So-net無料ブログ作成
日々の徒然 ブログトップ
前の4件 | -

さらば、アクア(後編) [日々の徒然]

アクア2-1.jpg

車幅はともかく、全高1455mmはライバルのホンダ・フィットより約70mm低い。これは前面投影面積を減らし、空気抵抗を考慮した結果だと思いますが、4人までなら窮屈という感じは少ないですね(5人乗車は法的にはできても、短時間でも無理)。かといって頭上や幅に余裕は無く、この大きさの車としては、特にパッケージングが良いとは言えません。特になだらかに弧を描くルーフの影響で、後席の頭上スペースは少な目です。このパッケージングとしては、ライバルであるホンダのフィットの方に軍配が上がると思います。
購入当初のインプレにも書いたように、リア周りの造形は、あくまで空気抵抗対策優先の感じがして、リアのラゲージスペースも最小限。リアバンパー辺りのデザインを工夫すれば、もう少し稼げるのにね。
ちなみに後席に2人乗せると、思ったよりリアサスペンションが沈んでサスストロークが足りず、後席の乗り心地は良くないです。ウチのアクアには、扁平率65%のダンロップ・エナセーブが標準で付いてきました。インチアップして55%あたりのタイヤに履き替えたら、舵の初期応答性も上がるかな、と画策した時期もありましたが、この後席の乗り心地が更に悪くなることが予想されたのでやめました。結局、3年間で34000km程を走って、このタイヤは3部山程度でしたから、5万キロは無理かな。

アクア2-2.jpg

さて、「このアクアという車をどう評価すべきか」ですが、1~2人乗って街中を走るには適した車だと思います。近距離の移動を繰り返しても燃費が悪化しません。というか、特に意識しないで普通に走っても燃費がすこぶる良い車です。年間距離数が多い場合は尚更そのメリットが享受できるでしょう。小型車ゆえに取り回しは良いので、駐車する際にも楽だし、1~2人乗って走るのなら、たとえ高速道路でも、必要十分なパワーもあります。前席の乗り心地も悪くない。ただやはり、燃費を第一に考えて作られた印象はあり、それ故に犠牲になっている部分もあると思われます。そこの部分を受け入れられるか、許せる環境なのか、で評価が変わってくるでしょう。セカンドカーだから、とか、会社の車だから、とか、家内の買い物専用車だから、とかならお勧めできるかもしれません。私が購入したアクアはマイナーチャン時前の初期型で、その後いろいろ改良されているようですから、現在のアクアはもう少し良い車になっていると思われます。結局のところ、所有欲を持たしてくれる車ではないかもしれませんが、実用車としては十分な車に違いありません。クルマ選びは自己の価値観と使用環境で選ぶべきで、私にはトータルでマイナス面が上回ってしまいましたが、巷にこの車が溢れているところを見れば、今の時代を代表する車なんでしょうね。
3年で約34000km、我が家の住人達をいろんな所へ運んでくれて、事故も故障も無く、去って行きました。もう他の誰かの手で、どこかの街を走っているのかもしれません。不満な点はありましたが、それは私の価値観と我が家の使い方による評価ですから、この点はしっかり書き加えさせていただきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さらば、アクア(前編) [日々の徒然]

我が家の車が、以前はハリアーとアルファードだったのが、アルファードを手放してハリアー1台になり、そしてそのハリアーに代わってアクアになったことは、ちょうど3年前にこのブログでご報告しました。そして、丸3年間乗ってきたこのアクアを手放すこととなりました。そのご報告と共に、アクアという車の印象を書き残しておきたいと思います。

