So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

光るパソコン(新PC導入記 その5) [パソコン]

光るパソコン5-1.jpg

旧型になってしまったPCの横に並べて置けば、購入当初には輝く光を発していた「ZALMAN Z3 Plus」のLEDファンが、光が乏しくなっていることを感じます。5年半フル稼働してきたのですから、仕方ないですね。この旧PCは壊れた訳ではないので、暫くは併用して、Windows 7のサポート終了後にはネットから切り離して、CPU内蔵HDD保管庫として使うつもりです。

光るパソコン5-2.jpg

私はずっとWindowsを使い続けてきましたが、Windows10は初めてです。7に比べて10はいろいろ変わっているようで、でも今後windowsを使い続けていくには10は避けて通れないし、ここは自分なりに設定して慣れていくしかないですね。今はWindows7の旧PCと併用できるのが幸いで、ツインモニターの左画面の旧PCで設定関係の情報をネットで調べながら、右画面のWindows10を設定していきます。
インターネットには簡単につながりました。壁にぶつかったのがメールです。このWindows10には標準で「メール」というソフトが入っていますから、それを使えばイイと思っていたのですが、設定はできてもどうも上手くいかない。私はプロバイダーのメールアドレスとGmailのアドレスの2つを併用して使っているのですが、どちらも設定自体はできるのですが、プロバイダーメールの方がフォルダが作れなかったり、セキュリティソフト(私はESETを使ってます)が、いつもは「迷惑メールフォルダ」を作ってくれて自動で振り分けてくれるのに、それができない。Gmailの方は任意のフォルダが作れるのですが、この任意のフォルダが作れないと、受信トレイにメールがドンドン溜まるばかりで、削除しても良いメールなら即削除しますが、保存しておきたいメールも有ります。そんな時にフォルダ分けしたいのですが、それができないとなるとちょっと困ります。また、迷惑メールやSPAMメールなんかは、うっかり開けないように自動振り分けしてくれてこそのセキュリティソフトだと思うのですが、それもできない。Windows7では「windows Liveメール」を使っていたのですが、こんな事はありませんでした。う~ん、ちょっと困った。
ネットでいろいろ調べてみると、このWindows10の「メール」というソフトは、どうもIMAPメールで最適に使えるようになっているらしいですね。IMAPメールというのは「同期型メール」で、メールサーバーと「同期」をするタイプのメールで、プロバイダー型のメールはPOPメールで、メールサーバーからメールをダウンロード・アップロードするタイプ、とのこと。この違いが私が困惑した原因のようです。更に、使っているセキュリティソフト(ESET)に迷惑メール振り分けの件を問えば、「誠に恐縮ですが、Windows10の標準のメールソフトはESETの迷惑メール対策機能に非対応でございます」との返事。Windows10はセキュリティの面で進化した、という話は聞きますが、せっかくセキュリティソフトを入れているのに、メールソフトが非対応というのではちょっと使えない。そこで、主として使っているプロバーダーメール(POPメール)は、Office(私が使っているのは2016)に入っている「Outlook」で今後は使っていくこととし、サブのGmail(IMAPメール)はWindows10の「メール」ソフトで使っていくことにしました。セキュリティソフトはOutlookには対応しているし、設定すればこれまでと同じように迷惑メールを自動振り分けしてくれます。しかし、この結論を得るまで、なんだかんだと試行錯誤して数日を要してしまったのは、ちょっと参りました。
Windows10には「Internet Explorer 11」も入っているのですね。でもせっかくですから、今後は「Microsoft Edge」を使いたいものです。そして、サブに「Google Chrome」を。その他に、これまで使ってきたソフトを入れて、ネットの「お気に入り」とアドレス帳を移行して一旦終了。Windows10には何だか必要無いソフトがいろいろ入っているみたいですが、徐々にアンインストールしていこうと思ってます。
これまでのPCでは、ロジクールのワイアレスキーボード&マウス「MK710t」を使っていることは、以前このブログでも書きました。1個のレシーバーでキーボードとマウス両方に使えるという点で、過不足なく使えていたのですが、この新PC用には新しいキーボードを用意しました。それが、「COOLERMASTER MasterKeys lite」

光るパソコン5-3.jpg

https://apac.coolermaster.com/jp/peripheral/keyboards/masterkeys-lite-l/
こうした色を変化させながら光るキーボードもゲーマーの皆さんご用達らしく、いろんな製品が出ていますが、ゲームをしない私には日本語レイアウト&日本語表記が欲しく、1万円以上のメカニカルキーボードにはちょっと手が出なかったので、妥協案としてコレにしてみました。PCと連動して光る訳ではないのですが、色や光らせ方は簡単に変えられます。有線ですが、文字を打つ際に薄暗い部屋でもこれならば苦にせず打てそう。じゃあマウスは?と言えば、先月ポイント交換で手に入れたワイアレスマウス、アレを使います(その為のポイント交換でした)。徹するのであれば、光るマウスを選びたいところなのですが、マウスはワイアレスにしたかったのと、予算の関係で断念。

光るパソコン5-4.jpg

その代わりに、光るマウスパットにしてみました。あまり知らないメーカーなので、たぶん中国製だと思います。通販のポイント交換で手に入れたのですが、取説や保証書が入ってませんでしたから、お勧めはしません。30×80cmの大型なので、キーボード+マウス2個でも十分。これもPC本体やキーボードと色が同調する訳ではありませんが、USB給電でパットの縁が色を変化させながら光ります(PCの電源を切っても光っているのが難点)。その光らせ方を変えるボタンの他に、別途USBポートが1個有る事が数ある中から私がコレを選んだ理由で、ワイアレスマウスのレシーバーをそこに差し込んで使ってます。
これで私の「派手すぎない光るパソコン」の完成です。

光るパソコン5-5.jpg


しかし・・・

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

光るパソコン(新PC導入記 その4) [パソコン]

光るパソコン4-1.jpg

実はその後、サッカー撮影の写真編集や年度末の仕事などで忙しく、今回の新パソコンは一週間ぐらい部屋の片隅で箱に入ったまま放置されてました。その後やっと時間が見いだせたので接続。以前から、フルHDの23inchモニターを2台繋いでツインモニターとして使っていることは、このブログでも書いてきましたが、その右側モニターに今回の新PCを繋いで、電源ON。瞬時に立ち上がる、M.2 SSDのことは後述するとして、色を変化させながら光るPCを、一人悦に浸りながら暫し眺めてました(マザーボード付属ソフトで光らせ方を変えられます)。ただ、側面パネルから見える窓が、旧PCになってしまう「ZALMAN Z3 Plus」のように透明アクリルではなく、スモークアクリルだったことが唯一の残念なところでしょうか(暇な時に自分で透明アクリルに換装するかな)。

光るパソコン4-2.jpg

新PC引き取り時に購入した背面排気用ファンを取り付けます。連動して光らせる為に、通常のファンケーブルの他にRGB用ケーブルも繋がなければならないのですが、店員さんにマザーボードのその位置も教えてもらっていたので、簡単に増設完了。上面にも(光らない)自宅在庫の12cmファンを2つ取り付けて、これで前面にケース標準装備の青色LEDファン1個(主にHDD冷却用)、背面に連動して光る12cmファン、上面に光らない熱放出用ファン2個、となりました。これで完成!と眺めていると、フツフツと不満が・・・。

光るパソコン4-3.jpg

どうも前面の青色単色ファンが気に入らない。これだけ色が連動して変わらないのがミスマッチに思えてきました。「やるなら今でしょう」という訳で、直ぐに例のパソコンショップに行って、背面排気用ファンと同じRGCファンをもう2個買ってきてしまいました。前面パネルには2個の12cmファンが取り付けられる仕様になっていたので、ケースに標準で付いてきた単色ファンを取り外し、買ってきたRGBファンを2個取り付けてみました。これで前面に2個、背面に1個、そしてCPUファンとマザーボードが連動して色を変えながら光り続けます。上面に取り付けた12cmファン2個(光りませんが)を加えれば、冷却面では十分でしょう。う~ん、なかなか「派手すぎない光るパソコン」になったと、ここでまた暫し、悦に浸って眺めてしまう私でした。

光るパソコン4-4.jpg

最近のこうしたタワー型デスクトップを使うユーザーはゲームをする方が多いのでしょう。故にこうした光るパーツ、それを見せるPCケースが豊富になっているのですね。光ることに拘るなら、最近話題の「光るメモリー」にすれば良かったかな、とも思いましたが、メインメモリーは超重要なパーツで、ここは信頼できるメーカーのものを使いたかったのと、品切れ・ちょっと割高・入荷時期未定とのことで断念。LEDラインテープなどを使って、もっとデコレーションすることもできますが、そうなると今流行りのサイドパネル全面が透明のケースがふさわしく、このPCケースではそこまでは無用と判断しました。
この新PCのケースは、リムーマブルケージを3.5inch用にすれば、HDDが5台は確実、工夫すれば7台位は入りそうで、この点では結構長く使えそうです。このPCを組み立ててくれたショップの作業報告書には「CPU負荷テスト、メモリーテスト、SSDエラーテストを実施しました」と書かれていました。結構キチンとやってくれたみたいで、この点でも安心して使えそうです。

光るパソコン4-5.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

光るパソコン(新PC導入記 その3) [パソコン]

前回お伝えしたように、PCケースは「ENERMAX COENUS ECA3290B」に決まりました。コレが決まれば、後はトントンと決まっていきます。

光るパソコン3-1.jpg

CPU:Intel Core i7 9700K(8コア/8スレッド 3.6GHz TB時最大4.9GHz)
(当面オーバークロックに挑戦するつもりはありませんが、K番に。Core i9 9900K までは必要無しと判断)
マザーボード:ASUS製 TUF Z390-Plus Gaming
(特に拘りは無かったのですが、お店の方のお勧めで。コレが結果的に正解だった)
CPUクーラー:CoolerMaster MA410P
(このCPUにはクーラーが付属していないので別途必要。これもお店の方のお勧め)
メインメモリー:CORSAIR DDR4-2600 16GBx2枚組
(8GB×2の16GBでは足らないことを痛感していたので、今回は倍増して32GB)
SSD:SAMSUNG 970 EVO MZ-V7E250B/IT 規格サイズM.2(Type2280)読込3400MB/s 書込1500MB/s
(この速さを体験したかった。安くなったし、データは置かないので250GBで充分)
グラフィックボード:ASUA GeForce GTX 1050
(ゲームはしないので、ここは予算節約)
ドライブ:Pioneer BDR-209JBK
(他社製のドライブも使ったが、パイオニア製が一番静か)
HDD:これは旧PCから移設の予定
電源:CoolerMaster MWE GOLD 750w
(GOLDクラスで、しかもHDD増設を踏まえて余裕が欲しかった為)
OS:Windows 10 64bit

これだけ決まれば組めます。予算的にはちょっとオーバーしてしまいましたが、毎日使うものだし、結構長く使うものだし、と自分勝手に妥協しました。組み上げるのに10日程かかるという事でしたが、実際そのとおりの日に、「完成しました、引き取りに来てください」の電話がありました。
で、イソイソと店に引き取りに行くと、新PCはサイドパネルを外した状態で待ってくれてました。
まず、マジマジとこの「ENERMAX ECA3290」というPCケースを見れば(購入後に開封もせず渡したので初見)、5000円と安価の割には、なかなかしっかりした造りでした。旧型になってしまう現在のPCの「ZALMAN Z3 Plus」と比べるとちょっと大きく、ほぼ同じ値段ながらペナペナ感が少なく、背面の拡張スロットも、ZALMANのように使う時には折ってしまうタイプではなく、キチンとネジ止めされています。前面と上面はメッシュでファンが何個か付けられそうで、クーリングの点も良さそう。もっと頑丈で緻密な造りのケースは他にもありますが、なかなかコストパフォーマンスは高いと思いました。

光るパソコン3-2.jpg

店員さんに電源を入れてもらい、各部組み立ての説明をしてくれたのですが、まず私が驚いたのが、「マザーボードが光る!、しかも単色ではなく色を変化させて」でした。ゲーマーの方には既にお馴染みの事のようですが、最近のゲーム用マザーボードは一部が光るような仕様になっているんですね。私がケース選びで四苦八苦していた時に「ゲームはしないが光るのがイイ」と言ったのを店員さんが憶えていてくれて、そんなマザーボードの中から安価なものを選んでくれたのでした。そして同じく選んでくれたCPUファンも光ります。これも単色に光るだけではなく、随時色を変化させ続けながら光る、しかもマザーボードとCPUファンの色は連動して光る。ゲーマーの方には、今更と言われてしまいそうですが、ちょっと感動してしまいました。
「ケースファンも同様に、連動して光るものがありますよ」とのこと。この「ENERMAX ECA3290」には、標準で前面パネルに12cmのLEDファンが1個付いているのですが、他は無し。我が家に12cmファンが何個か有るので、それを自分で付けようかな、と思っていたのですが、その店員さんの言葉に即反応して、その連動して色を変えるファンを、背面排気用にその場で買ってしまいましたヨ(1400円)。

光るパソコン3-4.jpg

前面パネルのメッシュは埃防止用フィルターが付いてますが、天板のメッシュにはそれが無い。ここには12cm~18cmのファンが1~2個付けられますが、埃がもろに入って来そうなので、塞いでしまうかファンを付けるべきでしょう。我が家の在庫の12cmファンはここに付けるかな、ここは見えないから光らなくても良いし、と。

