So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
前の4件 | -

4TB HDD [パソコン]

先日、いつもお世話になっている近所のパソコンショップに顔を出してみたら、「本日限り特価」の張り紙が。4TBの3.5inchのハードディスク(HDD)が12000円ちょっと。こりゃ~、価格コム最安値より安いじゃないか、と買ってしまいました。

4TB-01.jpg

毎年膨大な量の画像dataが貯まっていく保存先として、私がHDDの二重保存をしていることは、以前にも書きました。HDDが4台収納できる外付けケースに入れてあって、今は3TBを使ってますが、当時は2TBが一番割安だったので、2TB HDDが4台既に収納されています。そんなに頻繁に電源を入れる訳ではないので、駆動時間にはまだまだ余裕があると思っていたのですが、その中で最も古いものは2008年製。で、今回4TBを手に入れたので、2TB 2台をまとめてしまおう、ということに。

4TB-02.jpg

まずはフォーマットですね。さすが4TBともなると時間がかかるので、これは寝ている間に(それでも9時間もかかってしまいましたが)。昨年導入した東芝製3TB HDDは、7200rpmでキャッシュが128MBで、アクセスの速さには満足してますが、それなりの駆動音がするタイプ。それに比べて今回導入したWestern Digital製のWD40EZRZはとっても静かです。で、フォーマット終了後にいつもように計測してみた結果、以下のようになりました。

4TB-03.jpg

まあ、7200rpmと5400rpmですからね、結果自体は予想通りでしょう。現在頻繁にアクセスしているのは東芝製の3TBの方ですし、WD製の方はあくまで過去のデータ保存用と考えれば、十分納得です。
今でも、1GB当たりの単価が最も安いのがHDDですし、6TBや8TBのHDDも出てきましたが、一番お買い得なのは2~4TB辺りですね。今回の導入で余裕もできましたので、しばらくこの体制で使い続けてみようと思います。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ThinkPad E-450 [パソコン]

現代人にとってはネット環境は必須です。我が子が新たな住まいを始めるにあたって、その点も考慮に入れなければならない、つまりは家賃の他に、ネットに関する費用も含めて考えなければなりません。ただ今回、愚息2号の部屋探しに行った東京多摩地区の比較的新しい物件では、既に標準装備されている所が多く、入居者用の暗号キーを入力すれば直ぐに無線LAN(Wifi)は繋がり、必要とあれば壁のLAN端子に有線で繋げられるようになっています。我が子(長女)が初めて東京に居を構えた時は、NTTの光回線を申し込んだり、プロバイダーを選んだり、端末装置とパソコン(PC)との接続設定が必要だったりしたのが、現在は進んでますね。
小型携帯端末であるスマートフォンがこれほどまで普及した今、大抵のことはソレで賄えます。事実、東京住い9年目の長女などは、WifiとiPhoneさえあれば不自由無し、と言ってます(長男はやはりPCが必要でしょう)。この春から大学生の愚息2号にしても、たぶん同様なのでしょうが、大学生となればレポートなどを作成することもあるでしょうし、大学にPCを持って行くこともあるかもしれない。冷蔵庫や洗濯機と同様、ここはやはりPCを持たせてあげたいと思いました。
さてそこでPC選びです。私が想定した条件は以下のとおり。
・ノートPCであること。しかもモバイル性を考えて、重量は2kg以下
・モバイルPCでは液晶画面は11~13inchが多いけど、14inchが欲しい
・この液晶サイズなら、解像度はFULL HDでなくてもOK
・光学ドライブは、最近ではあまり使わないだろうから、無くてもOK
・CPUは、特に重い作業はしないだろうから、celeronでもイイけど
・メインメモリーは4GBは欲しい
・HDDよりSSDがイイ
・バッテリー駆動時間は、公称で8時間以上
・Wifiは最新のacでなくてもOK
・OSは当然、Windows 10 64bit
・できるだけ安価
以上の条件で、いろいろ探してみました。ショップのBTOも考えましたが、デスクトップならまだしも、ノートPCではちょっと遠慮しました。で、たどり着いたのが、「Lenovo ThinkPad E450」です。
http://shopap.lenovo.com/jp/notebooks/thinkpad/edge-series/e450/
thinkpad1.jpg

Lenovoは昔のIBMで、今は中国のメーカーですね。PCの世界では、中国や東南アジア製のパーツが殆どですし、国産メーカーにこだわる必要もないかな、と思いました。既に旧型製品になってますので、ネットで注文すれば(Eクーポンで10%off)5万円を切ります。CPUも一世代前とはいえ、Core i3ですしね。ここで標準装備のHDD 500GBをSSD 120GBに変更しましたが、それでも5.5万円を切る値段です(税込、送料無料)。モバイル的にはスタイリッシュではないですが、ここは妥協。この構成で注文したら、「中国で組み立てて船便で送るので、納期は2週間後」とのメールが来ました。旧型でもオーダーがあれば組んでくれるのですねえ。

thinkpad2.jpg

さて、先日到着して、早速開封。実にシンプルで、本体と電源コードのみ入っていて、マニュアルや保証書らしきものは無し(シリアル№で管理されているとか)。その電源コード類も、まあ許容範囲の大きさに留まっているかな。で、電源ON。やっぱり初期設定では液晶画面が明るすぎるので調整しましたが、ノングレアはイイけど、この液晶パネルが唯一コストダウンを感じさせる所で、キーボードなんかはサイズも打ち心地も良く、濃いグレーのボディは指紋が付かない仕様なのも好感。SSDですから音もしなければ、あまり熱くもなりません。ただ、Windows 10がね~、分からないんですよ、私はまだ。只今最適な設定を模索中です。
パソコンというのは、今や有って当たり前の家電製品化しましたが、かといって一生物でも10年、15年と使うものでもないと思います。このPCにしても、愚息が使っていくうちに、もっと軽いのがイイ、もっと大画面がイイ、もっと処理速度が速いのがイイ、と不満が出てくることでしょう。その時は、その時点でまた最良の選択をしていけば良いと思います。とりあえず、最初の門出のお供には良い選択だったと、(現時点では)思ってますけどネ。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年仕様にしよう!?(後編) [パソコン]

前回、ディスクドライブをDVDからブルーレイに替えたことを書きましたが、初売りセールで購入したものがもう一つ。それは、グラフィックボードです。

2016年仕様3.jpg

ディスクドライブと同様に、2013年秋にこのPCを組む時に迷ったのが、グラフィックボードの有無でした。PCでゲームをしない私には必須とは言えず、いくら大量の静止画、しかもRAW画像を扱うと言っても必須とは言えず、CPU内蔵のGPU(Core i7-4770のIntel HD グラフィックス 4600)でも充分でした(予算的な点もありましたが)。ただ7D2を導入して、その2000万画素の静止画をパッパッパッと連続で開いた時に極僅かに遅さを感じたのと、ブルーレイビデオを見るのに内蔵GPUで大丈夫か、という点も気になったりして。静止画の方は、多分に気分的なものだし、ブルーレイビデオの再生の件も、PCショップの店員さんに言わせれば問題無しとのことでしたから、今回はスルーしようかなとも思ったのですが、「表示価格から2500円引き」の文字に釣られて手を出してしまいました。購入したのは、「ELSA GeForce GTX 750 Ti 2GB」です。

2016年仕様4.jpg

このグラフィックボードを選んだ理由は、ミドルクラスで十分な性能であること、将来の為に4K対応であること、薄型のファンで全長184mm、シングルスロット&PCI Express補助電源コネクタが不要な点は、今後どのPCにも流用できそうなこと、です。増設は至って簡単、PCケースを開けて、PCI Express 3.0 スロットに差し込むだけ。後はこのボードにモニターケーブルを付け替えて、ドライバーのインストールをして終わり(ドライバーも付属のものではなく最新のものに)。
で、どうなったかと言えば、特段大きな変化無しで、それはまあ予想されたこと。色の再現性が良くなったような気がしますが、あくまで「気がする」程度のことで、動画を見ても同様。私のような使い方では、グラフィックボードはあくまで余力、ということなんでしょうね。ちなみに、エクスペリエンス インデックスは下の画のように。グラフィックスのスコアが、6.7から7.7に上がりました。

2016年仕様5.jpg

さて、後はOSをWindows 10にすることで2016年仕様が完成なのですが、これにはちょっと慎重になってしまいました。OSが変わるのは大きな変化で、いろいろ対処せねばならない事も出てくるでしょうから、予備知識を蓄えたうえで行うのが、今までの経験から無難であることを分かっています。時間的余裕が充分ある時で、各種情報が出揃ってからでも遅くはないかな、と思っています。

2016年仕様6.jpg


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2016年仕様にしよう!?(前編) [パソコン]

現在私の使っているメインのパソコン(PC)は、2013年秋に半自作で手に入れたミドルタワー型のデスクトップです。データ保存用のハードディスク(HDD)が増設しやすいのが最大のメリットで、実際それを行った記事も以前書きましたが、性能的にも未だ満足いくもので、まったく快適に使っています。この年末年始の時期には、新年用のHDDを工面するのですが、今回は昨年増設した3TBにまだ余裕が有り、その必要は無し。ただ、近所のPCショップの初売りセールのチラシをツラツラ見ていくと、気になったものもあったりして。今回は、メインPCにちょっと手を入れましたので、その話を。

2016年仕様1.jpg

このPCを組む時に、ディスクドライブをどうするか迷いましたが、その当時の自分的にはブルーレイをデータ保存用に使う気はなく、ならばDVDドライブで充分との判断で、Pioneer DVR-S20をチョイスしました。信頼感でパイオニア製を選んだのですが、実際使ってみると結構な回転音がして、「パイオニア製は静か」という印象は見事に裏切られました。それに加え昨年秋から、イジェクトボタンを押してもトレイが出てこない、という状態になって、ピンを差し込んで強制的にトレイを出せば、書込み読込みできるのですが、ちょっと不便さを感じておりました。そこで今回、ブルーレイドライブに入れ替えることにしました。今でも、データ保存用にブルーレイを使うことは無いのですが、レンタルビデオで借りてくる映画も、最近はブルーレイが多くなったので、それも理由の一つです。チョイスしたのは同じくパイオニア製の、BDR-209BK(バルク品)です。近所のPCショップで9000円程で購入。

2016年仕様2.jpg

増設ではなく入れ替えですから、作業は至って簡単。SATAケーブルも電源ケーブルもそのまま使えますしね。電源を入れればすぐに認識してくれました。後はドライバーを最新のものにして呆気なく終了です。表面にはパイオニアのロゴやブルーレイのマークがありますが、白文字ではないのでパッと見には分かりません。この点は地味ですが、PCケース自体が派手ですから、個人的には不満無し。試しにディスクを入れてみると、これが静かで、今までとは大違い。このドライブに付属しているソフト「Cyberlink Media Suite 10」をインストールしたのですが、問題なくビデオを再生できました。これで今年はブルーレイビデオを楽しみたいと思います。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。