So-net無料ブログ作成
写真・撮影 ブログトップ
前の4件 | -

第96回全国高校サッカー選手権大会 県大会決勝戦 [写真・撮影]

夏の高校野球程ではないかもしれませんが、この大会も冬の風物詩となった感があります。「第96回全国高校サッカー選手権大会」、その県代表を決める試合が昨日行われました。

高校サッカー選手権1.jpg

県サッカー協会のカメラマンとしては外せない試合ですし、某サッカー雑誌のカメラマンも兼務(今年で4年目)してますので、天候を気にしながら会場に足を運びましたが、風は強いものの昨夜の雨も上がって快晴。まあそれはそれで苦労することもあるのですが、皇后杯一回戦の台風豪雨の中での撮影に比べれば、ずっとマシですね。

高校サッカー選手権3.jpg

この決勝戦、毎年撮っていて観客数が徐々に増えているような気がしていたのですが、役員の方にお聞きすれば、今年の入場者数は2960人とのこと(有料なのに)。サッカー先進県ではもっと多いでしょうが、我が県でこれほどまで入る試合は無いですね。試合のグレードとしては、天皇杯や皇后杯の方が上なのでしょうが、それよりずっと多い観客数が、この大会の人気・注目度を如実に表していると思いました。スタンドを眺めれば、両校の生徒や関係者、保護者はもちろん、この決勝戦までに敗れ去った学校の選手達も、その決着を見るために多く見かけます。また、今後進学する高校を見定めようとしてか、中学生の姿もあります。さすがに全国的には注目されない県ですから、大学やJのスカウトの姿は見かけませんが、各年代のサッカー指導者や各校のOB、そして純粋な高校サッカーファンの方々も。それら年代様々な観客の下で行われる試合を戦える両校は、ちょっと羨ましくもありますね。

高校サッカー選手権2.jpg

撮影に関しては、日差しがキツイので、逆光になると選手の顔が真っ黒。かといって、撮影場所の指定は厳しくて移動は困難という状況ですから(毎年の事ですけど)、バックスタンド側の応援席に混じって撮ることにしてます(これも毎年の事です)。これなら少しは動けます(その分、ピッチから少し離れますが)。それでも逆光は避けられませんから、これは後処理のレタッチで対処するしかないですね。

高校サッカー選手権4.jpg

序盤は探り合いの展開でしたが、徐々に熱を帯びて来たことを肌で感じながらシャッターを切ります。もちろん、我が愚息たちの卒業校ではないので特別な思い入れは無いのですが、つい試合展開に入り込んで撮ってしまっている自分に気づきます。写真を撮るということは、ただレンズを振ってシャッターボタンを押すだけの行為には違いないのですが、そうして集中してシャッターチャンスを狙いながら撮ることは結構な重労働、ということが分かって頂けるでしょうか、失敗できない雑誌社のカメラマンも兼務している事もありますが。それでもこの日は一試合だけだったので、先週の皇后杯の一日二試合に比べれば疲労度は少なかったです。

高校サッカー選手権5.jpg

会場を後にする時は、もう役員・スタッフの人しか残っていませんでした。この試合を撮ってしまうと、もう今年の残り少なさを感じてしまいました。

高校サッカー選手権6.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会一回戦 [写真・撮影]

先週末、我が県で「第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」の一回戦4試合が行われました。

皇后杯1.jpg

元日決戦でお馴染みの男子「天皇杯」の女子版です。全国の地域代表となでしこリーグ所属の計48チームがその年の頂点を目指す、歴史ある大会です。その一回戦と二回戦が我が県で行われるのは、私が協会のカメラマンを務めさせていただいてから続いてますし、このブログでも何度か紹介してきました。そして今年も、10月28日(土)と29日(日)の二日間に一回戦4試合が行われました。

皇后杯2.jpg

ご存知のように、秋雨前線の雨に加えて台風接近です。土曜はまだ普通の雨中の試合でしたし、日曜日の一試合目は何とか。それが二試合目から豪雨となり、風も出てきました。天然芝のピッチはいたる所に水溜りができ、ボールを蹴ることさえままならず、水飛沫が上がります。雲は厚くて、照明を付けても暗い。これから近づいてくる台風では、天候が回復する見込みはありません。

皇后杯3.jpg

しかし、全国大会です。トーナメントです。負ければ終わり、勝てばより強い相手と闘える権利を手に入れられます。遠方からはるばる来てくれた彼女たち、その闘争心はこんな天候でも、まったく衰えるどころか、この悪条件だからこそ掻き立てられているようにも感じました。スタンドから、役員席から、離れた場所からご覧になった方々にはどう映ったでしょうか。私はピッチ脇で彼女たちの闘志のぶつかり合いを感じながら、無心にシャッターを切っていました。試合に入り込み、選手の意気を感じてシャッターを切る、これこそがサッカー撮影の醍醐味ではないでしょうか。

皇后杯4.jpg

もう何年もサッカーを撮り続けて、一、二を争うぐらいの悪天候でした。この状況での試合は、間違いなく選手に勝つ意欲と体力を要求します。撮影も選手同様、通常に比べ倍以上の労力と高機能の機材が必要となります。疲れました。ずぶ濡れになった体は重く、しばらく動けませんでした。でも最後にそれが心地良く感じることができたのは、きっと彼女たちの全力プレイのお蔭だと感謝しています。勝ち上がったチームも敗退してしまったチームにも、惜しみない拍手を送りたい気分で会場を後にしました。

皇后杯5.jpg

皇后杯6.jpg


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全日本U-15フットサル大会 [写真・撮影]

今年初めですから、もう半年以上前の話で恐縮です。

U-15フットサル01.jpg

U-15の全日本フットサル大会を撮りに行くことになりました。場所は体育館、ピッチは約36m×18mですから、高感度に強い機種で明るいレンズが必要、ということで、私は1DX2+EF70-200mm F2.8 L IS Ⅱを選択しました。サンニッパも持って行こうかな、とも思ったのですが、試合中の移動は禁止されているし、サッカーよりも遥かに動きが早く(バスケットボールやハンドボールに近い)、しかも撮影者との距離2m~30mを頻繁に移動する選手を撮るのですから、単焦点では撮り難いだろう、との考えからです(以前この大会を撮った経験もありましたし)。

U-15フットサル03.jpg

U-15フットサル02.jpg

結論から言えば、1DX2でISO-6400まで上げて1/500~1/800ぐらいで、もちろん全てRAWで撮りましたが、以前撮った時の1D4に比べれば、高感度ノイズの点では恩恵を受けられました。ただやはり、フルサイズに200mmではちょっと足らないとも感じました。なので、途中から多少のノイズは許容して、7D2も併用してみましたが、この激しい動きには1DX2のAFとの違いは感じましたネ。

U-15フットサル05.jpg

U-15フットサル04.jpg

以前のブログでも、この大会を撮りに行ったことを書きましたが、中学生と言えども、全国大会のトップクラスともなれば、撮影者と選手との距離が近いので、選手の息づかいや汗が飛び散る様、表情なども間近に迫ってきますから、なかなかの迫力です。そして、試合時間は短いけれど、選手は常に全力で動き、しかも素早い。これはサッカーよりも手強い被写体だと感じました。それともう一つ。フットサルの場合は特に、選手と選手が絡むシーンが望まれるということ。顔や表情がキチンと写っていることがベストですが、多少下向いたり横向いていても、体の動きで動感や闘争心を感じられる画が望まれるようです。JFAのプロの方と一緒に撮ってましたが、その方々の写真と私の写真を見比べて、そう感じました。私はまだサッカーの撮り方でした。初めてこの大会を撮った2014年に、次回が有ればリベンジを誓ったのですが、今回は半歩前進したのみでした。

U-15フットサル06.jpg

さて、上記の機材で撮るにあたって、もちろん私は一脚を使うつもりでした。ただ、耐荷重の点で余裕が無いよりも有り過ぎる方が良いのは分かりますが、いつもサッカー撮影で使っている Manfrotto 681B ではちょっと大げさすぎるかな、と思ってしまいました。そこでEF70-200用に、もう少し軽快に使える一脚を物色してみたところ、VANGUARD VEO AM-264 という製品を見つけました。台湾製らしいのですが、たぶんメインで使う一脚にはならないだろうから、耐荷重6kg、カーボンではなくアルミ製で充分。手が出しやすい価格に加えて決め手になったのは、体育館内で使い易そうな、足先端の石突きゴム部分の形状。そして傾きに対応できること。体育館内の撮影なんて年に一回ぐらいのものですけど、年末年始の慌ただしさの中、自分へのお年玉代わりに通販で購入してしまいました。

U-15フットサル08.jpg

しかし・・・
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高校サッカーダイジェスト Vol.21 [写真・撮影]

「高校サッカーダイジェスト誌 Vol.21」が発売されました。たぶん現在、書店に並んでいることと思います。

高校サッカーダイジェスト21.jpg

この雑誌、月刊誌ではないのですが、この時期には高校総体(インターハイ)特集号として出場全チームの登録全選手が載っています。そして(ご存知のように)、当県代表校に関しては、私が写真を撮るようになって4回目です。
たぶん高校サッカーの携わる方々や関係者、出場校の選手達やその保護者の方々がこの誌を見ることでしょう。私も実は見るのを楽しみにしていて、他のカメラマンがどういった写真を撮るのか、編集部ではどういった写真が好まれるのか、大変参考になります。今回も誌を見て思ったのは、「日差しが強かったから」とか「逆光だったから」とか「移動できなかったから」とか言うのは、単なる言い訳だということです。他のカメラマンはキッチリ結果を残してます。私もその点は頑張ったつもりですが、でもまだまだ反省や工夫の余地を実感しました。
年末には高校サッカー選手権があります。これの県大会決勝も、もちろん撮りに行くつもりですし、たぶん(クビにならなければ)この誌のカメラマンも兼務することになるでしょう。それまでに、まずは機材に対する練度を上げて、試合に掛ける選手の想いや姿をしっかり残せるようにしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - 写真・撮影 ブログトップ