So-net無料ブログ作成
検索選択

春のアイス [物語]

授業の終わりを知らせるチャイムが鳴った。サッサとカバンに荷物を詰めて立ち上がるのは、クラスの半分程だろうか。彼ら、彼女達は一様に、学校指定のカバンの他にバックを持ち、その中には部活動の用意が入っている。授業が終わればそれぞれが、体育系の活動の場に移動して行く。そうではない者たちは、今日の小難しい授業から開放されたひと時を、雑談で埋めている。「ところで考えてくれた?」と横から声を掛けられた。隣の席の小柄なクラスメイトは天体観測部に所属していて、ここには高校にしては珍しい天体望遠鏡が有ったので、時々夜を徹して部活動をするのだ。といっても、そんな公明正大な理由の下で学校に泊まり、自炊したり雑談を楽しむのが主ではあることは、誰もが知っていることだが。「春休みに入った最初の土曜日だから」と念を押してきたが、曖昧な返事をしていると、「じゃあさ~」と眼のギョロッとした奴が教室の向こう側から歩み寄ってきて、「じゃあ、ウチの春休みの旅行に行かないか?」。彼は鉄道研究会で、様々な鉄道を乗り継いでは、当時やっと手の届く価格になった一眼レフカメラで写真を撮って廻る、その旅への誘いだった。予算を浮かすために車中泊が多かったようだが、それもまた楽しいらしい。そんな雑多な話やら誘いやらで暫しの時間を過ごしたら、人影少なくなった教室に見切りをつけて、駅へと歩き始めた。
身を切る寒さは、もうすっかり遠のいていた。一人で帰校するなんて、今まではまず無かったことだけど、このところ暫く続いている。校門から駅までは直ぐだし、電車に乗っても10分程。いつもは薄暗くなって街明りが瞬く車窓がこんなにも明るく見えるのは、日の短い冬が終わったせいだけではないだろう。それが証拠に駅のホームに降り立てば、いつも見かける帰宅を急ぐサラリーマンの姿は無い。取り立てて急ぐ必要も無い、そんなちっぽけな余裕が、実は新鮮だった。塾へでも急ぐのであろう同年代の一団を見送った後、広々と空いた階段をゆっくりと降り始めた。その時だった。視界の隅に、同じ高校の制服が入ってきた。階段の片面に付けられた手すりを持って、一段一段ゆっくりと降りるその足首には、痛々しい包帯が巻かれていた。その後ろ姿には見覚えがあった。躊躇の気持ちが起こらなかったのは、今思えば不思議なのだが、引き寄せられるように歩み寄った。驚かせるつもりは無いのだが、スッと背後から片手に持った彼女のカバンを持ち上げた時、振り返って見つめられた瞳は、痛みからか口惜しさからか、うっすら涙目だったと思う。もう10年以上前から知っているのに、彼女のそんな顔など初めて見た。いや、そんな顔など他人には絶対見せない彼女だったはず。気の強さは人一倍、負けず嫌いな性格は誰にも負けない、そんな彼女の怯える子犬のような表情。とっさに視線を下に向けた彼女。でも、その理由は察しられた。彼女と自分のカバンを片手に持ち替えて、彼女の前に出て、かがんで背を向けた。「エッ」という短な声が聞こえた。「いいよ、そんな」という小さな声も聞こえた。「いいから。モタモタしていると、かえって目立つよ」と言った後、一瞬のとまどいの間の後、背中に彼女を感じた。意外にも軽い、と思った。彼女を背負ったままスタスタと階段を降り、改札口を抜けると、「ここに居て、自転車を取って来るから」とだけ言って、駅の高架下まで走った。その自転車と共に戻ってみると、二つのカバンを抱かえた彼女が、寂しげに立っていた。
足首の包帯は、医者で巻かれたものではないと思った。たぶん学校の医務室で処置してもらったのだろう。いつもは部活動の練習に出ている時間なのに此処に居るということは、学校で怪我をして、部活動を休み、これから病院へ行く、といったところだろう。怪我の理由は分からない。でも、あと一か月後に始まるインターハイの県予選を前にして、こんな怪我をして練習を休まなければならない、部活動に心血を注ぐ彼女の口惜しさは理解できた。だから、前カゴに二つのカバンを入れ、後ろに彼女を乗せて進み出した後も、掛ける言葉に迷った。うつむいたまま、無言のままの彼女。きっと恥ずかしさもあったろうから、駅前の小さな商店街は急いで抜けた。人通りが少なくなった道程で、でもなあ~、と思ってペダルを漕ぐ足を少し緩めた。自分の家と彼女の家とは、さほど離れていない。つまりは、同じ小学校に行き、同じ中学校に通い、今も同じ高校を行き来する同級生。ただし、話をしたことはほとんど無い。彼女の男勝りの性格は、つとに有名だったし、特別毛嫌いする理由が有った訳でもないのだが、かといって特別親しくしようとする動機も無かった。
「でもなあ~」と一人つぶやいてしまった。振り返ることはしなかったが、あの快活な彼女の表情が真っ黒なことは背中から感じられた。こんな中途半端な時間に住宅地を進む自転車の先には、すれ違う人もいない。橋が見えてきた。渡ってしまえば彼女の家だ。その橋の手前に、大手スーパーに追いやられて消滅していく予定の駄菓子屋があり、その前で自転車を停めた。声は発しなかったけど、びっくりしたように顔を上げた彼女に、「ちょっと待ってて」とだけ言って店に入って、「おばちゃん、アイス二つ貰うよ」。結局その後、彼女は家に着くまで、「ありがとう」と「ごめんね」しか言わなかった。

IMG_6962.jpg

特別親しい間柄でもない人に、常に勝気の彼女が、昨日あんな姿を見せてしまったことをきっと恥ずかしく思っているだろうなあ、と駅のベンチに座りながら想像していた。けどまあ、間違ったことはしていないだろう、と結論付けた時に、電車がホームに入ってきた。足早に降りていく同校生の塊が行きすぎた後、松葉杖の彼女がゆっくりと降りた。別に待ち構えていた訳ではないゾ、ちょっと気になっただけだから、という、誰に言うでもない言い訳を飲み込んで、昨日のように空いた階段を、一歩一歩慎重に降りていく彼女の後ろに続いた。それに気づいた彼女は、一瞬驚いた表情を見せたが、続く「昨日はありがとう、でももう大丈夫」との言葉には、昨日の弱々しさは無く、明確に手助け拒絶の意志を含んでいた。これは嫌われたかな、と思い、ここで親切の押し付けをすることもないだろうと、そのまま下まで駆け降りた。今でこそ身障者用のエレベーターが有るのだが、当時はそんなものは無く、広いが長い階段だけだった。その階段を降り切ったところで振り返れば、慣れぬ松葉杖を使って中腹まで降りたものの、疲れたのか、一呼吸置いている彼女がいた。やっぱり、と思って階段を駆け上り、彼女からカバンを奪うと、「意地張らずにちょっとだけ付き合えよ」と背を差し出した。ここでも明確な拒否の言葉を投げかけられたが、昨日の「モタモタしていると余計に目立つよ」との言葉を憶えていてくれたのか、彼女もここで押し問答するのは愚と思ったのだろう、程なく背中に彼女を感じた。ただ昨日と違うのは、「ヘンなとこ触ったらぶっ飛ばすよ!」と言い加えられたこと。右手に二つのカバン、左手に松葉杖を持っていては、そんなことできるわけないだろう、などと言っている間に階段を降り切って、そのまま改札口を抜けた。そこで彼女を背から降ろすと、「ありがとう」との言葉をやっと貰えた。面と向かって見た彼女は、昨日とは打って変わり、いつも通りだったけれど、こんなにも女らしかったっけ、との感が一瞬過ぎった。しかし、「恥ずかしいから、さっさと自転車取ってきて!」と言われれば、ハイハイと応えながら、それはたぶん気のせいだろうと思い直した。
その日はもう、すっかり春の空気だった。その中を二人を乗せた自転車が進む。あの橋が見えてきた辺りで、「今日は私が奢るからね」と後ろから声を掛けられた。「どうしても借りを造りたくない性格なんだねぇ」と言ったら、背中を小突かれた。店の前に着くと、自転車を降りる彼女に右手を差し出した。同じく右手で握ろうとした彼女は、とっさに左手に替えた。何年も毎日ラケットを握り続けている右掌は固く、女の子らしくないと思っていたからだ、と直感した。その初めて触った左手は、ちょっと冷たかったが柔らかだった。「何にする?」という彼女に、「昨日はレモン味だったから、今日はラムネ味」と言わせてもらった。その橋の架かる川は、たいして立派なものではないけど、この近所に住む子供達にとっては昔からの遊び場だった。今では川岸に公園が作られている。そのベンチに座る彼女に同席を促されたのは、ご褒美だったのだろうか。そこで彼女の口から、まったくの自分の不注意で足首を怪我してしまったこと、昨日医者に行ったら骨折ではなかったこと、インターハイ予選が始まるまでにどうしても治さなければならないこと、そんな話を聞いた。全ては予想の範囲だったし、部活動を学校生活の中心に置く彼女らしいと思った。傍らに立つ桜の木は、まだ蕾。一呼吸の沈黙の後、当然来るべきであろう質問が、彼女から発しられた。
「どうして辞めたの?」



続き・・・


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Peru(後編) [異国]

peru3-01.jpg

愚息がこの地を訪れた時にカーニバルがあったようです。人物編として、この時の画を載せて、ペルー編最終回とさせていただきます。

peru3-02.jpg

peru3-03.jpg

peru3-04.jpg

peru3-05.jpg

peru3-06.jpg

peru3-07.jpg

peru3-08.jpg

peru3-09.jpg

peru3-10.jpg

peru3-11.jpg

peru3-12.jpg

peru3-13.jpg

peru3-14.jpg

peru3-15.jpg

peru3-16.jpg

peru3-17.jpg

ペルー編はこれにて終了。中南米の旅はまだ続きます。

peru3-18.jpg

撮影は全て、Kiss X6i+TAMRON 17-50mm F2.8 VC。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Peru(中編) [異国]

peru2-02.jpg

引き続き、ペルー編です。前回のクスコを離れて、違う街の画を紹介したいと思います。

peru2-01.jpg

peru2-03.jpg

peru2-04.jpg

peru2-05.jpg

peru2-06.jpg

peru2-07.jpg

peru2-08.jpg

peru2-09.jpg

peru2-10.jpg

peru2-11.jpg

peru2-12.jpg

peru2-13.jpg

peru2-14.jpg

peru2-15.jpg

写真は全て、Kiss X6i+TAMRON 17-50mm F2.8 VC です。

peru2-16.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Peru(前編) [異国]

peru1-01.jpg

愚息1号が旅した中南米シリーズ、今回はペルーです。

peru1-02.jpg

まずは、世界遺産になった「クスコ」の街中を中心に。

peru1-03.jpg

peru1-04.jpg

peru1-05.jpg

peru1-06.jpg

peru1-07.jpg

peru1-08.jpg

peru1-09.jpg

peru1-10.jpg

peru1-11.jpg

peru1-12.jpg

peru1-20.jpg

peru1-13.jpg

クスコは、アンデス山脈中の標高3,400mにある人口約30万人の街らしいです。晴れると日差しが厳しいようですね。下は、ペルー国内シェアNo.1のコーラの「インカ・コーラ」。

peru1-14.jpg

peru1-15.jpg

peru1-16.jpg

peru1-17.jpg

peru1-18.jpg

相変わらず、私が行った訳ではないので画の説明ができないのですが、異国の雰囲気だけ味わっていただければ幸いです。

peru1-19.jpg



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京都板橋区南常盤台 [巷の雑感・時の想い]

常時接続が当たり前で、ブロードバンドが一般家庭を網羅した今、インターネットを使えば何でも情報が手に入ります。それだけ便利になり、身近になり、生活に必須になったと言えるでしょう。「ストリートビュー」というのもその一つ。賛否両論あるでしょうが、知っている街でも、行ったことの無い街でも、もちろんオンタイムの画ではないのですが、まるでその場所を歩いているように画像が得られます。
もう随分前になりますが、以前のブログで、忘れられない店について書いたことがあります。私が初めて一人住まいを始めた場所、大学4年間を過ごした街、そこに有る「サッポロラーメン ゼニガタ」という店です。貧乏学生の懐に優しい庶民的な価格はもちろん、都会的なお洒落な外観とは正反対の店構えも、田舎から出てきた私には親しみ易く、随分お世話になったものでした。そして何より、寡黙ながら温かみを感じさせるご夫婦が切り盛りするその味に惚れていました。しかし先日、そのストリートビューで見に行ったところ、その店は無くなっていました。代わりに、今風のラーメン店になっていました。
ショックでした。でも、時が誰にも等しく流れる大河のようであるならば、流れ去るものが有ってもおかしくはない。冷静に考えてみれば、私が大学を卒業して今春で34年経ちます。あのご夫婦も、もう70歳代後半ではないでしょうか。仕方がないのかもしれない、とも思いつつも、子供たちが東京住いになってから年一度くらいは上京しているのだから、行くべきだった、との後悔が後を絶ちません。カウンター席だけの小さな、そして昔ながらのラーメン屋さん。もう一度行きたかった、もう一度食べたかった、もう一度会いたかった。でも、もう無い。これもネットで検索してみて分かったのですが、2014年まではレビューが書かれていましたから、それから程なく閉店されたのでしょう。大切な思い出がまた一つ、消えていくのを感じました。
私がその店に行ったのは2008年の11月。ですが、実はその後にもう一度、その地を訪れた記憶があります。それが何時だったのかは定かではありませんが、その日は休みだったのか、シャッターが下りていて店には入れませんでした。ただその時、「もう此処に来るのは、今日が最後にしよう」そう思ったことをはっきり憶えています。そしてそれ以後私は、彼の地を訪問していません。

南常盤台.jpg

池袋から延びる東武東上線。その5つ目の「ときわ台」駅には北口と南口があります。北口を出れば大きなロータリーが有り、それを囲むように立派な銀行の支店が並び、区立図書館も有ります。そしてその背後には高級そうな住宅街が広がっています。それに比べて南口は庶民的で、小さな店がゴチャゴチャと雑居している下町風の雰囲気が残っていて、ラーメン店「ゼニガタ」もその南口から数十メートルのところに有りました。私が住んでいたアパートは、その南口の雑踏を抜けて10分ほど歩いた川越街道近くに有り、そこから池袋にある大学に4年間通っていました。田舎者の私が膝を抱えて眠った処、夜を徹して友と語らいあった部屋、泣きながらトボトボと歩いた細い路地、夢や希望を抱きしめて駆け上がった駅の階段、それら全てが詰まった街でした。
大学卒業後は居を大田区に移しましたが、それでも度々この地に顔を出していました。この店の味を楽しむ、それも魅力の一つではありましたが、それだけではなかった。街は生き物です。来るたびに変わっていく街並み。その一つ一つを確かめる行為は、今の自分とあの頃の自分を重ね合わせて違いを見つける行為に等しかったのだと思います。この地に縁者も知人も居ません。居るのは過去の自分だけなのです。それでも、まだ私が都内に居る間は、懐古感めいたものは大して抱いていなかったように思います。それが自覚するようになったのは、この地から遠く離れた、生まれ故郷に戻ってからでした。もちろんそうなれば、気軽に行ける距離でもない。記憶の中の街並みは変わらないのに、現実の街は年々変わっていくのですから、十数年ぶりに訪れた時には、変わってしまった驚きと、変わらないものへの懐かしさと、そしてあの時の自分と変わってしまった自分、それら全てを目の当たりにした時、えも言われぬ感情で満たされた時、悟ってしまいました。故郷を離れて此の地で過ごし、今はまた生まれた地で過ごしているとはいえ、実は此の地もまた「故郷」なのではないか、と。
けれど、現在をもがき進む自分にとって、この地に長居することは許されない事だと思いました。此処には、過去の自分と想い出しかありません。若く未熟で、楽しくも辛くも有ったけれど、今の自分を傷付けるようなものでもなく、後悔や懺悔の気持ちが起こっても、今の生活を乱すようなものでもない。現実世界からワープする、とは語弊があるかもしれないけど、過去の自分を振り返って反省するなんてカッコ良過ぎるけど、逃避行的と言われれば決して無駄ではないと反論したくなるけど、でも此処は過去だから、如何に心地良くても、何時までもここに留まってはいけないと思ったから、遠くに有りて想うことはあっても、此の地に足を踏み入れることはもう止めようと誓ったのでした。
現代のインターネットの便利さが導いた、何年振りかで湧き出た、極めてアナログでノスタルチックな感情。その象徴が「ゼニガタ」という名のラーメン店だったのです。それが失われたと知ってしまった今、暫しまた過去への旅に誘われている私です。それは恥ずべき行為なのでしょうか。懐古趣味など老人のようだ、と批判されるでしょうか。確かに「懐古」に浸ってばかりでは前に進まない。過去の出来事を客観的かつ歴史的に振り返る意を表す「回顧」でなくてはならないでしょう。でも、そんな頭で考える理屈より、心が郷愁に浸る時もあります。そして私は、そんな過去を持つことに、誇りに近いものを感じざるを得ません。それらの積み重ねの上に、今の自分が有るからだと思うからです。私が血を分けた子供達二人は、彼の地で精一杯生きています。まもなく最後の三人目も旅立ちますが、先の二人と同様、未熟ながらも自分の足で進んでいくことでしょう。それは、過去という石段を積み重ねていくこと。先の未来を凝視している間は、回顧などする余裕はないかもしれない。けれど何時かきっと、息が切れるまで走ったその後、フッと振り返る時が来るかもしれない。その時に、たとえほろ苦いものであったとしても、恥ずべきではない過去を持っていることを、私は期待したいと思います。
人にとって故郷とは、生まれた場所一つ、ではないのかもしれません。


時には昔の話を


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー