So-net無料ブログ作成
検索選択

清く正しく美しく [本・映画・アニメ・詩歌]

今回ご紹介させていただくのは、玉置浩二氏の作詞・作曲、2011年にリリースされた「安全地帯XII」というアルバムの最後の一曲、「清く正しく美しく」です。

悲しい時は空を見て 誰も悪くないと言おう
淋しい時は海に来て もう自分を責めなくていいと言おう
うれしい時は風になり 麦を鳴らして称えよう
やさしい時はあの人に ごめんね、ありがとう、と言おう
苦しい時は山を見て もう逃げたりしないぞと言おう
虚しい時はふるさとの 大地を想い泣けばいい
何もできなくなってしまった時は 清く正しく美しく
清く正しく美しく ただ君の手を握り締めていよう


この曲は「悲しい時は」から始まります。この世を生きる我々には、本当は悲しいことも嬉しいことも平等に有る筈なのだけれど、生きる苦しみが有れば、生きる楽しみも必ず有る筈なのだけれど、良い事は束の間に過ぎていき、そうではない反対の事は、永く重しとなって留まるように思えるのは、凡人の私だけでしょうか。そうだからこそ、心が穏やかになった時には「ごめんね」「ありがとう」と素直に言おう、と綴っています。
ここから少し曲調が変わります。

ダイスの目は決まっている 初めからそれと決まっている
一つ転がすと1から6まで 終わりの無い一人旅
二つで転がせば1は無い 6と6で12になって
時計の針が0時で重なるように 君がいてくれるなら


ダイスとはサイコロのことですね。この曲の出だしフレーズとは全く関係ないようにも思えますが、サイコロを一つ転がすことを、孤独に一人で生きて行くことを表し、二つで転がすとは、二人以上で生きていくことを比喩しているものと思いました。一つをいくら転がしても、出る結果には限りがある。でも二つ転がせば、出る眼の組合せによって得られるものは数倍以上。そしていつか、6と6の目が出るようなら、それは素晴らしいことが起こるのではないか、そんな風に私には聞こえました。

清く正しく美しく.jpg

悪いものなんてない 悪いものなんてない
この世に有るものは いいものばかりに決まっている
胸を晴れ高らかに 希望の光を見たはずだ
あの日の自分を思い出せ 心の闇に立ち向かえ
誰も助けてくれない 誰もわかっちゃくれない
自分は自分でしかない
良き人たちのピンチを救えるのは
汚れた者たちの最後のチャンスなのだから
足を半歩前に出せ 必ず誰かが見てるから


「悪いものなんてない」は全肯定です。だから、今の苦しくも悲しくもあるのは、自分自身に起因するのだと唄っています。今は荒んだ自分でも、これまでずっとそうであった訳ではないでしょう。天を仰いで笑った時期も有ったはず。だから、たとえ辛苦が降り注ごうとも、笑って、泣いて、生きていくことが「清く正しく美しく」に繋がるのではないでしょうか。

もっと笑って 笑ってもっと
僕らの愛が清らかだと分かるように
もっと手を振って 手を振ってもっと
僕らの愛が正しいところに向かっていけるように
もっと涙を流して 涙を流してもっと
まだ見ぬ母のぬくもり頼りに泣きじゃくる赤子のように
いつか知らないどこかの誰かが涙をぬぐってくれるくらいに
僕らの愛が美しいと言えるように

清く正しく美しく 清く正しく美しく
君だけの 君だけの 君だけの
愛を受けとめていよう

清く正しく美しく 清く正しく美しく
君だけを 君だけを 君だけを
黙って抱きしめていよう

清く正しく美しく 清く正しく美しく
清く正しく美しく 僕らは一つになれる

清く正しく美しく 清く正しく美しく
清く正しく美しく 僕らは一つになれる
いつか一つに なれる


「安全地帯」というバンドは、1982年のメジャーデビューから紆余曲折あって今に至っています。当初は男女の切ない恋愛模様を唄ってヒットしましたから、そのイメージから見れば異質に映る曲かもしれません。この曲の歌詞に出てくる「愛」や「君」というのは、単なる恋人への愛情ではなく、もう少し広い意味が込められているように思え、このようなスケールの曲に至るには、30年の時間が必要だったのでしょう。作った玉置浩二氏にしても、いろいろゴシップ記事がありましたし、本人の精神が不安定な時期もあったようですが、今ではその歌唱力には凄みを感じさせられます。
私は特別「安全地帯」のファンだった訳ではありませんが、ふとしたことでこの曲に出会い、聞き、思わず魂が揺さぶられてしまいました。ちょうど私の苦しい時だったからなのかもしれません。「清く正しく美しく」そんな風に生きることは理想でしょう。でもそれは、社会的に成功したから成れるものでも、大金を手にすれば得られるものでもない。内なる自分への提言なのです。なので、性別や年齢、立場や環境には左右されず、全ての人に向かってのメッセージソングだと思い、ここで取り上げさせていただきました。じっくりと聞いてみてください、できれば一人で。



清く 正しく 美しく


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4TB HDD [パソコン]

先日、いつもお世話になっている近所のパソコンショップに顔を出してみたら、「本日限り特価」の張り紙が。4TBの3.5inchのハードディスク(HDD)が12000円ちょっと。こりゃ~、価格コム最安値より安いじゃないか、と買ってしまいました。

4TB-01.jpg

毎年膨大な量の画像dataが貯まっていく保存先として、私がHDDの二重保存をしていることは、以前にも書きました。HDDが4台収納できる外付けケースに入れてあって、今は3TBを使ってますが、当時は2TBが一番割安だったので、2TB HDDが4台既に収納されています。そんなに頻繁に電源を入れる訳ではないので、駆動時間にはまだまだ余裕があると思っていたのですが、その中で最も古いものは2008年製。で、今回4TBを手に入れたので、2TB 2台をまとめてしまおう、ということに。

4TB-02.jpg

まずはフォーマットですね。さすが4TBともなると時間がかかるので、これは寝ている間に(それでも9時間もかかってしまいましたが)。昨年導入した東芝製3TB HDDは、7200rpmでキャッシュが128MBで、アクセスの速さには満足してますが、それなりの駆動音がするタイプ。それに比べて今回導入したWestern Digital製のWD40EZRZはとっても静かです。で、フォーマット終了後にいつもように計測してみた結果、以下のようになりました。

4TB-03.jpg

まあ、7200rpmと5400rpmですからね、結果自体は予想通りでしょう。現在頻繁にアクセスしているのは東芝製の3TBの方ですし、WD製の方はあくまで過去のデータ保存用と考えれば、十分納得です。
今でも、1GB当たりの単価が最も安いのがHDDですし、6TBや8TBのHDDも出てきましたが、一番お買い得なのは2~4TB辺りですね。今回の導入で余裕もできましたので、しばらくこの体制で使い続けてみようと思います。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初アマゾン [日々の徒然]

「初アマゾン」といっても、初めてアマゾン川に行った、というのではありません(当たり前か)。
通販大手のAmazonを初めて利用してみました、ということでして。

初アマゾン1.jpg

今や通販など当たり前の時代、そして通販と言えば誰でも思いつくのがAmazonでしょう。地方在住の私も、もちろん以前から通販は使ってきましたし、ユーザー登録している店舗も幾つかあります。でも、特別な理由は無いのですが、Amazonは使ったことが無かったのです。まあ、特別嫌う理由が無い限り、いつかは使うとは思っていたのですが、今月ちょっと欲しいものが有りまして。
で、どうだったかといえば、普通に注文して、翌日には普通に到着しました。

初アマゾン2.jpg

何を買ったかと言えば、ブルーレイDiskです。こうしたものを豊富に取り揃えている店は地方には少ないですし、価格もあまり期待できません。価格コムの最安値などを見ていると、決まってAmazonが上位にランクされてますから、こうしたものを買うのはAmazonだろ~、ということで、4枚注文してしまいました。まあ、通販が絶対おにお勧め、Amazonが絶対にお得、とは思っていませんが、欲しいものによっては、今後も利用していくでしょうネ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Argentina(その4) [異国]

Argentina4-01.jpg

今回がアルゼンチン編の最終回。これまで自然観光名所をご紹介してきましたが、最後はその他の風景や街中の写真を載せて、締めくくりたいと思います。

Argentina4-02.jpg

Argentina4-04.jpg

Argentina4-03.jpg

Argentina4-05.jpg

Argentina4-06.jpg

Argentina4-07.jpg

Argentina4-08.jpg

Argentina4-09.jpg

Argentina4-10.jpg

ここはブエノスアイレスにある「エル・アテネオ」という書店です。劇場を改装したとのこと。2008年の英紙ガーディアンで、世界で2番目に美しい書店に選ばれてからは、本を探しに来る人以外にも、多くの観光客が集まるようになった、とか。

Argentina4-19.jpg

Argentina4-11.jpg

Argentina4-12.jpg

既にお気づきかと思いますが、今回の写真はアルゼンチン北部(つまり暑い地方)から南部へと順に並べています。

Argentina4-13.jpg

Argentina4-14.jpg

Argentina4-15.jpg

Argentina4-16.jpg

Argentina4-17.jpg

アルゼンチン編終了と共に、長かった愚息1号の中南米の旅も、これで終わりです(ホントはウルグアイにも行ったのですが、写真枚数が少ないのでカット)。約1年かけてご紹介してきましたが、異国の雰囲気をお伝えできたのなら本望です。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

Argentina4-18.jpg

(この旅で撮った写真は全て、Kiss X6i+TAMRON 17-50mm F2.8 VC です)

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。