So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ

底辺の応援者 [巷の雑感・時の想い]

底辺の応援者.jpg

現在、お隣の韓国で冬季オリンピックが開催されています。連日、日本人選手の活躍を中心に各種メディアから報道されてますから、見て・応援して・話題にしている方々が多いことでしょう。もちろん私もその一人で、14日のスピードスケートをLIVEで見たかったので、大至急帰宅したほどです。思わず身を乗り出すデッドヒートの末のメダル獲得。試合後の選手の表情を見て、拍手を送りたい気持ち一杯でした。しかし・・・
しかし、私にそんな資格が有るのでしょうか? スピードスケート女子1000mで小平奈緒選手が銀メダルを獲得しました。けれど私は、今年に入ってから「平昌オリンピックでメダル有望選手」という記事を読んで、初めて彼女の名前を知ったような者です。昨年まで全く関心も無く、彼女の名前も過去の記録も知らず、ただ日本人選手でメダル獲得が有望だから、という理由だけで応援していたのです。そんな「その時だけの応援者」で良いのかどうか、ただメディアに踊らされているだけではないのか、暫し考えてしまいました。
オリンピックは4年に1度しか開催されません。選手はそのオリンピックを目指し、毎日過酷なトレーニングを重ねてきたことでしょう。トレーニングだけではない。試合会場で日の丸を胸に戦うのです。そのプレッシャーは相当のものだと推測します。それらを全て克服した末のメダルです。メダルの色はともかく、選手はきっと感慨ひとしおでしょう。そしてその選手を支えてきた、監督・コーチ・トレーナーなどのスタッフも、幼い頃に指導したり一緒に競ったりした人達も、地元の友人や同級生、後輩・先輩も、そして家族も、懸命に応援し、支援し、そしてきっと感慨ひとしおでしょう。それに比べれば、一か月前に名前を知り、遠く離れた暖かな部屋でテレビを見ながら応援する私は、選手にとっては底辺の応援者なのかもしれません。
今でこそ一般紙もオリンピックの特集に紙面を大きく割いてますが、それが終われば、またスポーツ新聞の一面は、ほぼ毎日試合が行われるプロ野球に戻ってしまうことでしょう。こんな底辺の応援者はそうなると、メダル獲得の選手の名前も忘れてしまうかもしれません。それでも私は、たとえ今だけであっても、たとえ底辺であっても、傍観者ではなく応援者でいたいと思います。その是非は分かりませんが。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

完全保存版? [日々の徒然]

先月のことですが、ちょっと近所のコンビニを覗いた時に、見つけてしまいました。

完全保存版1.jpg

まあ、「バリバリ伝説」や「頭文字D」に興味の無い方や知らない方は、きっとスルーでしょう。読んだことのある方、好きだった漫画の一つだった方は、手に取ってシゲシゲと見るかもしれません。更にこの薄い冊子に約1000円を投資しようとする方は、きっと以前に熱中して読んだことのある方ではないでしょうか。で、私もその一人なので、買ってしまいました(笑)。
表紙には「完全保存版」などという謳い文句が書かれてますが、二つの話とも既に完結しているので、新たな書き加えや創作は無く、エッセンスの紹介のみなのですが、それでも見入ってしまいましたよ。いや、実はですねぇ、パラパラっと見ただけで、まだ全部読んでないんです。机の脇に置いてあるのですが、半封印状態。だって、詳細に読めばきっと全巻読み直したくなりそうで。
まあ、興味の無い方には全く面白味のない話ですが、これも私個人のブログということでお許しを(そんな訳で、この雑誌の内容についての記述は無しということで)。

完全保存版2.jpg

超個人的には・・・
グンにとって聖秀吉の存在がいかに大きかったか、それを改めて感じます。バリバリ伝説の最後、

グンの前を先行するオートバイは・・・、それは、ラルフのYZRではなく、ヒデヨシのカタナなのかもしれません

この一文がジーンと思い出されます。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

内蔵テレコン [カメラ機材]

EF200-400mm F4 L IS USM Extender1.4x。このレンズに関して私見を少し追加させていただきます。

EF200-400-テレコン.jpg

このレンズの大きな特徴として、1.4倍のテレコンを内蔵し、任意に瞬時に、切り替えて使うことができます。レンズ内部に設置された可動式レンズなので、このレンズ専用の工学設計ができ、汎用性が重視される従来の外付けテレコンに比べ、高画質が期待されるのですが、実際はどうでしょう。
外付けテレコンの場合、レンズとボディの間に挟む形で装着します。それはつまり、レンズ後端部(マウント部)とボディの受像面(センサー面)との距離が長くなることを意味します。レンズの構造上、この部分が長くなるほど、像の拡大率は上がるはずです。1.4xテレコンよりも2xテレコンの方が倍ぐらい厚いのは、構成レンズの枚数や厚みだけでなく、この距離の点も理由の一つだと思います。
それに比べ内臓の場合、テレコンのON/OFFでレンズ後端と受像面(センサー面)との間隔は変わりません。内臓テレコンのレンズの屈折力だけで拡大せねばならないのですから、ある意味外付けよりも難しい設計を余儀なくされたと思います。その結果、このEF200-400 F4+1.4xの場合、発表から発売開始まで約一年半の時間を要したのだと推測しています。そして結果的に、EFレンズ最多の24群33枚のレンズを使うことになったのでしょう。ちなみに、外付けのExtender 1.4xは3群7枚、この内臓式のテレコン部は4群8枚で構成されています。構成レンズ枚数が多ければ良いという訳ではありませんが。
テレコンを使ったことが有る方にはお分かりだと思いますが、外付けテレコンの場合はレンズ後端部に取り付けます。マスターレンズから得られる画を拡大して受像センサーに送ることになるのですから、マスターレンズの良い点も悪い点も拡大します。この場合、解像度であったり収差の問題だったりします。マスターレンズの外に取り付ける以上、仕方ないことですね。その点内蔵テレコンの場合、もちろんレンズ設計上の制約はあると思いますが、光軸上の解像や収差の影響がなるべく少ない場所に、このテレコン部を持ってくることが可能です。「可能」というか、内臓式にするなら、設計者はそうしたかったに違いありません。ただ、現代のレンズ、それもキヤノンを代表するLレンズでチャレンジするのは、容易ではなかったはずです。技術的な詳細は分かりませんが、幾多の試作と再設計を繰り返して、今の位置になったことと私は想像してます。先日、ニコンも同型のレンズを発表しましたが(キヤノンのこのレンズよりも高価ですが)、内臓テレコンのレンズ配置が同じようなのを考えると、たぶんそうなのではないか、と。
ヨンニッパの画を超える、とまではいかないけれど、かなりの所まで肉薄するズームレンズ。それがもし内蔵テレコン無しのEF200-400mm F4 L IS だったら、もう少し安価だったのかもしれません。このレンズの最大の魅力であり、最も設計が難しかったのが、1.4xテレコンを内蔵することだと思います。そして今、「安心メンテ」から帰ってきた私のこのレンズは、設計者の狙いに極めて近い性能を発揮してくれるものと期待しています。
以上、あくまで私見です。間違った記述が有ったら、スミマセン。

nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「安心メンテ」第二弾(その5) [カメラ機材]

長々と「安心メンテ」に出した話を続けてきましたが、今回で一区切りです。

安心メンテ第二弾5-1.jpg

これまで1DX MarkⅡに関する記述は少なかったと思います。今回メンテに出して「後ピン傾向」「シャッター速度精度ズレ」との診断が出ましたが、これまで34000枚以上撮ってきて、センサーに付いたゴミ以外、あまりそういったことを意識するようなことはありませんでした。なので私的には、この傾向は軽微なものだったのではないか、と推測しています。それならば、主にセンサークリーニングに10000円以上使うのは割高だとも考えられますが、それは各種項目を点検測定した結果であって、この「安心メンテ」の「安心」とは、単にユーザーからの申し出だけで調整するのではなく、メーカーが専用測定器を使って総合的に検査した結果、今後ユーザーが「安心」して使い続けられるように、とのことだと思います。そう考えれば、メーカーしか持たない設計値を個体毎に照らし合わせて調整するのですからメーカーにしか出来ず(メーカーの肩を持つわけではありませんが)、今後の使用を考えれば、確かに安心感はあると思います。その安心感に10000円以上の価値を見出すかどうかは、個々人の使用状況と考え方でしょうから、私の既述はここまでに留めます。
EF200-400mm F4 L IS USM +1.4xについては、昨年4月にインプレを書きましたし、作例も載せました。今回もメンテ後の作例を載せましたが、「何だ、あまり変わってない」と思われた方もいらっしゃると思います。ここで載せた作例は、どれもキチンと撮れたものばかりですから、そう思われても当然です。しかし実際に撮っている私には、メンテ前と後との差は確実に感じます。それはジャスピン率の差であったり、全体的な解像感だったり、1.4xテレコンを使った時の感じだったりします。ただ、メンテ後の撮影が僅か一日(しかも50歳以上のシニアサッカー)だった為で、様々な条件で撮り続けてから書くべきだったのかもしれません。
しかし、これから撮り続けても、この「安心メンテ」に対する私の評価は変わらないだろうし、今回メンテに出したことを後悔しないでしょう。以前にも書きましたが、高価な部類の製品を新品購入したのです。最初から調整など必要ない状態で市場に送り出して欲しかった、というのがユーザーの本音だと思います。ただカメラやレンズは、高度な精密部品であり、屋外・屋内に持ち出すものであり、使用状況も様々、使用者の感性によって評価が左右されるような製品です。撮れない・作動しない、といったトラブルは論外ですが、デジタルになって簡単に等倍鑑賞できる環境が誰にでも手に入れられる現状、ごく僅かな個体差でも、気になる人、気になる場合があります。それに対してキヤノンは、詳細な説明をしなくても、実写を添付しなくても、総合的に検査しますよ、という「安心メンテ」というサービスを始めました。それらユーザーの要求に対する受け皿が「安心メンテ」であり、昨年の第一弾と今回の第二弾で(機材によって多少の差は有っても)私はその効果をしっかり感じられました。
自分の機材に対して不安や疑問を持ち続けて撮ることは、撮影結果に影響します。第一、気分良く撮れないし、モチベーションを損ないます。逆に、メーカーで総合的にメンテしてもらえれば、機材に対する信頼感も増すでしょうし、自分の実力をぶつける有用な道具となることでしょう。特に私のような動体撮影している者としては、その信頼感は必須なのです。今回第二弾として「安心メンテ・プレミアム」に出したことで、私の主力機材は全てメンテ完了となりました。費用はそれなりにかかりましたが、これから先、酷暑の夏も寒風吹く中でも、相棒となってくれると思います。
もう言い訳はできません。後は実力勝負ですね。

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