So-net無料ブログ作成
サッカーあれこれ ブログトップ
前の4件 | -

すそ野にて 6 [サッカーあれこれ]

愚息1号が現役を退いたのはちょうど8年前、高校最後の試合でした。その後の大学生活では海外に興味が移り、異国を旅したことを度々このブログで紹介させていただきました。その大学も卒業して、社会人として今年3年目になりますが、やはりサッカーは欠かせないようで(幼稚園児からボールを蹴ってましたしね)、社会人になってからオジサン達のサッカーチームで年何回か試合に出たりしています。そして毎年9月に、静岡県の時之栖で一泊二日の大会に参加するのが恒例になっています。勿論それを撮りに行く私も、恒例になってます。

すそ野6-1.jpg

聞けば、20代から40代の方達が殆どで、勤めている会社もバラバラ。特に毎週のように練習する訳でもなく(東京じゃあグランドの確保も難しいでしょう)、たまに集まっては手ごろな大会に参加するような、そんな同好会的チームです。ちょっとお腹の出たオジサン、5分も走ると息が上がるオジサン、そんな方々の集まりなのですが、皆さんサッカー経験者。現役当時は全国的に強豪校のレギュラーだった方もいます。大都会でのビジネスワークを強いられても、やっぱり皆さんサッカーが好きなんだなあ、と撮っていて伝わってくるものがあります。いや、ただ好きなだけでなく、いざ試合となれば後先考えずに走り、勝ちに行き、ゴールを決めれば喜び、負ければ悔しがる、そこにはやはり真剣勝負の匂いが有ります。

すそ野6-2.jpg

すそ野6-3.jpg

このチームは全員がJFAに選手登録をしていません。公認チームでもありません。たぶん、この大会に参加している殆どのチーム、参加者がそうだと思います。その意味で、日本代表を頂点とするサッカーピラミッドの一員ではないのです。確かにそうした「選手」だった過去を皆さんお持ちでしょうが、今はそうではありません。けれど、私は見ていて、彼らは「選手」だと思ってしまいました。確かに走れないし、戦術的にどうこうできる訳でもなく、レベル的には低いでしょう。でもここでは、全員が真剣にプレーし、勝とうという意欲が有り、持てる力をぶつけているのです。つまり「選手」と呼ぶために欠かせない要素を、彼らは持っているのだと感じました。

すそ野6-4.jpg

以前、家族や友人達でチームを組んで参加する、フットサルの大会を撮りに行った話(笑顔の大会)を書いたことがあります。その大会に出ている殆どの方が選手登録していませんが、それでも皆さん楽しくボールを蹴っていました、笑顔で。それに比べると、試合中の笑顔など無く、気合で足を動かして闘っているこのオジサン達は、もう少しサッカーピラミッドに近い存在なのかもしれません。でも、ピラミッドの構成にも入らない、すそ野より更に外に居る方々です。でも私は、選手だと思いました。そして、そんな方々がいるからこそ、選手登録を問わない大会や試合が存在し、それを広義の「すそ野」と考えるならば、サッカーというスポーツのすそ野は意外と広いのかも、とも考えてしまいました。
「日本のサッカーは、未だに体育の延長線上にある。強豪国のように、サッカーが文化にはなっていない」ある著名な方の言葉を思い出しました。サッカーは、より高みを目指す若者だけが選手ではない。シニア世代になっても選手登録して、シニアの大会に出ている方も勿論いらっしゃいますが、それだけでなく、仕事をしながら暇を見つけ、たまに集まっては出れる大会に出て「真剣勝負を楽しむ」、そんな方々がいても良いのではないでしょうか。そんな大会や試合が有っても良いのではないでしょうか。それが日本で、サッカーが教育の一環としてではなく、文化として根付く一歩、礎になるとは言えないでしょうか。

すそ野6-7.jpg

愚息1号がこのチームのゴールマウスを守るようになって3年。毎年参加しているこの大会で、今年の結果は優勝でした。初日には、「決勝トーナメントに行けたらイイなあ」だったのに、あれよあれよと勝ち進み、決勝は気合でゴールを捻じ込んでの優勝。監督さんは、思わず男泣きしてました。これまでの過程を顧み、いろんな思いや努力が結実した証拠なのでしょうね。私も久しぶりに、愚息のファインセーブも見れたし、気持ち良くピッチを後にすることができました。来年はディフェンディングチャンピオンのチームの一員として愚息2号も来るでしょうから(今回はケガで不参加)、来年も必ず撮りに来こうと思っています。

すそ野6-5.jpg

すそ野6-6.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカーって [サッカーあれこれ]

昨日、8月最後の日に、サッカー日本代表は2018年ワールドカップ出場を決めてくれました。見られていた方も多いことと思います。もちろん私も、素晴らしい試合に感動しました。そして安堵感と共に、「サッカーってやっぱり素晴らしい!」って再確認しました。頂を高くするには裾野が広くなければならない、と以前のブログで書いたことがありますが逆に、頂が高ければ裾野が広がる、とも言えます。日本がワールドカップに出続けてこそ、それを目指す子供達が増えていきます。そしてそれを後押しする保護者の方々も増え、その写真を撮ろうとする方々も増えると信じています。それら多くの方々に負けないよう、私自身も撮り続け、精進し続けなければ、と思いました。
これは余談ですが、昨日の試合で先制点を挙げた浅野拓磨選手は我が県出身。高校1年生の時から試合に出てましたから、もちろん私は撮っていました。けれど、なかなか撮るのが難しい選手でした。相性の問題かな、と思ったこともありましたが、今にして思えば、彼の非凡な才能が、私の当時の予想と腕を超えていた故だったのでは、と思えます。下の写真は、たぶん彼の高校最後の試合で撮ったものです(2012年12月9日撮影)。

サッカーって3.jpg

さて、8月が終わってしまいました。毎年8月と言えば、天皇杯の県代表を決める大会が有ったのですが、今年から日程変更で4月になったものですから、私のとってこの8月は、撮るべき大会や試合が無い一ヶ月でした。サッカーを撮り始めてまもなく丸15年になりますが、こんな夏は初めてです(もう愚息2人とも現役ではないですしね)。定かではありませんが、日本の酷暑を考えて、JFAが日中の試合や大会を控える旨の指示があったのでしょうか(ナイターはOKみたいですが)。そういえば我が愚息の母校も、この夏休みの通常練習は午前8時~10時になったそうですし、近所の中学校も、午後はグランドに誰も居ませんし。
しかしその分、これから先には重要な大会や試合が毎週のようにあります。一ヶ月もブランクがあると(これまでの経験から)試合勘が鈍っているに違いなく、少しでもそれを取り戻すために、先週末に再開された高校サッカーの県リーグ戦を撮りに行ってきました。

サッカーって1.jpg

いや~、やっぱり暑かったですね。しかも人工芝グランドでしたから、反射光やら反射熱で難しく、結果は散々でした。毎年夏の終わりには真っ黒に日焼けしているのが常な私ですが、今年はそれほどでもなく、今になってやっと赤黒い顔になってきました。
年々落ちる体力と集中力を感じつつ、それでもまだまだ撮り続けます。

サッカーって2.jpg

サッカーって4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

前転・後転 [サッカーあれこれ]

前転.jpg

中学生のサッカークラブの某監督と雑談をした際、こんな話を聞きました。
「最近の子ってねぇ、前転のできない子がいるんだよ」
「前転って、あの地面に手をついて頭からクルッと回ることですよね」
「そうそう。できないっていうか、きれいに回ってスッと立てない子がいる」
「へ~、そうなんだ」
「後転をさせると、斜めに回ってしまって立てない子が、新入部生の中に毎年2,3人はいる」
「う~ん、確かに私が子供の頃にも、そんな奴はいましたけど」
「だけどね、そんな子でもボールを触らせれば上手いんだよ。リフティングやドリブルなんか人一倍上手かったりする」
その監督さんは呆れ顔で言ってました。そしてそんな状況なので、入団した新中学1年生には、まず前転と後転をさせて、キレイにクルッと回ってスッと立てるようになるまでボールに触らせない、と言っていました。
「これって、ちょっとおかしいよね。そんな所から始めなくちゃいけないのかなあ」

後転.jpg

私が小学生の時も、運動が苦手な子がいましたし、それはたぶん現在もそうでしょう。子供とはいえ、得意・不得意なことはありますが、前転・後転なんかは実に基本的な事で、できて当たり前だと思うのです(私のようにメタボになってしまうと分かりませんが)。問題なのは、それが満足にできないのに、サッカーの技術だけはある、ということ。小学生の間には、こんな前転や後転、鉄棒の逆上がりなどの基本的な運動能力は身に付けるべき時期だと思うし、その上乗せでボールを扱う技術を積み重ねるべきだと思うのですが、現実にはそうでない子もいる、とその監督は言うのです。それではその後の選手としての成長が見込められない、と。そして、こう付け加えて言うのです。「俺がそんな前転・後転ばかりさせていると、せっかくクラブチームに入れたのに、って保護者から文句が出るんだよ」
習い事というのは昔からありましたし、私の子供の頃(もう半世紀ほど前になりますが)には、そろばん塾に行くのが当たり前でした。今でも、書道や楽器、絵画などの文化的なものもありますが、子供の心身の成長の為にと、スポーツ系の習い事に行かせることが珍しくありません。ただ、お金を払っている保護者としては、せっかく行かせているのだから、と何らかの見返りを期待したい気持ちもあるでしょう。それが競技会の成績だったり、試合結果だったり、トレセンに選ばれることだったりします。でも本来の意義は、スポーツを通しての心身の成長です。成績や結果が良ければ、新たな目標やモチベーションのアップに繋がるでしょう。でも、例えそうならなくてもイイと思うのです。小学生だって人間です。向き不向きがあります。途中で方向転換しても一向に構わないと思うのです。急激に成長するこの小学生の6年間には、自分の体を目一杯動かすこと、それが大切だと思った次第です。
小学校や中学校のグランドは、ほとんどが土です。泥だらけ、砂だらけになって帰ってきた子供に、「こんなに服を汚して。一回洗ったくらいじゃ落ちないわよ」などと言ったことがありませんか。そんな言葉に子供は敏感です。良い子はきっと次からは、服を汚さないようにするでしょう。でもそれで良いのでしょうか。今の洗濯機や洗剤は高性能ですから、きっとそんな言葉は無用だと思いますよ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jリーガー [サッカーあれこれ]

今年はオリンピックイヤーということもあって、スポーツの話題が事欠かない一年になりそうですね。私が主に撮っているサッカーにしても、オリンピック本大会出場を決めましたし、もう今週末からJリーグが始まります。
ここで興味深い記事を見つけました。2016年の開始時点で国内の38都道府県に拠点を置くJ1、J2、J3の53クラブに所属するJリーガー1516人を、出身都道府県別に分けてランキングしたものです。見やすいように表にしてみました。まず下位から。

Jリーガー1.jpg

福井県の0人は残念な結果ですが、今後に期待しましょう。下位の県は、まあ人口の少ない県が並んでいるのが分かります。47都道府県で14番目に人口の多い宮城県が25位というのが目立つぐらいでしょうか。では、上位は。

Jリーガー2.jpg

三重と滋賀は、自県にクラブが無いのにTOP20入りですが、やはりトップ10は大都市圏になりました。サッカー王国といわれる静岡県は、人口では第10位ですが、ここでは6位を確保しましたから、納得のいくところでしょうか。東京・神奈川は他を引き離していますから、我が子をJリーガーにしたいなら、首都圏に住むのが一番だ、ということになるのでしょうかね。でも人口が多いのですから、競争率は高そうですね。
そこで・・・


そこで・・・


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - サッカーあれこれ ブログトップ