排気量が多くなりましたが、個人的には
400ccが好きです。

ノリックさん、こんにちは。
ノリックさんは菅生にも行って走ったことがあるのですか、凄いです! 馬の背からS字カーブ、
怖そうですね。今の菅生はちょっと変わって、低速コーナーが増えたみたいですが、当時はかなり
高速サーキットでしたものね。またレースやバイクの話がでたら、寄ってください。


by ジュニアユース (2012-09-27 20:59) 

volvo357

今聞いてもシビレる曲ですね。当時FMをテープに撮って聞いていた記憶があります。
最近の若い方はバイクに乗る人が少ないようですが、当時は人気でしたね。
人気の発火点の一つに間違いなく、この映画だったと感じます。
私も20歳で中型、39歳で大型を取り、主にオフロードに乗ってきました。
最近は乗る時間がないので小型に変えましたが、やっぱりバイクはいいですね。


by volvo357 (2012-09-29 20:06) 

副将

凄い話題ですね!
音楽と映像、楽しませてもらいました。
私の初号機は社会人2年目でFZR250R。弟がRZ250乗ってました。
その後、8年前にVT250Fなんて懐かしくてついオクでぽちっと。
最後はカワサキですがFX400R。これが一番難しい奴ですたね。

自由に趣味に没頭できないですが、いつかは!って感じです。
よみがえる懐かしい話題に感謝です。
by 副将 (2012-09-29 22:50) 

副将

追伸
左側で北野を撮ってるカメラマン、キャノンのプロストつけてませんか?!
このあたりが角川映画のリアルさにこだわるところですね。
by 副将 (2012-09-29 22:53) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。実はこの記事でこんなにも反響があるとは、思っていませんでした。うれしいです。

volvo357さん、こんにちは。
この曲は結構ヒットしたんじゃないかなあ。映画のテレビ宣伝でも流れていましたし。
イイ曲なのは間違いないのですが、映画では3度の場面で使われてますから、いくらイイ曲でもちょっと使いすぎでは、
なんて今回再度見て思ってしまいました。

副将さん、こんにちは。
副将さんもバイクに乗っていたんですか、最初私は、VT250Fを買おうと思っていたのですが、それより先にFZ400R
の中古を見つけてしまったので、そちらへ行きました。
映画の中で、プレスの方の姿がチラホラ見えるのですが、確かにえんじ色のプロストっぽく見えますね。当時はもちろん
銀塩だと思うのですが、おもちゃのカメラではないでしょうから、やっぱりキヤノンかなあ。

by ジュニアユース (2012-09-30 23:09) 

北野晶夫の甥

はじめまして、管理人さん
北野晶夫の甥です。
汚れた英雄を応援して頂きまして、ありがとう御座います。
叔父は女性関係は綺麗でしたよ、まあ、映画の草刈正雄さんが美男子ですから、素敵な女性関係だったのでしょうか?
メーカーのレーサーを辞めてしまい、プライベートとして無理な世界参戦だったかと、残念に想い今になり、コメントを御容赦を、
暫くは、北野晶夫レーシング・チームで参戦してましたが、遺影でしかなく、辞めました。
良く練習で転び、皮のレーシング・スーツを汚してました。
ブログの開設に心より御礼を申し上げます。
by 北野晶夫の甥 (2014-06-02 04:42)