光るパソコン3-3.jpg

そんな訳で、店員さんの説明を一通り聞いてから、なかなか自分好みの仕様(派手すぎない光るパソコン)に仕上がった、とウキウキしながら帰宅したのでした。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

光るパソコン(新PC導入記 その2) [パソコン]

年頭に、「今年は軽量化をテーマにする」と書きましたが、その軽量化のメインが、実は新パソコン(PC)の導入だったのです。つまり、パソコン本体重量の軽量化ではなく、これから使っていく上での「動作を軽くする」ということです。
新PCを導入するにあたって選択すべき点は、完全自作するか、以前のようにパーツは自分で選ぶが基本的な組み上げは依頼するか、でした。勿論、費用的には前者の方が安く済むのですが、OSも新しくなるし・・・、と不安が。それと、新PC導入の決定が(予算が確保できたのが)3月初めで、既に今シーズンのサッカー撮影も始まっていて、学びながら、調べながら、初の自作に挑戦するにはちょっと時間が足りない。で、5年半前と同じの後者を選択することにしました。
いつもお世話になっている近所のパソコンショップへ行き、その旨を伝えた上でパーツを選び始めました。まずはPCケースです。勿論デスクトップパソコンですが、これまで使い続けてきたPCとの併用を考えていたので、フルタワー型は収納スペース的に無理で、ミドルタワーで探すことに。私の希望は、3.5inchハードディスク(HDD)が最低でも5台収納できること、サイドパネルがガラス又はアクリルで中が見えること、そしてLEDファンが付けられて光るのが見えること、です。旧型になってしまう現在のPCも、「ZALMAN Z3 Plus」という安価なケースで、ケース自体はペナペナ感があって値段相応のものだったのですが、まあ自宅から持ち出すこともないし、人に見せるものでもないし、3.5inch HDDも4台は入るし、LEDファンは増設しやすく、冷却面も問題なかったので、この5年半の間しっかり働いてくれました。新PCのケースにはコレ同等以上を求めたのですが、この初期段階でつまづいてしまいました。
インターネットで各社のミドルタワーケースをいろいろ見ていくと、最近のタワー型デスクトップPCのユーザーはゲーマーが多いということで、サイドパネル自体がガラスやアクリルになっているものが豊富にあります。その中にLEDで光るパーツ類を組み込んで、なかなか派手な見栄えがするものが、特にゲームを主として使われる方々に好まれているようです。「光るパソコン」という題でこの記事を書いていますが、私はそこまで派手にしなくても、旧型になってしまう現在のPCと同等以上ならヨシと思って探していたのですが、そういったPCケースは殆どが、3.5inch HDDが1~2台しか収納できない。5台も6台も収納できるケースとなると、今度は静音の為か地味なものが殆ど。別にデスクトップPCなんて、自室に置いたまま持ち出したりしないのだから、そんな派手なものでなくても、と思われるかもしれませんが、そこは数年に一度のPC購入なのでちょっと拘りたい(妥協すると、後で後悔するような気がして)。
結局、その店の在庫に該当するものが無く、私の希望の条件のもので、取り寄せ可能のものがあるかどうか調べてもらうことにし、一旦帰宅しました。私自身も、ネットで調べたのですが、その条件のものは数年前には豊富でも、今は廃版になっているものが多かったです。数日後にそのショップに出かけてみれば、やはり「見つからない」という返事でした。3.5inch HDDの収納については、サッカー撮影を続ける以上、絶対条件ですから、「地味なケースで妥協するか」と思い始めたところ、ダメモトで「このケースは手に入らない?」と尋ねたのが、「ENERMAX COENUS(コイノス) ECA3290B」
光るパソコン2-1.jpg

http://www.enermax.com/home.php?fn=eng/product_a1_1_1&lv0=2&lv1=9&no=226
発売開始年度は古いのですが、これならば私の条件に合うし、ドスパラでは販売している模様。その私の問いに店員さんは、「ウチでは手に入らないですね~、ドスパラさんの専売になっているみたいですから」との答え。これも駄目か、と思ったら、「でも、お客さんが買ってきて、ケースだけ持ち込み、というのでもイイですよ」との有り難いお言葉。「他のパーツはこの店で買いますから、それでお願いします」と告げて急いで帰宅し、すぐに通販で購入(それも5000円+消費税という安さ)。そのPCケースが自宅に到着したら、開封もせずにそのまま店に直行。「コレでお願いします!」と。

光るパソコン2-2.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | -