So-net無料ブログ作成

私的CANON考察 追記 [写真・撮影]

最後に追記として、最近のCANONについて思う事を記して、このシリーズを終わりにしたい。

CANON-4.JPG

最近のCANONのボディ&レンズの、発表はすれど発売延期を繰り返すのに比べれば、他社に勢いを感じる事が多い。確かに2012年3月に発売開始された、NIKONのスポーツ・報道向けプロ機であるD4は、1DXとほぼ同じ方向の姿で登場し、この点で両者の考え方は共通しているのかもしれない。しかし、約3630万画素のD800/D800Eをあの価格で出してきたNIKONには、少なからず驚いた。同時期に登場した5D MarkⅢが、極めて常識的なスペックで登場したのに比べれば、実にチャレンジング。まるで数年前の両者の立場が入れ替わったよう。そしてまた、エントリー機であるはずのD3200に、APS-Cサイズ約2400万画素センサーを搭載してきたことにも驚く。記者発表の場で、「キットレンズで済ますエントリーユーザーに、そんな高画素が必要なのか」との質問が出たそうだが(私も当然の問いだと思った)、メーカーは「社内テストでは、キットレンズでもその差が出たので、敢えて搭載を決断した」と断言したとか。
高画素化=高性能ではないという点は重々承知しているし、7Dユーザーとして、APS-Cサイズには1800万画素程度が一つの到達点だと思っているので、フルサイズはともかく、APS-Cでの2400万画素はちょっとやり過ぎでは、とも思ってしまうのだが、「勢い」をNIKONに感じるのは確か。それは一昔前のCANONにもあったではないか。そのCANON、白い巨砲こと、長焦点単焦点レンズを立て続けにリニューアルし、概ね好評を得ているにしても、発売延期を繰り返すようでは、そしてもっと使用ユーザーの多いであろうEF24-70 F2.8 LⅡまでも発売延期とは、企業姿勢に疑問を投げかけられても仕方あるまい。発売されてからの不具合発見&リコールというのも勘弁してもらいたいが、発表すれど発売延期を繰り返すようでは、ユーザーは怒って当然、怒るべきだと思う。1DXにしても発表から実際に手にするまで8カ月以上だし、どうしてそんなに焦って発表を早める必要があるのだろう。2~3年前のCANONはそんなのではなかった。今のCANONには、市場を開拓していく原動力よりも、何だか焦っているように感じる。
先頃発売された、EF24mm F2.8 IS USM&EF28mm F2.8 IS USMにしても、確かにIS無しの旧型レンズが有ったのだから、ISを付けて新型にしました、と言えば、その通りなのだろう。しかし、ディスコンになっても不思議ではないレンズ(ユーザーの方がいたら申し訳ないけど)を、価格を1.6倍にもしてのリニューアルには、どうも今更感が付きまとう。それならば、多くのユーザーが新型を待ち望むレンズが、他にも複数あるだろうに、その声はしっかり届いているはずなのに、と。
先日、近所のキタムラに顔を出してみた。デジタル一眼レフカメラのコーナーには、エントリーユーザー向けの機種が並んでいる。その中で、Kiss X5&X6iを触ってみたが、何と大きいことか。NIKON D3200、SONY α37、PENTAX K-rよりも確実に一回り大きい。Kissってこんなに大きかったんだ、と改めて思ってしまった。昔、「あんな小さいボディでは、大人の男性ではホールドしづらい」という批判をよく耳にした。違うのだ。日常の外出に気軽に持ち出せて、(カメラバックではなく)普通のバックにちょっと入れておいても重さが気にならず、撮りたいと思った時にサッと取り出せる気軽さこそが、このクラスの使用目的で、その為の小ささなのだ。本格的に構えて撮る人に、スポーツや風景などを凝って撮る人に、このクラスのカメラは似合わない。それ故にラインアップがあり、上位機が用意されているのではないか。CANONのKissは、他社並みにもっと小さくなるべきだと思う。それともそれは、先頃発表されたミラーレス機に任されるのだろうか。それならば、Kissの存在価値は中途半端になるだろう。
ただ、私は別に悲観している訳ではない。会社には攻勢に転じる時もあれば、力を貯める時期もある。CANONは、プロ・アマ合わせて多くのユーザーを抱かえている。それはつまり、他社よりもCANONを選んだ人が多かったということであり、また多くのユーザーがいるという事は、多様な目的の機種を市場が欲しているということだろう。CANONには、トップメーカーたる安心感と共に、どんな目的でカメラを手にする人にも、ワクワクさせるような機材の提供を望みたいものだ。そして市場を牽引し、「我々はここまできた、追いついて来れるかな?」と言って欲しいものだと思う。

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
Cimarron

ジュニアユースさん
キヤノンに対する熱い思いが伝わってきますね、デジモノは日進月歩でその技術の進歩には驚かされます。
機会があれば一度ニコン機一式をレンタルしてみて撮り比べて見てはいかがでしょうか?
私も一度キヤノン機で撮影してみたいと思うことがありますよ、爆速と言われるAFを体験してみたいです。
でも憧れのあの白い巨砲、晴天下ではファインダーの目の前に巨大な白い物体があって眩しくないのでしょか?
2009年からプロサッカーをフィールドレベルで撮影させてもらっていますが、近年ニコンの黒レンズの割合が増えてきたのも事実です。特にAP、ロイターとか大手のフォトグラファーはその傾向が強いです。
ここ2回ほどD800Eとゴーヨンを主にして撮影しましたが、周りの視線を感じ、プロたちの関心度がうかがえました。
日本、いや世界を代表するこの2社のデジ一眼が今後も双方発展することを願いたいですね。
by Cimarron (2012-07-30 06:15) 

ジュニアユース

Cimarronさん、コメントありがとうございます。
2009年初旬、近所のキタムラでNIKON D90を触ったことがありましたが、何というか、カメラとしての完成度が高くて、
シャッターフィーリングも良かったことを思い出します。あの頃CANONは50Dで、スペック的には勝っていたのですがね。
今はスペック上でNIKONの方が上回る機種も出始めました。だからといってNIKONにしようとは思いませんが、
CANONには頑張ってほしくて、こんな記事を書いてしまいました。

by ジュニアユース (2012-07-30 20:25) 

うらくん

こんばんわ!
キヤノン考察、とても楽しく拝見しました。
私自身がまぁまぁのキヤノンユーザーなので、やはり機材に関する事は興味があります。特に今は1DXが発売されてしまったし(笑)
先週、なじみのカメラ屋に2台のフリー在庫があったんですよ。
さすがに衝動買いは出来ませんでした。しかも、フリーが出始めたと言う事は少し待ってもいいかな?って。

ブログにも触れましたが、室内スポーツの撮影については7Dは辛いかもです。使ってませんが、1DXならいい絵が撮れたかもって思いました。
上がった写真が全てと考えると、最高の機材から目をそむけるわけにはいきません。
ただ、翌日の炎天下でのサッカーでは
必要性を感じませんでした。
長さの方が大事ですから。
サッカーに特化するならば、7DMK2の方が良いかもしれませんね。出るのか知りませんが(笑)
今回の撮影は2日間の移動距離も長く、炎天下での撮影だったので後半疲れも出て、ヨンニッパの上げ下ろしがキツく感じました。
むしろ今のヨンニッパを売って、2型に変えた方が良いかと思いました。

今思う、私の結論です。
7DMKが出れば、70-200の2型を組み合わせ、
1D4にはヨンニッパの2型。
いかがでしょうか。
by うらくん (2012-07-30 20:43) 

ジュニアユース

うらくん、さん、こんにちは。
ホントのところは、1DXはもちろん気になります。そして屋内スポーツがメインなら尚更だったでしょう。けれどご指摘の
ように、1DXよりヨンニッパⅡ型の方に魅力の比重がいってますね(サスガお察しが鋭い!)。
CANONがAPS-C機をこれからどうするのか、いろんな噂が出てますが、それを見たうえで決めてもいいかな、と思って
います。
私もこの暑さで、7D+サンニッパで済ますこともあったのですが、歩留まりが悪く、やっぱり1D4と7Dの差はあるなあ、
って感じています。来月の7Dのファームアップでどうなるか、それも興味ありますね。

by ジュニアユース (2012-07-30 21:31) 

wataru-wata

こんにちは。

ジュニアユース様の記事、大変興味深く拝見させていただきました。
正直、今のCANONに対して市場を驚かせるような魅力ある新商品は発表されていないですよね。
それは、ある意味正常進化を続けている証なのでしょうが、5D3等に搭載されているHDRと言う機能等、個人的に期待しているベクトルとは違った方向に向いているのを感じます。
まぁ、デジタルカメラだからこそ出来る事・・・なのでしょうが、もっとカメラとして本質での驚きを期待しちゃいます。

できれば、NIKONの先手先手で色々発表して欲しいな~。

と、こんな事を書かせていただきながら、ジュニアユース様が保管されておりますカタログの量に1番驚いております!!!
全ての一眼デジカメのカタログを保管されているのでしょうか?
by wataru-wata (2012-07-31 15:04) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
そうですねえ、このところのNIKONの勢いには、目を向けざるを得ないですね。ただ、もう成熟、というところまで行って
いないと思うので、この先のCANONの巻き返しに期待してます。
カタログは特に収集しているわけではありません。今はネットで瞬時に情報を得られますから、紙媒体にはこだわって
いないのですが、やっぱり自分の気になる機種のもの、自分が購入した機種のものは、保管してますね。

by ジュニアユース (2012-07-31 21:05)