So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカーあれこれ ブログトップ
前の4件 | -

前転・後転 [サッカーあれこれ]

前転.jpg

中学生のサッカークラブの某監督と雑談をした際、こんな話を聞きました。
「最近の子ってねぇ、前転のできない子がいるんだよ」
「前転って、あの地面に手をついて頭からクルッと回ることですよね」
「そうそう。できないっていうか、きれいに回ってスッと立てない子がいる」
「へ~、そうなんだ」
「後転をさせると、斜めに回ってしまって立てない子が、新入部生の中に毎年2,3人はいる」
「う~ん、確かに私が子供の頃にも、そんな奴はいましたけど」
「だけどね、そんな子でもボールを触らせれば上手いんだよ。リフティングやドリブルなんか人一倍上手かったりする」
その監督さんは呆れ顔で言ってました。そしてそんな状況なので、入団した新中学1年生には、まず前転と後転をさせて、キレイにクルッと回ってスッと立てるようになるまでボールに触らせない、と言っていました。
「これって、ちょっとおかしいよね。そんな所から始めなくちゃいけないのかなあ」

後転.jpg

私が小学生の時も、運動が苦手な子がいましたし、それはたぶん現在もそうでしょう。子供とはいえ、得意・不得意なことはありますが、前転・後転なんかは実に基本的な事で、できて当たり前だと思うのです(私のようにメタボになってしまうと分かりませんが)。問題なのは、それが満足にできないのに、サッカーの技術だけはある、ということ。小学生の間には、こんな前転や後転、鉄棒の逆上がりなどの基本的な運動能力は身に付けるべき時期だと思うし、その上乗せでボールを扱う技術を積み重ねるべきだと思うのですが、現実にはそうでない子もいる、とその監督は言うのです。それではその後の選手としての成長が見込められない、と。そして、こう付け加えて言うのです。「俺がそんな前転・後転ばかりさせていると、せっかくクラブチームに入れたのに、って保護者から文句が出るんだよ」
習い事というのは昔からありましたし、私の子供の頃(もう半世紀ほど前になりますが)には、そろばん塾に行くのが当たり前でした。今でも、書道や楽器、絵画などの文化的なものもありますが、子供の心身の成長の為にと、スポーツ系の習い事に行かせることが珍しくありません。ただ、お金を払っている保護者としては、せっかく行かせているのだから、と何らかの見返りを期待したい気持ちもあるでしょう。それが競技会の成績だったり、試合結果だったり、トレセンに選ばれることだったりします。でも本来の意義は、スポーツを通しての心身の成長です。成績や結果が良ければ、新たな目標やモチベーションのアップに繋がるでしょう。でも、例えそうならなくてもイイと思うのです。小学生だって人間です。向き不向きがあります。途中で方向転換しても一向に構わないと思うのです。急激に成長するこの小学生の6年間には、自分の体を目一杯動かすこと、それが大切だと思った次第です。
小学校や中学校のグランドは、ほとんどが土です。泥だらけ、砂だらけになって帰ってきた子供に、「こんなに服を汚して。一回洗ったくらいじゃ落ちないわよ」などと言ったことがありませんか。そんな言葉に子供は敏感です。良い子はきっと次からは、服を汚さないようにするでしょう。でもそれで良いのでしょうか。今の洗濯機や洗剤は高性能ですから、きっとそんな言葉は無用だと思いますよ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jリーガー [サッカーあれこれ]

今年はオリンピックイヤーということもあって、スポーツの話題が事欠かない一年になりそうですね。私が主に撮っているサッカーにしても、オリンピック本大会出場を決めましたし、もう今週末からJリーグが始まります。
ここで興味深い記事を見つけました。2016年の開始時点で国内の38都道府県に拠点を置くJ1、J2、J3の53クラブに所属するJリーガー1516人を、出身都道府県別に分けてランキングしたものです。見やすいように表にしてみました。まず下位から。

Jリーガー1.jpg

福井県の0人は残念な結果ですが、今後に期待しましょう。下位の県は、まあ人口の少ない県が並んでいるのが分かります。47都道府県で14番目に人口の多い宮城県が25位というのが目立つぐらいでしょうか。では、上位は。

Jリーガー2.jpg

三重と滋賀は、自県にクラブが無いのにTOP20入りですが、やはりトップ10は大都市圏になりました。サッカー王国といわれる静岡県は、人口では第10位ですが、ここでは6位を確保しましたから、納得のいくところでしょうか。東京・神奈川は他を引き離していますから、我が子をJリーガーにしたいなら、首都圏に住むのが一番だ、ということになるのでしょうかね。でも人口が多いのですから、競争率は高そうですね。
そこで・・・


そこで・・・


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

参加することに意義がある [サッカーあれこれ]

参加することに.jpg

「オリンピックは参加することに意義がある」、そんな言葉を子供の頃に聞きました。その頃の私の解釈は、
貧富の差、経済格差、内戦や宗教による紛争、様々な政治事情、そんな決して平等で均一ではない世界が現状なのだから、スポーツという統一したルールの下で競うオリンピックという世界的な大会に、参加すること自体が大変な努力を必要とする国々が有るのだから、まずはそこに出ることに意義があるのだ
そう思っていました。ただ調べてみると、この言葉の出所はちょっとニュアンスが違うようです。
第4回ロンドン大会(1908年)、それまで個人やチームごとに申し込めば参加することが可能だったものが、各国のオリンピック委員会を通じての参加となった最初の大会において、アメリカとイギリスとの間で諍いが起こり、その最中のミサでタルボット司教という方が、「この五輪で重要なことは、勝利することより、むしろ、参加することにある」と説いたらしいです。つまりは、目の前の勝ち負けだけにこだわるな、といった意図らしいですが、その言葉に感銘を受けた、当時のIOC会長のクーベルタン男爵が取り上げ、オリンピックの精神として今に至ったようです。
もちろん、私が抱いていた意味も、この言葉に含まれているかもしれません。けれどオリンピックで行われるのが「競技」である以上、勝敗が必ずあり、たとえ勝てなくても参加するだけで意義がある、とはちょっと違和感が拭えませんでした。そしてそれは私が、比較的平和で裕福な日本という国に居るからなんだ、と納得していた面があります。
オリンピックがこれほどまで巨大な世界大会になった現在では、この言葉の当初の意味も変わってきたのかもしれません。「勝つことよりも、参加する事ができるほどの努力を積み重ねてきた所に意義がある」と解釈するのが一般的なのでしょう。つまりは、「結果よりも過程が大事」と。そしてその「参加する」とは、たとえオリンピックという舞台に於いてでも、単にエントリーリストに名を連ねる事を差す訳ではなく、そこで持てる力を全て出し切ることが「参加」することなのだ、ということでしょうね。
さて、私がいつも撮っているサッカー競技に於いて、先日U-23日本代表がオリンピック出場を決めてくれました。これは大変うれしいことと同時に、一ファンとしてホッとしたところです。なぜなら2016年のリオデジャネイロ大会に出場できないと、2020年の東京大会に向けて大きな空白期間ができそうな感じを抱いていたからです。出場を決めるまでの過程は、皆さんもご存知のように、楽な戦いは一つもありませんでしたし、紙一重の勝利もありました。その意味で、このオリンピックの精神を謳った言葉に準じたチームだと思いました。後は、本大会においてキッチリ「参加」してくれれば、きっと2020年に向けてもっと盛り上がるでしょうね。期待しています。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すそ野にて 5 [サッカーあれこれ]

すそ野にて5.jpg

もう既にご存知の事と思いますが、カナダで開催されたサッカー女子ワールドカップに於いて、日本代表の「なでしこジャパン」は惜しくも連覇を逃し、準優勝に終わりました。
ただ、「惜しくも」と書くにはちょっと勇気の要る私です。決勝戦をテレビ観戦した私には、スコアどおりの完敗に映りましたから。勿論、日本代表の彼女たちは全力で戦いましたし、スコアに関係なく最後まで戦意を保ち続けたと思います。そういう意味で、称賛に値するのは間違いないと思います。けれど一方で、このW杯での反省と対策がなされないと、マスコミ紙上で一時期賑わっただけの一過性に終わってしまう、そんな危惧があります。シロウトの私がココでそんなことを書く必要も無く、既に何人かの識者の方が指摘していますが、「頂を高くするには、まず底辺を広げること」ではないでしょうか。
ちょっと古い資料によれば、世界中での女子サッカー競技人口は約2900万人。トップはアメリカで、圧倒的に多い720万人、そのうち130万人がサッカー協会にライセンス登録を行い、本格的にプレイしているとのこと。元々スポーツ大国であること、施設が質・量ともに充実していること、女子が屋外で行うスポーツとしてサッカーが注目されたこと、などが要因と考えられます。ちなみに第2位は、現在の世界ランク1位のドイツで、220万人がプレイし、協会登録は約半数の106万人だそうです。それに比べ日本は、2011年のW杯優勝の影響で着実に増えたとはいえ、一昨年のJFA登録女子選手数は約3万人。決勝で戦ったアメリカの何十分の一でしょう。そう考えれば、世界ランク4位でW杯に挑み、準優勝を成し遂げた「なでしこ」の彼女たちが、如何に頑張って得た成果なのか、計り知れません。
大都市圏の事は分かりませんし、静岡などのサッカーに力を入れている県では当てはまらないかもしれません。地方の我が県でも、サッカーに汗を流している小学生女子はいます。しかしこれが中学生となると激減します。最大の理由は、中学校に女子サッカー部がほとんど無いからです。従って、小学生の時にサッカーをやっていても、中学生になると他のスポーツに流れていく女子中学生が圧倒的に多い。女子のクラブチームも有りますが、絶対数が少なく、(昨今の防犯意識の高まりもあって)近くで通える子か、送迎できる熱心な親がいないと続けられません。勿論、このハードルを越えてまで「サッカーをやりたい」という女子中学生は有望でしょうし、その後の成長も期待できるでしょう。でも、だからと言って、そんなハードルは必要無いと思うし、このままで良いとも思えません。
男子でさえ若年層の指導は、学校の先生の献身的な努力やボランティア精神を持つ指導者に支えられている面が多々あります。現在の日本の女子サッカーでは、それが更に脆弱であることは間違いない事でしょう。世界のサッカー界から見れば、まだまだサッカー先進国に追いついていない日本です。今回の結果を、「よく頑張った!」との賛辞と共に、「これからどうするか?」の対策もしてほしいなあ、一朝一夕にはできないかもしれないけど、とサッカーピラミッドのすそ野から思う私です。

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の4件 | - サッカーあれこれ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。