So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

一億画素 [カメラ機材]

1億画素ですって! デジタルカメラもついにここまで来たか、と正直思いました。

GFX100.jpg

https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/gfx/fujifilm_gfx100/
富士フィルムが今回発表した「GFX100」は、フルサイズセンサーよりも大きい43.8×32.9mmのセンサー(フルサイズセンサーに対して面積比1.6678倍)を搭載して約1億200万画素ですって! 1枚が11648×8736というサイズ、非圧縮RAWで16GBのSDに70枚しか入らないって、どれだけ大きな画なんでしょう。扱うにも大変そうですね。でも、「防塵・防滴・耐低温構造」「ボディ内手ブレ補正機構搭載」とのことですから、プロのスタジオ専用モデルでもなさそうで、屋外で手持ち撮影もできそうです。連写速度も秒5コマらしいですし、重量も、バッテリー&EVF装着で約1400gって、キヤノンの1DX2の約1530gより軽いじゃないですか。価格はさすがに店頭予想価格は税別122万5,000円(1DX2の倍以上、でもヨンニッパより安い)ですから、気軽に手が出せるレベルではないにしても、ハイエンドマニアが無理すれば、と想像できる微妙な設定に思えます。こんなモデルは数が出ないので、値落ちは少ないだろうし、ここ暫くは最高画素数のカメラとしてのステータスは維持するでしょう。あとは、レンズがこの画素数に応えられるか、ですね。
巷では、フルサイズセンサーのミラーレス高画素機の噂が出てますが、それが6000万画素や7000万画素であっても、こうなると驚かないですね。世の進化は凄いけど、それをたぶん当たり前のように享受して慣れていく感覚も、何だか怖いような気が・・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヨンニッパ [カメラ機材]

「ヨンニッパ」、それは400mmの長焦点でありながら、開放F値F2.8の明るさを得ているレンズの俗称。数も種類も多いカメラレンズの中でも、それは特別なレンズだと思う。その証拠に、現在そのレンズを販売しているメーカーは、世界中でも数少ない。もちろん現在の技術では、500mmや600mmでF2.8を実現することは可能だろう。しかしそんなレンズには極めて大きな口径が必要で、大きく重く、そして高価になることが予想され、一般ユーザーが「商品」として購入するには、あまりに代償が大きい。このヨンニッパですら、もうその限界価格に近いと思われるのだから。
撮影者が被写体に近づけない場合、長焦点レンズを必要とする。たとえ人よりも大きい航空機や自動車であっても、人より小さい野生動物や鳥などならば尚更、近づけないのであれば長い焦点距離のレンズでなければ、思ったような大きさに撮ることはできない。光量の少ない撮影環境であれば、少しでも明るいレンズが欲しくなる。光量があっても、速いシャッター速度が必要な場合も、明るいレンズが欲しくなる。それに加え、開放F値の小さいレンズほど被写界深度は浅く、故に豊かなボケが得られる。たとえ受像がフィルムからデジタルセンサーに取って代わられたとしても、レンズ選びが撮影者自身の表現の具現化する最たる道具であることに変わりはないと思う。その意味で、ヨンニッパは長焦点距離レンズの孤高の存在なのかもしれない。
私が主に被写体としているサッカー選手は、広いグランド内を縦横に、しかも不規則に動き回る。近づけない以上、長焦点距離のレンズが必須となるが、撮影者と被写体である選手との距離が常に変化している状況では、ズームレンズの方が適している、と以前から思っているし、それは今も変わらない。しかしヨンニッパに代表される単焦点レンズの描写力は、昔に比べれば格段に性能アップしたズームレンズの更に上にある。飛び散る汗、額に張り付く髪の毛、一瞬の緊迫した表情、薄いユニフォームを通して感じさせられる筋肉の張り、それらを克明に描き出してくれるヨンニッパを手にしてからは、たとえ高価であろうと、大きく重くても、未だ私のサッカー撮影におけるメインレンズであり続けている。

ヨンニッパ1.jpg

私が初めてこのヨンニッパを手にしたのは、2005年のこと。それまでサンニッパ(EF300mm F2.8 L Ⅲ型)を使っていて、必要に応じて1.4xテレコン(EF EXTENDER 1.4x Ⅱ型)を使用していたが、素のサンニッパの描写力を体験してしまうと、1.4xがどうにも性能をスポイルしている感があり、自然とヨンニッパへと目が向いてしまった。キヤノンのヨンニッパは、1996年に蛍石を使ったEFマウントのⅡ型が発売され、1999年にIS付きが既に発売されていたが、その僅か3年の間に発売されたIS無しのⅡ型の中古を、2005年にネットで見つけてしまったのが発端。その最初のヨンニッパ、当初は高価な投資をした割にはまったくダメダメなレンズだったが、メーカーに調整出してからは見違えるような画を提供してくれた。そして、満を持してIS付きヨンニッパ(Ⅰ型)に買い替えたのが2008年年頭のこと。以来このレンズが10年以上に渡って私のメインレンズであり続けたのは、組み合わされるボディが変わっても、サッカーという競技一筋に撮り続けるにあたって、十分な性能だと信じていたからに他ならない。特に2010年に1D MarkⅣが手元に来てからは、この組み合わせで上手く撮れなければ自分の腕の未熟のせい、うまく撮れたなら機材のお陰、との感が身に染み付いた「私のスタンダード」となっていた。
誰にでも勧められる訳ではないかもしれないが、私のようにフィールドスポーツを主戦場にしている者にとって、一つの行き着くべきところがヨンニッパなのかもしれない。そして私もサッカーを撮り続ける限り、手元にヨンニッパが無くなることはないだろう。

ヨンニッパ2.jpg




最後のヨンニッパ


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニミニ写真展 2019 [写真・撮影]

銀行のロビーなどを利用してサッカー写真の展示を行うミニミニ写真展のことは、このブログで毎回ご報告してきました。そして今年もやってます。展示していただく銀行さんから好評をいただいているので続けられるのですが、一年間頑張って撮り続けた結果がこうした形になって見ていただけるのは、撮影者として光栄なことだと思ってます。
2011年度(2012年に展示)からですから、今回で8回目になります。今回も丸一ヶ月を費やして、昨年の撮った写真を再度見直して一次選考で約1000枚をチョイス。その中から例年通り、B0サイズ(1456mm×1030mm)のパネル1枚とB3サイズ(364mm×515mm)パネル4枚に使う写真を選んでいきます。この写真選定が一番時間のかかる作業で、しかも出来栄えを大きく左右する作業でもあります。昨年は高校総体の全国大会が当県で行われたこともあって、私の年間撮影枚数は過去最高を記録しましたから、さぞかしその写真が多く使われているだろう、と思われるかもしれませんが、実はその全国大会の写真は全く使っていません。
一昨年から思っていたことなのですが、当県サッカー協会のカメラマンなのですから、当県で行われた試合で撮った写真を使うのは当然として、なるべく当県の選手を載せてあげたい、との私の考えからです。もちろん、他県から我が県にやって来て、素晴らしい試合や熱の入ったプレイを見せてくれたチームや選手も多々ありまし、純粋に写真の良し悪しだけで選定してパネルを作ることも可能です(当初はそうしてました)。ただ、県内各所で展示されることを考えれば、見ていただく方は当県の方が殆どでしょうし、それならば当県の選手を載せてあげた方が親近感や話題を呼ぶと思ったからです。このパネルを作る意義は、年代性別を問わず県内の頑張っている子達の姿を紹介することであって、サッカーの上手い子、強いチームだけが載せられるのとは違うのですから。その為に、主要な大会の準決勝や決勝戦だけでなく、県内の強豪校や名の知れたチームだけでなく、2回戦・3回戦や県リーグ戦などもできる限り撮りに行った結果、8作目にして初めて、この一次選考で選んだ写真約1000枚を県内選手だけで埋めることができました。
2016年・2017年のパネルは、現在はわが県サッカーの聖地に展示され、今でも多くの方々に話題を提供しています。この2018年のパネルも今後は県内各地を廻り、サッカー関係者はもちろん、サッカーに興味のない方々にも見ていただき、多くの話題を提供できればいいなあ、と思っています。それこそが、このパネルを作る意義だと思うからです。


写真展2019-1.jpg

今月は、「第三銀行 平田町駅前支店」に展示されています。
(三重県鈴鹿市算所1丁目4番1号)

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

休診中 [日々の徒然]

私は歯医者が嫌いで、でも歯医者通いが非常に長い、と以前書いたことがあります。昨年末から今年の初めにかけても通っていました。今年2月にやっとそれも終わり、もうしばらくは大丈夫だろう、と思っていたのですが・・・

休診中.jpg

夕食を食べて、さあ溜まっている写真の編集でも、と机に向かったら、ボロッと歯が取れてしまいました。正確には、歯に被せてあった詰め物が取れたのですが、それが悪いことに連休初日。当然歯医者も休み。しかたなく、この連休中はなるべく柔らかいものを食べて過ごしていたのですが、連休が終わって直ぐに馴染みの歯医者に予約の電話を入れたところ、「先生がケガをしてしまって診療できません。来月の6月初旬にしか予約を受けられません」というではありませんか。医師も生身の体ですから、こうした事態になる事もあるでしょう。でも、これには暫し考え込みましたよ、だってまだ一か月近く先なのですから。
こうした場合、できるだけ早く歯医者に行けば、意外と時間がかからずに治るのは分かっています。けれどまあ時期が悪い、そして一か月近く待たなければならないなんて、なんと運が悪い。医者というのは、特に歯医者となると、過去の経緯やデータを持っている馴染みの医院が良いのは間違いない(信頼しているからこそ、その医者に二十年近くお世話になっているのですから)。今さら探して見知らぬ歯医者に行くのには勇気が要ります。こんな場合、皆さんならどうしますか。
しかし悪くなった歯は、放っておいて良くなることは絶対に無い、悪くなる一方です。そこで、フッと思い出したのが、以前住んでいた臨家の息子さんが歯科医院を開業した話。全く知らないところに行くなら、せめて少しでも縁のあるところがイイかな、と早速電話してみました。しかし、連休明けで予約が一杯。何とか頼み込んで、今日の予約の最後に付け加えてもらいました。
結局一時間以上も待たされましたが、無理を言って来た私にすごく優しく丁寧な応対をする方で、当面はコレで大丈夫、というところまでやってくれました。私がその日の最後の患者だったこともあって、診療終了時間を大幅にオーバーしてまで(私が終わった時には看護師さんは皆帰ってました)、きっちりやってくれたこのお医者さんに感謝です。これでしばらく安心して食べられるのと、しばらくこの医院に通ってみようという気になりました。
今まで何年もお世話になった医院を無下にするわけではありませんが、セカンドチョイスの必要性を感じてしまいました。皆さんも、歯は大切に!

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | -