So-net無料ブログ作成

シン・続編・リメイク [本・映画・アニメ・詩歌]

私は、いわゆる「映画通」ではありません。毎週のように映画を見るわけでもありませんし、映画館に行くなんて、年に一度有るか無いかですし、レンタルDVDやレンタルブルーレイで十分、それも「新作」じゃなくて「準新作」や「旧作」になってからで十分、と思っている人ですから。そんな私が映画の事をどうこう書く資格が無いのは承知の上で、「まあ自分のブログだから」という前提で、最近になってレンタルビデオ店で借りた作品のことを書きますから、気軽に読み飛ばしてください。

シン・ゴジラ.jpg

[シン・ゴジラ]
「エヴァンゲリオン」の庵野秀明と「進撃の巨人」の樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本製ゴジラとしては初めてフルCGを使った、とのことです。「シン」とは「新」なのかどうか分かりませんが、次回作の劇場版エヴァンゲリオンにもこの「シン」が使われるようですから、庵野秀明作品らしさは感じられますね(BGMなんかにも)。また、従来の着ぐるみゴジラ作品に比べれば、巨大生物が東京に町を破壊するという設定は同じにせよ、勿体付けた登場の仕方はしないし、これを「有事」として対処する政府の方々の奮闘が主に描かれていて、ゴジラが主役ではないと思います。有事における政府の対応や自衛隊の立場、アメリカの圧力が話の中心です。その点では確かに「シン」は感じられます。まあ、娯楽映画として頭を使わず、予備知識が無くても、すんなり見れる映画だと思いました。けど、石原さとみ嬢が英語を話す度に「駅前留学」を連想してしまうのは、私だけかな~

デスノート.jpg

[デスノート Light up the NEW world]
藤原竜也・松山ケンイチ主演で2006年に公開された「デスノート 前後編」の続編らしいです。はっきり言って、この前作を見たことのある方、ましてや原作であるコミックを読んだことのある方は見ない方が良いです。私、途中で見るのを止めてしまいました。以上!

マグニフィセント7.jpg

[マグニフィセント・セブン]
「magnificent」とは、「偉大な」とか「崇高な」という意味らしいです。そしてこの映画は、黒澤明監督の傑作「七人の侍」、それを西部劇化した「荒野の七人」をリメイクしたとのこと。そう言えば、「荒野の七人」も映画の原題は「The Magnificent Seven」でした。この「七人の侍」「荒野の七人」を見たことのある方にはお勧めしません。この映画は(いろいろ突っ込み所があるのですが)、なぜ参加したか描写の甘い七人のガンマンが悪党をバタバタ倒していく映画で、ただそれだけ。主役のサム(デンゼル・ワシントン)がこの仕事を受けたのも、物語の最後に私怨だったことが明らかになります。はっきり言って、どこが「偉大」なのか「崇高」なのか。黒澤明監督やジョン・スタージェス監督が伝えたかったものが見当たりません。志村喬が扮する勘兵衛が最後につぶやいた「今度もまた負け戦だったな」、ユル・ブリンナー扮するクリスの最後のセリフ「勝ったのは俺たちではない。農民たちだ」、これこそがこの物語の本質であり、そこに至る過程を描いてこその「マグニフィセント」だと、私は思うのですがネ。


まあ、続編やリメイクというのは難しい、ということで。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

VANGUARD VEO AM-264 その後 [カメラ機材]

VANGUARDの一脚、VEO AM-264 の取付け部に、三脚座を直接付けると傷が付く話を以前書きました。それで、ホームセンターで買ってきたフェルト素材のものを張って使おうというを書いたのですが、やっぱりフェルト素材だとちょっと厚くて、もう少し薄いものはないかと探したら、ありました。

ヴァンガードAM-264-3-1.jpg

まずは、以前張ったものを剥ぎ取ります。シール剥がし材を使ったらきれいに取れました。

ヴァンガードAM-264-3-2.jpg

で、今回はコレ。コルク紙です。本来はコルクボードの補修用らしいのですが、厚さは0.5mm以下。これをカットして貼り付けました。

ヴァンガードAM-264-3-3.jpg

今回はもう少しきれいにカットしようとしたのですが、カッターで慎重に切っても、今度は薄すぎて、コルクですから切り端がきれいにできず(涙)。不恰好ですが、前のフェルト素材のものよりネジの食い込みが良くなり、これで使える一脚になりました。
下は、以前購入したスリックのライティーポッド200(こちらは自由雲台付)ですが、こんな風にできればよかったのですが・・・。まあ、また暇を見て再チャレンジしてみます。

ヴァンガードAM-264-3-4.jpg

以上、ご報告でした。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すそ野にて 6 [サッカーあれこれ]

愚息1号が現役を退いたのはちょうど8年前、高校最後の試合でした。その後の大学生活では海外に興味が移り、異国を旅したことを度々このブログで紹介させていただきました。その大学も卒業して、社会人として今年3年目になりますが、やはりサッカーは欠かせないようで(幼稚園児からボールを蹴ってましたしね)、社会人になってからオジサン達のサッカーチームで年何回か試合に出たりしています。そして毎年9月に、静岡県の時之栖で一泊二日の大会に参加するのが恒例になっています。勿論それを撮りに行く私も、恒例になってます。

すそ野6-1.jpg

聞けば、20代から40代の方達が殆どで、勤めている会社もバラバラ。特に毎週のように練習する訳でもなく(東京じゃあグランドの確保も難しいでしょう)、たまに集まっては手ごろな大会に参加するような、そんな同好会的チームです。ちょっとお腹の出たオジサン、5分も走ると息が上がるオジサン、そんな方々の集まりなのですが、皆さんサッカー経験者。現役当時は全国的に強豪校のレギュラーだった方もいます。大都会でのビジネスワークを強いられても、やっぱり皆さんサッカーが好きなんだなあ、と撮っていて伝わってくるものがあります。いや、ただ好きなだけでなく、いざ試合となれば後先考えずに走り、勝ちに行き、ゴールを決めれば喜び、負ければ悔しがる、そこにはやはり真剣勝負の匂いが有ります。

すそ野6-2.jpg

すそ野6-3.jpg

このチームは全員がJFAに選手登録をしていません。公認チームでもありません。たぶん、この大会に参加している殆どのチーム、参加者がそうだと思います。その意味で、日本代表を頂点とするサッカーピラミッドの一員ではないのです。確かにそうした「選手」だった過去を皆さんお持ちでしょうが、今はそうではありません。けれど、私は見ていて、彼らは「選手」だと思ってしまいました。確かに走れないし、戦術的にどうこうできる訳でもなく、レベル的には低いでしょう。でもここでは、全員が真剣にプレーし、勝とうという意欲が有り、持てる力をぶつけているのです。つまり「選手」と呼ぶために欠かせない要素を、彼らは持っているのだと感じました。

すそ野6-4.jpg

以前、家族や友人達でチームを組んで参加する、フットサルの大会を撮りに行った話(笑顔の大会)を書いたことがあります。その大会に出ている殆どの方が選手登録していませんが、それでも皆さん楽しくボールを蹴っていました、笑顔で。それに比べると、試合中の笑顔など無く、気合で足を動かして闘っているこのオジサン達は、もう少しサッカーピラミッドに近い存在なのかもしれません。でも、ピラミッドの構成にも入らない、すそ野より更に外に居る方々です。でも私は、選手だと思いました。そして、そんな方々がいるからこそ、選手登録を問わない大会や試合が存在し、それを広義の「すそ野」と考えるならば、サッカーというスポーツのすそ野は意外と広いのかも、とも考えてしまいました。
「日本のサッカーは、未だに体育の延長線上にある。強豪国のように、サッカーが文化にはなっていない」ある著名な方の言葉を思い出しました。サッカーは、より高みを目指す若者だけが選手ではない。シニア世代になっても選手登録して、シニアの大会に出ている方も勿論いらっしゃいますが、それだけでなく、仕事をしながら暇を見つけ、たまに集まっては出れる大会に出て「真剣勝負を楽しむ」、そんな方々がいても良いのではないでしょうか。そんな大会や試合が有っても良いのではないでしょうか。それが日本で、サッカーが教育の一環としてではなく、文化として根付く一歩、礎になるとは言えないでしょうか。

すそ野6-7.jpg

愚息1号がこのチームのゴールマウスを守るようになって3年。毎年参加しているこの大会で、今年の結果は優勝でした。初日には、「決勝トーナメントに行けたらイイなあ」だったのに、あれよあれよと勝ち進み、決勝は気合でゴールを捻じ込んでの優勝。監督さんは、思わず男泣きしてました。これまでの過程を顧み、いろんな思いや努力が結実した証拠なのでしょうね。私も久しぶりに、愚息のファインセーブも見れたし、気持ち良くピッチを後にすることができました。来年はディフェンディングチャンピオンのチームの一員として愚息2号も来るでしょうから(今回はケガで不参加)、来年も必ず撮りに来こうと思っています。

すそ野6-5.jpg

すそ野6-6.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカーって [サッカーあれこれ]

昨日、8月最後の日に、サッカー日本代表は2018年ワールドカップ出場を決めてくれました。見られていた方も多いことと思います。もちろん私も、素晴らしい試合に感動しました。そして安堵感と共に、「サッカーってやっぱり素晴らしい!」って再確認しました。頂を高くするには裾野が広くなければならない、と以前のブログで書いたことがありますが逆に、頂が高ければ裾野が広がる、とも言えます。日本がワールドカップに出続けてこそ、それを目指す子供達が増えていきます。そしてそれを後押しする保護者の方々も増え、その写真を撮ろうとする方々も増えると信じています。それら多くの方々に負けないよう、私自身も撮り続け、精進し続けなければ、と思いました。
これは余談ですが、昨日の試合で先制点を挙げた浅野拓磨選手は我が県出身。高校1年生の時から試合に出てましたから、もちろん私は撮っていました。けれど、なかなか撮るのが難しい選手でした。相性の問題かな、と思ったこともありましたが、今にして思えば、彼の非凡な才能が、私の当時の予想と腕を超えていた故だったのでは、と思えます。下の写真は、たぶん彼の高校最後の試合で撮ったものです(2012年12月9日撮影)。

サッカーって3.jpg

さて、8月が終わってしまいました。毎年8月と言えば、天皇杯の県代表を決める大会が有ったのですが、今年から日程変更で4月になったものですから、私のとってこの8月は、撮るべき大会や試合が無い一ヶ月でした。サッカーを撮り始めてまもなく丸15年になりますが、こんな夏は初めてです(もう愚息2人とも現役ではないですしね)。定かではありませんが、日本の酷暑を考えて、JFAが日中の試合や大会を控える旨の指示があったのでしょうか(ナイターはOKみたいですが)。そういえば我が愚息の母校も、この夏休みの通常練習は午前8時~10時になったそうですし、近所の中学校も、午後はグランドに誰も居ませんし。
しかしその分、これから先には重要な大会や試合が毎週のようにあります。一ヶ月もブランクがあると(これまでの経験から)試合勘が鈍っているに違いなく、少しでもそれを取り戻すために、先週末に再開された高校サッカーの県リーグ戦を撮りに行ってきました。

サッカーって1.jpg

いや~、やっぱり暑かったですね。しかも人工芝グランドでしたから、反射光やら反射熱で難しく、結果は散々でした。毎年夏の終わりには真っ黒に日焼けしているのが常な私ですが、今年はそれほどでもなく、今になってやっと赤黒い顔になってきました。
年々落ちる体力と集中力を感じつつ、それでもまだまだ撮り続けます。

サッカーって2.jpg

サッカーって4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー