So-net無料ブログ作成

ES-ST29 [日々の徒然]

前回は、映画「ブレイド」をちょっとご紹介しましたが、今回はシェーバーの「ブレイド」のことを。

ES-ST29-1.jpg

毎日使うシェーバーですが、「ただ要らぬヒゲを手軽に剃るだけの為に高価なものは必要無し、大体が手動のカミソリの方が好きだし」と以前書きました。それで手に入れたのが日立製「S-BLADE」でしたが、それを読み直してみれば、2013年5月10日の記事でした。あれからもう2年10か月経ったのですね。で、現在はどうかと言えば、既に内蔵バッテリーは用を足さなくなっていまして、1日かけて満充電しても1.2回しか剃れず、ほとんど有線シェーバーとなっています。主流のリチウムイオンではなく、安価なニッカドバッテリーを使って商品価格を抑えた割り切った製品である点は理解していたので、当然の成り行きです。剃り心地も、外刃・内刃ともにキレが落ち、当初の性能を全く保っていません。一見すると分からないのですが、使ってみれば明確、という現状です。まあ3年近く毎日使えば、こうなるのは当然ですよね。
そこで、「もう元は取っただろう」ということで、思い切って買い換えることにしました。以前同様、特にシェーバーにこだわりなど無く、どのメーカーのものでも良かったのですが、今回はメジャーメーカーPanasonic製の「ラムダッシュ ES-ST29-W」です。
http://panasonic.jp/shaver/lamdash_wet/es_st29/

ES-ST29-2.jpg

値段的に納得できれば、どのメーカー・どの製品でもよかったのですが、そんな動機だとなかなか決まらない。いろいろ見ていくうちに、外刃を外さずに洗い流せる、というのがこの製品の特長らしいですが、この点がポイントになって選びました。お値段も、前回の日立製よりは高価ですが、倍にはならず、この手の製品では安価な部類でしょう。今回はリチウムイオンバッテリーですしね。
で、実際に使ってみればどうかと言えば、もう文句無しです(私の使用では)。要らぬヒゲを剃るだけのシェーバーに、これ以上の性能を要求しません(私は)。もちろん、もっと高価なシェーバーなら、もっと気持ち良く剃れるのかもしれませんが、そこに投資する価値を見出せません(あくまで私見です)。これから毎日お付き合いすることになると思いますが、きっと前任機以上の性能をこれから2~3年の間、確保してくれることを期待しています。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブレイド [本・映画・アニメ・詩歌]

先日、書店に立ち寄った際に、入り口脇のコーナーで「特価」と書かれたDVDやブルーレイディスクが目に留まりました。どれも2~4本セットで販売されている、ちょっと前の映画ビデオです。今やレンタルビデオ店では、こうした旧作は100円にも満たない金額で借りられますから、今更DVDビデオを購入する気にはならないのですが、ブルーレイとなると興味が湧いてしまいました。ちょうどPCのドライブをブルーレイに替えたことだし。どれも表示価格から25%offとのこと。目ぼしいものはあるかな、と見てみると、コレに惹かれて買ってしまいました、3本で2700円。

ブレイド1.jpg

「ブレイド」という映画3部作は、もちろん過去に見たことがあります。アメリカンコミックを映画化した第一作が公開されたのが1999年。光の届かない所で暗躍するヴァンパイアと人間が共存している世の中。そのヴァンパイアと人間の混血児であるブレイドが、ヴァンパイアハンターとして活躍するアクション映画です。主人公ブレイドを演じるウェズリー・スナイプスが何ともハマリ役で、ダークな世界に生きる寡黙なハンターの雰囲気を醸し出している点が好評だったのか、後に2作が製作され、3部作となってます。
今見てみると、「?」と思える突っ込み所はあるのですが、その辺は置いといて、単純にアクションの爽快さを楽しむべき映画なのでしょう。吸血鬼といえば、おどろおどろしいホラー的な感じを受けますが、この映画ではヴァンパイアが日光や銀に決定的に弱く、ブレイドが駆使する武器、銀の弾丸を打ち込まれたりや銀のナイフで刺されたりすると灰になってしまいます。この「灰になる」という点が、ホラー的気味悪さの要素を下げてくれていると思います。バッタバッタとヴァンパイアを葬り去るブレイドのアクションを単純に楽しむ映画なのでしょうね。
文芸大作や感動作もイイですが、疲れた時に頭を使わずに楽しめる、こんな映画も手元に置いておいてもイイかな、と思いました。

ブレイド2.jpg


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jリーガー [サッカーあれこれ]

今年はオリンピックイヤーということもあって、スポーツの話題が事欠かない一年になりそうですね。私が主に撮っているサッカーにしても、オリンピック本大会出場を決めましたし、もう今週末からJリーグが始まります。
ここで興味深い記事を見つけました。2016年の開始時点で国内の38都道府県に拠点を置くJ1、J2、J3の53クラブに所属するJリーガー1516人を、出身都道府県別に分けてランキングしたものです。見やすいように表にしてみました。まず下位から。

Jリーガー1.jpg

福井県の0人は残念な結果ですが、今後に期待しましょう。下位の県は、まあ人口の少ない県が並んでいるのが分かります。47都道府県で14番目に人口の多い宮城県が25位というのが目立つぐらいでしょうか。では、上位は。

Jリーガー2.jpg

三重と滋賀は、自県にクラブが無いのにTOP20入りですが、やはりトップ10は大都市圏になりました。サッカー王国といわれる静岡県は、人口では第10位ですが、ここでは6位を確保しましたから、納得のいくところでしょうか。東京・神奈川は他を引き離していますから、我が子をJリーガーにしたいなら、首都圏に住むのが一番だ、ということになるのでしょうかね。でも人口が多いのですから、競争率は高そうですね。
そこで・・・


そこで・・・


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ecuador(後編) [異国]

Ecuador2-01.jpg

今回は、エクアドルの街中スナップです。

Ecuador2-02.jpg

Ecuador2-03.jpg

Ecuador2-04.jpg

さすがに標高2850m。晴れれば日差しが強いのが感じれられますね。

Ecuador2-05.jpg

Ecuador2-06.jpg

Ecuador2-07.jpg

Ecuador2-08.jpg

Ecuador2-09.jpg

Ecuador2-10.jpg

Ecuador2-11.jpg

Ecuador2-12.jpg

日本ではあまり馴染みの少ない国かもしれませんが、異国の雰囲気が伝わったでしょうか。南米大陸をさらに南下します。

Ecuador2-13.jpg


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー