So-net無料ブログ作成
検索選択

 [日々の徒然]

熱.jpg

夏なのに何だかスッキリしない天候が続いてますね、と思っていたら、やられちゃいました。
昨日、朝起きたら、どうもダルい。体温計で測ってみたら、38度。でも仕事を放ってはおけないし、何とかこなして帰宅。そのままベッドへ。
特に風邪をひくようなこと、した記憶が無いのですが、やっぱりこの時期は夏の疲れがでたのかな~
さっき、医者に行って薬をもらってきましたので、しばらく静養します。みなさんも、お気をつけて。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

住民票 [巷の雑感・時の想い]

住民票.jpg

東京の大学に通っている愚息1号も、今年が最終学年。何とか就職先も決まったようで、親としてはホッとしている次第です。その愚息から先日、住民票を移転したい旨の連絡がありました。社会人となれば、今後は健康保険や年金、税金関係も自分でしていかなくてはならないのですから、当然のことですね。住民票を移転するには、まず現住所から転出手続きをして、現在住んでいる所の役場に転入届を出すことになります。本人ならば当然できるのですが、離れて暮らしている状態。調べたら、世帯主なら委任状無しでできるということで、私が市役所まで行ってきました。
長女は既に東京で社会人として今年で3年目。大学卒業前に帰郷した際に、同様に手続きを本人が行いました。今回は私が市役所で転出証明書をもらい、それを長男に郵送して、東京で本人が転入手続きをする、という段取りです。手続き自体は至極簡単で、直ぐに終わりましたが、これで正真正銘「我が家は3人家族」になりました。
長男は、既に転入手続きを済ませたことでしょう。そして、住民票を取ったことでしょう。その住民票には、世帯主の欄に長男の名前が書かれているはず。そう、オマエはもう世帯主。その意味と重さを知ってほしいものです。
私が世帯主になったのは、もう何年、何十年前の事だったかな、なんて思い返してしまいました。それからこの世帯には一人、また一人と増え、五人になって二十年以上の時が流れました。そして今、一人減り、また一人減り、と減っていきます。ああ、元に戻っていくんだ、と思えば、きっとそうなのでしょう。そしてそれをまた、我が子も経験していくことでしょう。
市役所からの帰り道。ちょっと軽くなったはずの自転車のペダル。いや、そうでもないかな、と思いながら、過去に少し惹かれる私でした。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信長 [本・映画・アニメ・詩歌]

NHKの大河ドラマでは、戦国時代を舞台にした作品が多く、それは視聴者の志向(要するに視聴率)によるものだとか。まあとにかく、日本人はあの動乱の時代が好きということですね。確かに、多くの特徴的な人物が輩出された時期でもあり、物語とするにはネタが豊富。外から見れば日本の内乱期で、多くの人の人命が失われた厳しい時代であったにもかかわらず、それだからこそ力量を発揮できる個人が活躍できた時代、とも言えますね。ただ、昨今は若い世代の戦国武将ブーム向けの漫画が多く書店に並びますが、中には武将をアイドルにしたような、「ちょっと脚色しすぎでしょう」と眉をひそめるものまであるようで。

信長1.jpg

さて、そんな戦国時代における中心人物と言えば、織田信長でしょう。これまで多くの本や雑誌、映画、テレビドラマ、そして学校教科書にも登場するのですから、知らない日本人はまず皆無でしょう。そして今回ご紹介するのは、そんな織田信長を描いた漫画、「信長」です。工藤かずや原作、池上遼一作画によって、1986年(昭和61年)10月15日号から1987年(昭和62年)6月15日号まで雑誌掲載され、後に単行本化されました。上の画は、私の手元にある1987~1990年にかけて発刊された初版本全7冊です(私が初版本を購入するのは珍しいことです)。
内容は、史実に近く、昨今のチャラチャラした武将像とは一線を画します。信長の「蘭奢待の切り取り」なんて、よほど歴史に詳しい方しか知らないと思いますし、その信長像も冷酷非道の魔人のようではなく、その言動の裏に人間味を感じさせるものです。これだけ緻密な時代考証の上で忠実に話を運びながらも、物語としての面白さを損なっていないのは、工藤かずや氏の力量に負うところ大なのでしょう。また作画も、「男組」などで知られる池上遼一氏で、歴史絵巻としての重厚さと人物の意気を感じさせ、好感が持てます。
話はちょっとそれますが、ベストセラー小説を原作とした映画は多くありますが、原作を超える評価を得た映画は少ないようです。それは、小説自体は文字のみの情報で、読み手がそれを脳内でイメージ化しているのに対し、映画は映像として目から直接入ってきます。そのギャップ、つまりは読者が抱いている人物像や雰囲気と、実際の人間である役者が演じる演技との差異が、評価を二分することになります。それは実はアニメや漫画も同じで、描き手の作画やカット割り、流れる雰囲気次第で、評価や印象を左右します。原作が漫画で、そのアニメ版の場合は、こうした差異が生じるのが声であることが多いので、その程度なら許容範囲の場合も多いのですが、原作が小説で、そのアニメ版や映画版の場合は、こうした読者(視聴者)に与える違和感が拭えない場合も多いですね。その点でこの「信長」は、成功した一例と私は思っています。
私は第一巻を読んで直ぐに第二巻を買いました。その後、新巻が出るごとに買い足してきて、第七巻まで揃えたところで止まってしまいました。当時、足繁く書店に通ったのに、最後の第八巻がなかなか発行されないのです。後で知ったのですが、「池上遼一氏の作画(新府城と安土城)が、資料とした写真の著作権を侵害している」とされたため、発刊が中止されたようです。最終巻を心待ちにしていた私には、本当に口惜しく、この全七巻が長く私の書棚に並んでいました。ところが2003年(平成13年)から翌年にかけて、問題となった箇所が新たに描き直され、完全版として単行本全八巻が新たに発刊されました。それを知った私は、それまで何度も何度も読み直し、長く書棚に並んでいたせいで日焼けした全七巻に、最終巻を加えるのではなく、新たに発刊された全八巻を買い加えました。楽しみにしていた最終話は、もちろん「本能寺の変」で終わるのですが、明智光秀を恨むことなく、清々しくこの世を去る信長の姿で終わっています。

信長2.jpg

各巻9話で構成された全八巻。古い漫画には違いなく、今では作画的に見劣りする部分もありますが、私の中では何度読み直しても飽きません。機会が有れば是非、とお勧めしておきます。あなたの知らない信長の話が、一つはあるかもしれませんから。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Sandisk New Compact Flash [カメラ機材]

デジタルカメラを持てば、記録メディアが必要なことは自明の事。デジタル一眼レフカメラでサッカーを主に撮っている私は、殆どコンパクトフラッシュ(CF)が、その役割を果たしてくれています。カメラボディを替えた際に、それに応じたCF、しかもその時点の最速のCFを一緒に購入するのが常、ということを、以前このブログでも書きました。最近はボディの更新を行っていないせいで、手持ちのCFとの付き合いも長くなっています。で、最近はどうなのかなあ、とちょっと覗いてみました。
記録メディアによって画質が向上する訳ではないので、その性能は信頼性と速度ということになるでしょう。この点では未だにSandisk製が一番人気で、私もメインで使っています。私が1D MarkⅣを購入した際に一緒に手に入れたのは、Extreme Pro(90MB/s)でした。それが、現在のSandisk CFのラインナップは以下のようです。
http://www.sandisk.co.jp/products/memory-cards/compactflash/
サンディスク-New-CF.jpg

昨年末には他社同様、1000倍速を超える、読取り最大160MB/秒・書込み最大150MB/秒のUDMA7対応になってましたが、この旧パッケージはサンディスクでは生産完了品となったようで、今夏から新パッケージになったようです。お盆過ぎから店頭に並び始めたようですが、まだちょっと割高感がありますね。
160MB/s~150MB/sといえば、最新のハードディスク(HDD)の読み込み・書き込み速度とほぼ同じ。とうとうCFもここまで来たか、という感がします。逆にこれ以上速度が上がっても、連写を多用する場合はそれなりに恩恵があるかもしれませんが、HDDへの転送速度は短くはならないでしょう(現状では)。カメラの画素数も、既に来るべきところまで来た感がありますし、現状のCF規格ではこのくらいで良いのではないか、と思ってしまいます。
もっとも、SSDなんかは500MB/sなんていうのが当たり前になりつつありますから、メーカーは更なる速度アップの方向に行くのでしょうが、それは4Kテレビ&カメラの普及次第、ということなのかもしれません。もちろん私は、1D4を使い続ける限り、現在の手持ちのCFで十分、と静観を決め込んでいますが、何だか手持ち機材がドンドン旧型製品になっていくようで、取り残され感がアリアリでして・・・