アクア1-1.jpg

我が家は5人家族ですが、子供達が東京住いとなってしまったからには、1台の車に5人が乗るという事が殆ど無くなりました。それならば、日常使いで小回りが利き、燃費の良い車で充分、との考えでこの車を選んだのですが、確かに燃費に関しては想像通りでした。カタログ燃費は1リッター当たり34kmですが、実際の日常の近距離の使い方で20km程。以前のハリアー4WDの5~6kmに比べれば雲泥の差で、この点では大いに家計を助けてくれました。高速道路を多用すると22~23kmへと向上しますが、一般車に比べれば伸びしろは少ないですね。それと、真夏・真冬のエアコンがフル稼働する時期には、どうしてもエンジンがかかっている時間が長いので、燃費が落ちてしまいます。でも3年間乗ってトータルで20kmぐらいの燃費なら、このクラスのハイブリッド車として十分でしょう。私としては初めてのハイブリッド車でしたが、モーターのみの走行からモーター+エンジンに切り替わった際(又はその逆)のショックや違和感は少なく(音で分かる程度)、この点でハイブリッド車の熟成は進んでいて、今や街中で当たり前のように見られるのは当然かと思いました。
ハンドリングを云々する車ではないかもしれませんが、低重心のために、思ったよりもスイスイ走れます。モーター+エンジンのパワーは、スポーツ系の車のようにパワフルではありませんが、かといって不足無いものでした。それとサスガにトヨタ車、外装塗装は素晴らしい。特にコーティングなどしていないのに、一年に2、3回ほど洗車機で洗っていただけなのに、この3年間で塗装の劣化をあまり感じません。
この3年間を振り返ってアクアの長所を考えてみれば、こんな感じです。逆の短所を以下に書きますが、実はその短所の方が多かった故、手放すことにしたのです。

アクア1-2.jpg

まず私が一番の不満だったのが内装。これまで何台ものトヨタ車に乗ってきましたが、クラスを問わず、トヨタ車の内装に不満を持ったことなど無かったのですが、アクアの内装だけはいただけません。上の写真は助手席のフロント周りですが、ダッシュボードには表面の質感を変えたものが何段か貼られてます。一見良さそうなのですが、どれもプラスチック丸出しで安っぽい。これなら、色や表面処理を変えたものを幾つか貼る必要も無く、もう少し良いもの一枚でよかったのではないか、と思ってしまいます。

アクア1-3.jpg

前席に座ってドアを閉めると、フロントとドアの内装を別の人がデザインしたんじゃないか、と思えるような、ダッシュボード端とドアトリムとの間に不自然な段差が有って(上の写真で分かって頂けるでしょうか)、機能に支障は無くてもデザインとしては×でしょう。この点も実にトヨタ車らしくない。私のアクアはグレードがSなので、ハンドルもウレタン製。最近のウレタン製ハンドルはもっと手触りが良いものが多い中、これも安っぽい感じ。写真では分かりにくいかもしれませんが、ハンドル中央部のパネルも(オーディオ類のスイッチが付いてます)プラスチック丸出しで、今どきの普通車の内装としては辛い点数しか付けられませんね。
フロント周りのデザインにしても、エアコンの温度調節ノブが何でこんな大きい必要があるのか、こんな良い場所に滅多に触らない時計調整パネルがあるのか、それならば設定温度を表示する液晶パネルをもっと大きくしてほしかった、と思います。
メーターパネルはセンターにありますが、これは直ぐに慣れます。速度がデジタル表示なのも、直ぐに慣れます。けれど、このハイブリッド車で一番大事な、バッテリーの充電状態を示すメーターが、なぜにこんなに小さいのか。ハイブリッド車に乗っている以上、結構頻繁に見るのですが、小さくて表示が荒くて、不満でした。もっとも、ハイブリッド車が既に市民権を得ている現状では、このバッテリー残量メーターなど気にせずに普通に乗れ、ということなのかもしれませんが。

アクア1-4.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京 2017 [日々の徒然]

東京へ行ってきました。

tokyo-01.jpg

東京に居る子供達3人に会いに行ってきました。本来私には、お盆休みと言うものが無いのですが、たまたま休暇がとれたので(ちなみに家内はお留守番、というか仕事で行けず)。
私一人が行くとなると、やっぱりこんなところ↓ へ。

tokyo-02.jpg

マップカメラって初めて行きましたが、思っていたよりもコジンマリとしているのですね。意外でした。
もちろん、ヨドバシも覗いてきました。

tokyo-03.jpg

でも、中野のフジヤカメラが一番面白かったですね。ジャンク館に長居してしまいました。

tokyo-04.jpg

自宅から東京までは自動車にて、そしてコインパーキングに留め置いて、都内の移動はバスと電車です。ほとんどの方がノーコインで利用してますね。切符を買うのに財布からジャラジャラと出すのが、少し恥ずかしかったです。
しかし、東京の人はよく歩きますね。幸い、我が田舎に比べて涼しかったので助かりましたが、人も多ければ、歩く速度も速い。地方ではすぐ「車」ですから、ちょっと疲れてしまいました。田舎者ですよねぇ~
それと、私が住んでいた頃(ちょうど30年前)に比べれば、随分と国際的になったような。新宿の街を歩いていると、何種類もの言語が耳に入ってきますし、外国語表示も多くなりました。東京オリンピックの影響でしょうか。

tokyo-05.jpg

上の画は新宿駅西側ですが、この画は昔とあまり変わってないかな、と感じた一枚です。あの頃、私がこの大都会の住人であった頃、自分の街として悠々と闊歩していたのに、今はすっかり見る影もありません。その代わり、子供達は何不自由なくこれらの街を受け入れています。先月の家族旅行で逢ってますから、「久しぶり感」はないのですが、しっかりこの東京で、地に足を付けて暮らしていることが確認できたことが、今回の成果です。
私はこの30年の間に、幾つもの選択をし、幾多の道を選び、いや時には強いられて、今に至っています。我が子達も、今はスイスイ新宿の街を歩いていますが、これから先、どのような道を選び、進んでいくのか分かりません。それはたぶん今、本人に聞いても、確信を持った答えとしては返ってこないでしょう。でも、それで良いのだと思います。私は親として、子供達に多くの選択肢を持って欲しいと望んできたのですから。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

壊れる前に [日々の徒然]

夏の話題をもう一つ。

壊れる前に.jpg

私の子供の頃、「朝晩の涼しい時に勉強しなさい」と言われていたのが昔話になるように、たぶんこの時期、皆さんのお宅でもエアコンがフル稼働しているのではないでしょうか。実は先日、私の両親の住む家(ウチからはすぐ近く)で、エアコンが壊れました。しかも寝室に付いていたエアコンです。「エアコン無くては寝られない」という両親に代わって、馴染みの店に申し出たのですが、「もう10年以上経っているエアコンでは、部品が無いので修理はできません。取り換えになります」と言われました。まあそうでしょうね。で、早急にやってほしいと頼み込んで、2、3日後には新品になったのですが、工事費込みのお値段は、なかなかのものでした。付け替え工事にも立ち会ったのですが、汗びっしょりになって丁寧に取り換えてくれた方を見ていると、この値段も仕方ないか、と思ってしまいました。
毎週末に新聞に折り込まれて来る電気店のチラシは、この時期は「エアコン大特価」の見出し文字が目立ちます。需要が多いのでしょうね。実は私の寝室のエアコンも2008年製ですから、もう9年経ってます。もしコレが壊れたら、私も同じ目に合います。で、こうしたチラシを見続けていると、春・秋のオフシーズンだと一割ほど安いようです。そこで、10年使ったら、暇な時期に取り換えようと画策しています。忙しい時に無理言って取り換えるなら、暇な時に「安くしてね」は言えるかな~、と思うからです。確かに、壊れてもいないのに破棄するのは「もったいない」話なのかもしれません。けれど壊れたら困る機器ほど、一番必要な時期に壊れるものです。なので我が家では、そんな機器は計画的にシーズンオフを利用して取り換えるように考えてます(計画通りにいかないこともありますが)。「もったいない」かもしれませんが、その方が安心だし効率的だ、と自分で納得させているせいなのですがネ。
先日書いたパソコンの3.5inch HDDもそうで、約5年または2万時間を目安に定期的に交換しています。お蔭でHDDがクラッシュするようなことは、PCとの付き合いが長いにも関わらず、未だ経験してません。尤も、壊れる時は1年未満でも壊れますから、単にラッキーなだけかもしれませんが。そういえば、今使っているPC、2013年秋に半自作で導入したものですから、もうすぐ丸4年です。仕事に、趣味に、と毎日使っているので、これも無くてはならぬ機器です。来年あたりから、次世代機を模索しようかな~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - 日々の徒然 ブログトップ