So-net無料ブログ作成
検索選択

Egypt(前編) [異国]

Egypt-1-01.jpg

この「異国」カテゴリーは、愚息1号が旅した先で撮った写真を紹介するものですが、今回はエジプトです。

Egypt-1-02.jpg

愚息が行ったのは昨年8月。夏休みを利用して、バックパッカーとして訪れました。親としては、「なんでまたこんな政情不安の時期に」と思ったのですが、どうしても中東を見てみたかった、とか。相変わらず、私が行った(撮った)わけではないので、写真の説明はできませんが、日本からはるか離れた地の雰囲気を感じていただければ幸いです。

Egypt-1-03.jpg

Egypt-1-04.jpg

Egypt-1-05.jpg

Egypt-1-06.jpg

Egypt-1-07.jpg

Egypt-1-08.jpg

Egypt-1-09.jpg

Egypt-1-10.jpg

Egypt-1-12.jpg

Egypt-1-11.jpg


写真は全て、Kiss X6i+TAMRON 17-50mm F2.8 VC です。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影60(漁) [サッカー撮影]

漁01.jpg

漆黒は逃げ去り、群青色から澄んだ青へと変わった空を見上げる。
今日も快晴だ。煌めく波間が目に痛い。
いつもの手順で愛船に火を入れれば、いつもの声で答えてくれる。
波の無い小さな湾を静々と進む。
焦ることはない。小さな灯台が見えたら、エンジン全開だ。
さて、今日はどうだろう。狙った獲物は取れるだろうか。
もちろん大漁ならば言うこと無し。だが駄魚ばかりではたまらぬ。
昨日、思案の末に仕掛けた網の元に静々と近づく。
この足下の数メートル、数十メートル下には必ず居る。
俺が狙う獲物は必ず居るはずだ。
船に付けたモーターで、一気呵成に網を引く。
昔の人力とは違うが、この時の緊張感は同じだ。
成果は全て船の生簀に放り込む。
結果は気になる。けれど今は確認する暇は無い。
すぐに次の網に取り掛かる。
額から汗が流れる。それでも、今この時を惜しんではいけない。
水面を睨み続けてどのくらい経っただろう。フッと一息つく。
確かに手ごたえのあった成果も、幾つか見られた。
少なくとも、今日ここまで来た甲斐ぐらいは得られた実感は有る。
それならば、と船の切先を港に向ける。
成果の確認は帰ってからでいい。取った実感はあるのだから。
帰港後に陸揚げする際にじっくり吟味する、それを楽しみにしよう。


漁02.jpg

漆黒は逃げ去り、群青色から澄んだ青へと変わった空を見上げる。
今日は快晴だ。決勝戦に相応しい。
昨夜用意しておいた機材をトランクに入れ、キーを捻る。
まだ澄んだ空気の中、眠りから覚めたばかりの街を静々と進む。
焦ることはない。100kmほど先のサッカー場へ続く高速道路に乗る。
さて、今日はどうだろう。狙った画は撮れるだろうか。
もちろん大漁ならば言うこと無し。だが駄作ばかりではたまらぬ。
昨日、思案の末に考えたポジションにカメラを置く。
この眼前の十メートル、二十メートル先には、必ずある。
俺が撮りたいシーンが必ず出現するはずだ。
AFと連写モードで、一気呵成に目の前の懸命を形にする。
銀塩時代とは違うが、集中力が必須なのは同じだ。
成果を確認する余裕などない。
気になるけれど、途切れることなく続くプレイが許してはくれない。
次から次へと煌めくシーンを追い求め、レンズを振る。
額から汗が流れる。それでも、今この時を惜しんではいけない。
ピッチを睨み続けてどのくらい経っただろう。フッと一息つく。
確かに手ごたえのあったショットも、幾つか得られた。
少なくとも、今日ここまで来た甲斐ぐらいは得られた実感は有る。
試合終了のホイッスルで、この緊張感から解放される。
成果の確認は帰ってからでいい。撮った実感はあるのだから。
帰宅後にパソコンの画面でじっくり吟味する、それを楽しみにしよう。

サッカー60-03.jpg




で、昨年の成果の一部です


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冬日 [巷の雑感・時の想い]

冬日.jpg



新年を祝う気分は、遠く過ぎ去りました
僅かな夢と気分の一新は、その後の日々雑務に埋もれました
年が変わったとて相も変わらぬ毎日を、粛々と過ごしています
あの大晦日の心は、元旦の胸は、どこに行ったのでしょう
毎年繰り返されることに、記憶からも霧散してしまいました

自分が変わらなければ、自分が変えなければ、何も変わらない
そんな当たり前のことなのに、思わず手を合わせた自分
もう昔の話になりました
凛とした冷気は、真冬であることを頬に知らしめます
まだ春は来ないぞ、と告げられます
それでも、と

それでも、春は必ずやって来ます
自分の努力の成果ではないけれど、春は来ます
その時私は、どこに立っているのだろう
凍てつく道を踏みしめながら、思います
転ばないように、迷わないように、まっすぐ進もうと
今はそれでいいんだと、言い聞かせながら



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新人戦 [サッカーあれこれ]

新人戦1.jpg

ソチオリンピックがまもなくですから、ウインターシーズンスポーツの話題が花盛りですね。私が主に撮っているサッカーは、まあシーズンオフというのがあまり無く(Jリーグはお休み期間中ですが)、年中どこかで試合やら大会が行われています。今は各年代とも、新人戦の時期でしょうか。
この「新人戦」、私は基本的に撮りには行かないです。新人戦は公式戦には違いないのですが、どうも私はモチベーションが湧かない。各年代とも、最終学年の選手が卒業・卒団・引退して、新チームになって初めての大会、という意味の「新人」戦なのですが、私的には何だか腕試し的な印象が抜けきらないのですよ。選手自身は、もちろん真剣勝負ですから、持てる力を振り絞って勝利を目指しているとは思うのですが、私はどうも掻き立てられるものが無いのです。

新人戦2.jpg

学生サッカーの場合、昨年強かったからといって今年もそうかといえば、必ずしもそうではない、ということは皆さんもご存知のとおり。最終学年が抜けてしまっての新チームの優劣が、昨年の成績通りにはならないですよね。今年これから始まる主要大会を占う意味で、その辺りが新人戦を見る意味だと思うのです。ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、それならば新人戦は「公式な腕試し大会」のような気がするのです。時間に余裕があれば話は別ですが、そうでなければ新人戦はパスして、その後の主要大会の撮影の方に尽力を向ける、というのがここ最近の私です。
その各年代で今後行われる主要大会にしても、シード権やら一部・二部のクラス分けなどは、昨年度の成績によって決められることが多くて、新チーム同士の優劣の結果、つまりは新人戦の結果が反映されていない場合が多いですね。もちろん私が知らないだけで、都道府県によっては反映されているところもあるでしょうが。いろんな諸事情はあるかと思いますが、せっかく新人戦を行うのなら、昨年度の成績ではなく、新チーム同士の結果、つまりはこの新人戦の結果をその後の主要大会の組み合わせに反映されるシステムにすれば、新人戦はもっと意義ある、つまりは撮り甲斐のある大会になると思うのですが、どうでしょう。やっぱり、いろんな制約から無理でしょうかね。

新人戦3.jpg

新人戦は基本的には撮らないと言いましたが、自分の愚息はやっぱり別でして(私もいちおう保護者なもので)、先週は新人戦3回戦を撮りに行ってきました。見ていて(撮っていて)感じたのは、「う~ん、やっぱりチームとしてはまだまだ煮詰まってない」でした。まあそれは、伸びしろが有る、とも言えますので、ここから先の熟成を楽しみにしたいと思います。

新人戦4.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全日本U-15フットサル撮影 [写真・撮影]

全日本U-15フットサル大会1.jpg

上の写真は会場の全景ですが、学校の体育館よりはずっと明るいように思えます。けれど、如何にF2.8のレンズと言えど、体育館内でのスポーツ撮影です。ISOを上げない訳にはいかない。ISO 6400ではノイズリダクション(NR)を強めに掛けざるをえず、そうなるとディテイルの損失が伴うので使いたくないなあ、ISO 3200位までにしたいなあ、と期待しましたが、それでは1/500位がせいぜい。7DのISO 3200なんて、更にNRを掛けないといけないし、こうなると高感度性能の優れた1DXがウラヤマシイ。

全日本U-15フットサル大会2.jpg

当日はプロの方来ていました。上の写真は、撮影場所(1m×2mくらい)から撮っているテレビクルー(JFA)の方です。ピッチの四隅に撮影場所が指定されてますから、感じは分かっていただけるかと。

全日本U-15フットサル大会0.jpg

もちろん、写真のプロ(たぶんJリーグフォトの方)も来ていて、撮影場所が限られるので、並んで撮っていたのですが、1DXにEF70-200mm F2.8 L ISⅡとサンニッパ(しかもⅡ型)を使ってました。当然、並んで撮っていれば、お互いのシャッター音が耳に届くのですが、二人がほぼ同じタイミングでシャッターを切っていたのには、ちょっと安心しましたね。でも、プロに方の方がたぶんシャッター数は少なかったと思います。やはりプロは、必要な画を厳選していて、狙いを外さないのでしょうね。

全日本U-15フットサル大会3.jpg

体育館内には2コート用意され、2試合が同時刻で並行して行われたのですが、指定された場所で撮るのであれば、コート間の行き来はお咎め無しのようで、前半Aコート・後半Bコートといった感じで撮ってました。けれど、延長戦やPK戦などが入ったりして、同時刻キックオフにならなくなり、一方の試合の終了まで撮っていると、既にもう一方では試合が始まっていたりして、結局9時30分から14時40分までの間、ず~っと撮り続けて休み無し(1回トイレに行ったのみ)。これがただでさえ寝不足の身には、グッとこれは応えました。こうなると集中力が落ちてきます。フットサルの試合時間は15分ハーフなのですが、選手の動きが素早く、攻守の切り替えが早いので、試合時間が短くても、サッカーよりも集中力を必要とします。撮影場所の移動ができないし、光線状況の変化が無いのは楽でしたが、真冬の体育館の床からジ~ンと伝わる寒さの中での長時間撮影は、オジサンには結構キツイものがありました。

全日本U-15フットサル大会4.jpg

全日本U-15フットサル大会5.jpg

これが撮影結果に正直に反映されます。球技ですからボールを追って撮るのですが、その動きをある程度予測してレンズを振らなければ撮れません。サッカーに比べれば、動きの大きさは少なくても機敏ですから、コート全体の選手の動きを感じながら集中力を高めてシャッターチャンスを狙うのですが、疲れてくるとどうしてもそれが落ちます。しかもシャッター速度が稼げない状況なのですから、ピント合わせが最重要のはずなのに・・・。光線状況の変化が無いと書きましたが、実際にはコートの端の方は暗く、シャッター速度も1/200になったりしてました。これは仕方ないことですが、これに気付かずに撮っていた自分が情けない。いかに中学生とはいえ真剣勝負、微妙な被写体ブレの写真が多かったことを考えると、シャッター速度をもう僅か上げるだけで、かなり結果が変わったのではないか、と思えるのです。普段のサッカー撮影ではその点は十分に考慮しながら撮れるのに、目に前の激戦の連続が心の余裕を奪ったのが原因でしょうか。これは経験不足+体力不足で工夫不足ですね。これなら、Tv+ISO AUTOの方が良かったか、RAWで撮っているのだから露出補正をマイナスにして、シャッター速度を少しでも稼いだ方が良かったか、と思っても後の祭りですよね。ちなみに、決勝戦ではISOを4000に上げました。3200から4000ですから、さほどの変化はないだろうと思いきや、実はそうでもなく、僅かな違いで歩留まりは確実に上がりました。最初からそうしておけばよかった(トホホ)。

全日本U-15フットサル大会6.jpg

1D4・7D共に、AFフレームは中央1点指定で、EF70-200 F2.8 L ISⅡを手持ちでほぼ撮り切りましたが、これもどうだっか。Ⅱ型になって格段に進歩したこのレンズですが、やはりサンニッパのAF速度には及びません。それは撮影結果を見て、連写の1枚目のピント精度に表れています。それと、一脚を使ってISをOFFにした方が良かったのではないか、との考えも浮かびました。でも、これも「後の祭り」ですよね。やっぱり室内フットサルの撮影での現在最良の機材選択は、1DX+EF300 F2.8 L ISⅡorEF200 F2 L IS だと思いました。

全日本U-15フットサル大会7.jpg

結局、何とか撮り切った後には、久しぶりの重い徒労感。帰ってきての結果を見ては反省しきり。昨年からの進歩は感じられず、またも返り討ち状態。今年の初撮りは、なかなか苦かったです。

全日本U-15フットサル大会8.jpg

全日本U-15フットサル大会9.jpg


(今回は選手の顔があまりはっきり写っていない画しか載せられなかったことをお詫びします)

nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。