So-net無料ブログ作成
日々の徒然 ブログトップ
前の4件 | -

初詣ミステリーバスツアー [日々の徒然]

正月気分もすっかり抜けてしまった時期ですが、初詣を兼ねて日帰りバスツアーに行ってきました。

初詣ミステリー01.jpg

毎年同じところに初詣に行くのも良いのですが、「今年はちょっと違った所へ行きたいね」という訳で、家内が探して申し込んでくれました。申し込み時点では何処に行くのか分からないミステリーツアーです。行ったのは我々夫婦と愚息1号&2号の4人。バスに乗ってみるとほぼ満席。中年以上の方が多かったですね。

初詣ミステリー02.jpg

まずバスが立ち寄ったのが「千代保稲荷神社」。京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷とともに、日本三大稲荷の一つともいわれることもあるらしく、地元では「おちょぼさん」と呼ばれています。商売繁盛の神社で、実は私も過去何度か行ったことがあります。ここはまず入り口で、お供えとして稲藁で結んだ油揚げとロウソク(50円)を購入して参拝します。

初詣ミステリー03.jpg

次は、ちょっと早めの昼食。関ヶ原にある「鉄板ダイニング 天満」という店です。

初詣ミステリー04.jpg

目に前の鉄板でシェフが焼いてくれる近江牛を堪能するのですが、確かに美味しい。でも本音は、肉が小さい! もうちょっと量があればなぁ。

初詣ミステリー05.jpg

次にバスが停まったのは、多賀神社。この地方(滋賀県)では著名な神社。立派な社殿に拝礼してから、恒例のおみくじ。今年は「中吉」でした。

初詣ミステリー06.jpg

次に、今年の干支である犬にちなんで「犬上神社」に参拝し、最後にこの地方の由緒ある酒蔵へ。鏡開きの雰囲気と新酒の試飲を堪能してから帰路に着きました。

初詣ミステリー07.jpg

初詣ミステリー08.jpg

このツアーでは、戌年にちなんで「ワンワン」ということで、11種類のお土産が付いてくるのですが、その一つの「よもぎうどん」を、帰宅後に早速いただきました。山菜をちょっと入れてシンプルな出汁で。蕎麦のように細いのに、うどんのモチモチ感があって、なかなか美味しかったです。

初詣ミステリー09.jpg

そんな訳で、我が家の初詣も終わり、子供達も元の生活の場に戻り、私たちの正月も終わりました。私のおみくじの相では、今年は新しいことに挑戦する年とか。さて、如何に・・・

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

スパイクから革靴へ [日々の徒然]

スパイクから革靴.jpg

快晴の今日、愚息2号の成人式でした。
ちょうど我が家に集合した愚息2号とその同級生たち。揃いのスーツ姿は、皆まだ着慣れた雰囲気ではないけれど、新鮮でした。そして意気揚々と、成人式会場に向かって歩いて行きました。
もし、僅かに何かが足らなければ、今日は私がこの子の車椅子を押して会場に行くことになっていたかもしれません。それを思えば、何と幸せなことでしょう。愚息は今まで試合前にはスパイクを磨いていたのに、昨日は革靴を磨いていました。
この20年の間、我が家を取り巻く環境は大きく変わりました。我が家の場所も変わりましたし、私の仕事も変わりました。この子の姉と兄は、今は東京住まいで、この子もそうです。5人で食卓を囲んでいた頃に比べれば、寂しくなった、とも言えるでしょう。でも晴れやかにこの日を迎えられたことを、親として嬉しく思います。
選挙権が満18歳以上になり、成人式も18歳で行う案もあるそうです。20歳はもう大人です。まだ学生の身なれど、大人としての責任を自覚し、これから先の大海を進む術を考えねばならないでしょう。でもそれは明日からでも遅くはない。今日一日は、喜び、祝う日で良いと思います。
ありがとう。そして、おめでとう。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイアリー [日々の徒然]

この時期の話題をもう一つ。

ダイアリー.jpg

今、書店や文房具店には様々な日記帳が売られています。ビジネス用途が主なものや、全く個人の日記風のものありますね。実は私、決して「筆まめ」ではないのですが、20年ほど前からこういった日記帳を使っています。最初は仕事上の事を書くのが主でしたが、最近では日常生活の何でもない事を書いてますね。いや、「書いてる」とはちょっと違って、その日に有った事をメモ書きしている程度です。それでも書き忘れた日も有って、「え~っと、一昨日は何をやってた?」などと暫し考える始末。歳は取りたくないものですねぇ。
で、今使っているのが2017~2019年の3年運用ダイアリーというもの。以前はこの時期に毎年一冊買っていたのですが、こんな書き方では空白の方が多くて無駄かな、と思い、2014年から3年使えるこのタイプにしました。最初は年が改まったのに気分が一新しないかな、とも思ったのですが、実際に使ってみると、「去年の今日は何をしていた」というのが一目瞭然で、これはこれでなかなか興味深くて分かりやすい。そのお蔭か、1年毎のタイプに対して空白が少なくなったようです。
もう人生の折り返しをとっくに過ぎてしまった身としては、これから先の一年一年は大事にして生きて行きたい、と毎年この時期に思うのですが、なかなか思うようにならないのが浮世の事情。この世をそんな「浮世」と呼ぶのならば、他愛も無い足跡ぐらいは残しておきたいものだと思っています。
(それとも、このブログこそが私の真のダイアリーなのかな)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | - 日々の徒然 ブログトップ