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お盆休み [巷の雑感・時の想い]

お盆休み.jpg

お盆休みを楽しまれた方々、多いことでしょう。でも私、この「お盆休み」って、無くなるのではないかと思っているのです。
お盆とは、先祖の霊があの世から帰ってきて、家族と一緒に楽しいひとときを過ごし、また帰っていくという日本古来の信仰に基づく行事です。ですが、その日にちに関しては様々です。東京など都市部では7月に行うことが多いようですが、その他の地方では概ね8月13~16日ぐらい。期間中に15日を入れるのが普通ですが、その年の曜日の降り割り次第で変わったりしますし、長さも様々。つまりは、お盆というのは口実で、実際には夏季休暇、なのではないか、と。これが同じ長期休暇のゴールデンウィークや年末年始などでは、はっきり日にちが決められています。ゴールデンウィークは祝祭日の集合ですし、年末年始は12月31日は大晦日、1月1日は元旦、官公庁の仕事納めは12月28日と決められています。それに比べれば、お盆休みは8月15日を加えれば、その前後でいつからでも、いつまででも良い。最近特に暑さが酷い日本の夏ですから、この時期に長期休暇を取ること自体には賛成です。けど、それを「お盆休み」と言う根拠は、だんだん薄れて行っている、とも思うのです。もっとも、「お盆だから」という公明正大な理由を付けた方が休みを取り易い、という日本人らしい理由が有るのかもしれませんが。
テレビのニュースでは、「お盆の帰省ラッシュ」という言葉が多く聞かれます。狭い国土に多くの人が住むのが日本。しかも、その人口分布の片寄りが解消される気配はありません。多くの人が一斉に動けば、渋滞ら混雑が起こるのは必須。高速道路は料金を払ってまで長い列に並ぶことを余儀なくされ、駅や空港では人混みで溢れています。これらを全てを「お盆の帰省ラッシュ」と呼ぶには抵抗があります。何故なら、この長蛇の列には、帰省などせず、この長期連休を利用して行楽に出かける方々の割合が年々多くなってきたように思えるからです。要するに、「帰省」ではなく、「バカンス」や「行楽」「避暑」で動く方々のことです。
勿論私は、先にも述べたように、こうして酷暑の夏にある程度まとまった休みを取ることに賛成です。けれど、「お盆」を絡めなければならない必要性が薄らいできている想いがあります。テレビを見ていると、ニュース番組等で「私は先週お休みをいただき、今週はAさんが休暇を取りました」旨の発言を聞きます。そうして交代で休んで、番組を平常通りに運営しているのでしょう。また、祝祭日ではないので休めない官公庁や、銀行・郵便局・ホテルなど多くのサービス業などでも同様でしょう。そうして休みを分散すれば、渋滞や混雑も幾分か緩和するのではないか。先に述べたように、日にちが限定されるゴールデンウィークや年末年始と違って、設定期間の融通が利くのが「夏休み」。この設定期間を幅広くすることが理に適っているようにも思え、もしそうなれば、それはもう「お盆休み」ではなく「夏休み」である。従って「お盆休み」という名称は無くなっていくのではないか、という冒頭の考えに至ってしまう私です。
しかし、「帰省」をまったく否定する気も無いのも私です。「孫の顔を見せに実家に帰ります」などという言葉を、駅や空港で列に並ぶ人たちから出ているニュース映像を見ると、無条件で暖かく迎え入れる故郷の親の存在を連想されます。そうした故郷があること、帰れる故郷を持っていること、それは幸せなことだと思うからです。親元から巣立ち、既に一家を持った方々。ゴールデンウィークに行楽に行き、年末年始を家族で迎えるのも良いでしょう。でも、年に3回有る長期連休の1回ぐらいは、親元を訪れてみるのも良いのでは、と思います。「お盆休みだから」ではなく、「夏休みがてらに」で結構ですから。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー