So-net無料ブログ作成
検索選択

風に立つライオン [本・映画・アニメ・詩歌]

風に立つライオン.jpg

「愛してる」とか、「悲しい」「辛い」といった感情を直接表す言葉を挿入する詩もあれば、状況を切々と説き、読む・聞く者にそのイメージを連想させて、作者のメッセージを伝える詩もあります。それは、小説を読むのと似た感覚かもしれません。今回、今年最後の記事として紹介させていただくのは、少し長いですが、そんな詩です。
1987年発表、さだまさし 「風に立つライオン」。

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の
大切な よりどころになります
ありがとう ありがとう

ナイロビで迎える三度目の四月が来て今更
千鳥ヶ渕で昔 君と見た夜桜が恋しくて
故郷ではなく東京の桜が恋しいということが
自分でもおかしい位です
おかしい位です

三年の間あちらこちらを廻り
その感動を君と分けたいと思ったことが沢山ありました
ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが
一斉に翔び発つ時 暗くなる空や
キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット
何より僕の患者たちの 瞳の美しさ

この偉大な自然の中で病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね
やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね


この詩の主人公が、今はアフリカに居て、過去に時間を共有した人から手紙を受け取った状況が浮かびます。その彼は、「僕の患者たち」という言葉から、医療活動のためにその地に赴いたことも。それは彼にとって大切な人と遠く離れることを意味し、それを決めた彼は少しばかり、自分の身勝手さを感じているのかもしれません。それでも彼は、彼女と過ごした東京での日々を、大切な思い出として未だ持ち続けていること、「その感動を君と分けたい」と綴るように、彼女に対して未だ繋がる感情を持ち続けていることが感じられます。現在の彼は、異国の地であるここ(アフリカ)から日本を振り返ってみて、自らの選んだ道を後悔するのではなく、その大自然の中で身を置くことで、また別の視点を持ったことが窺い知れます。

去年のクリスマスは国境近くの村で過ごしました
こんな処にもサンタクロースはやって来ます
去年は僕でした
闇の中ではじける彼等の祈りと激しいリズム
南十字星 満天の星 そして天の川

診療所に集まる人々は病気だけれど
少なくとも心は僕より健康なのですよ
僕はやはり来てよかったと思っています
辛くないと言えば嘘になるけど
しあわせです

あなたや日本を捨てた訳ではなく
僕は現在(いま)を生きることに思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する滝のように
僕はよどみない生命を生きたい
キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は風に向かって立つライオンでありたい


僻地、しかも「日本の」ではなく世界的な僻地での医療活動自体が、困難なことであり、それに携わる者が厳しい環境にあることは容易に想像ができます。そんな環境に身を投じても、「しあわせです」と言い切る彼はどうでしょう。前節で日本や、その故郷に残した彼女への想いが未だ残っているのを説きながらも、自らの選んだ道に対する迷いは無いように思えます。いや、本当は有るのかもしれません。有るのでしょう。だからこそ、「風に向かって立つライオンでありたい」と言います。
サバンナの荒野を吹き抜ける風は、熱風でしょうか、それとも砂交じりの風でしょうか。行ったことの無い私には分かりませんが、日本のそよ風のように心地よくはないでしょう。その風に向かって立つ。うつむいたり、顔を背けたくなるでしょう。いや、いっそ木陰に寝転んでしまったら楽でしょう。大きな自然の中のちっぽけな一人です。そうしたとて、誰もそれを批判したり恨んだり妬んだりはしないでしょう。けれど彼は、それを潔しとは思っていない。風に向かって立つライオンとは、凛として迷いが無い姿が浮かびます。

くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい
最后になりましたが あなたの幸福を
心から 遠くから いつも祈っています
おめでとう さよなら


この彼が受け取った手紙が、残してきた彼女の結婚報告の手紙であることが、ここで分かります。そこで、もう一度最初からこの詩を振り返ってみましょう。平たんとは正反対の道を選び、遠く祖国を離れアフリカの大自然の中に身を置く彼。失ったものは決して小さくはないでしょう。生き甲斐ややり甲斐を感じながらも、望郷の念が無いとはいえますまい。そんな彼に突然届いた手紙。それが後悔ではなく、今の自分を鮮明に照らすものであったこと、それを詩っています。
最後の言葉に、胸が詰まります。遠く離れようとも、僅かに心残りが有ったはずなのに、祝福の言葉と共に別離の言葉を添えなければならない彼の心情、察するにはあまりあることでしょう。それでも最後に「さよなら」と言う。そのひと言で締めくくる裏には、過去への想いとその決別、自らの選んだ道への決意が混在していることでしょう。彼はまだ、「風に向かって立つライオン」になってないかもしれない。でもそうでありたい、そうなる道を選んだのは間違いではない、との意志が、最後の一行に凝縮されているように思えてなりません。
この詩は、さだまさし氏の懇意にしている実在の医師がモデルになっているらしいです。それにしても、この僅かな文字で、読む者・聞く者にドラマのイメージを湧きあがらせ、伝える、氏の文章力は素晴らしい。そして日本語の巧みさ。感服すると同時に、私も少しでも近づきたいものだと思います。


今年、2013年もまもなく終わりを告げます。この一年、皆さんはどうだったでしょうか。振り返ってみれば私には、いくつかの変化があったとはいえ、辛いことも多く、とても風に立つライオンのように威風堂々と乗り切ってきた訳ではありません。いやむしろ、風に翻弄されてきた、と言った方が正解でしょう。それでも今、こうして生きて、振り返り、そして前を向ける自分であることを、幸せに思っています。
このブログは、もうすっかり私の生活の一部になってしまいました。この一年お付き合い頂いた方々、とても感謝しております。皆さんにもきっと、嬉しいことや辛いこと、悲しいことも有ったことでしょう。でも、こうして一緒に年を越えられることを、お互い祝おうではありませんか。そして、凛と立つライオンのように、新しい年に向かわれることを祈って、今年の締めとさせていただきます。
ありがとうございました。



風に立つライオン


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

現在の住魚たち [熱帯魚]

前ブログ名が「マイ趣味ライフ」だったように、趣味の話を書く目的で始めたブログですが、熱帯魚飼育も私の趣味の一つであることは、今も変わりありません。けれど、ここ2年近くの間まったく書いてませんでした。水槽本数こそ5本に減らしましたが、もちろん今も飼育しております。ただ、ココに書くような変化が無いだけでして。
前回の熱帯魚ネタも、同じような時期に「現在の住魚」として紹介したものでしたが、2013年も終わりに近づいたことだし、今回も「現在の住魚」として、一緒に年を越えるであろう魚たちを載せたいと思います。

熱帯魚1.jpg

現在の我が水槽の主は、このアメリカン・シクリッドです。120x60x60cm水槽で単独飼育。もう50cm overの個体です。まあ、これ以上は大きくならないでしょう。

熱帯魚2.jpg

今年の夏の酷暑にも、何とか耐え抜いた、トランスルーセント・グラスキャット。

熱帯魚3.jpg

シクラソマ・マウリカウダ。もうかなりの高齢のはずですが、元気です。

熱帯魚4.jpg

マーブル・エンゼルフィッシュ。これも高齢のはず。

熱帯魚5.jpg

パラティラピア・ポレニィ。体長20cm程ですが気が荒く、単独飼育。もう少し大きくなってほしかったですが、こんなものかな。

熱帯魚6.jpg

プラチナ・エンゼルフィッシュ。今年も何度か産卵しましたが、孵化には至らず。相変わらずです。

熱帯魚7.jpg

コリドラス・ステルバイ。夏の高水温で3匹になってしまいましたが、元気です。

熱帯魚8.jpg

アルゲンティア。シクリッドの女王の異名の通り優雅な色合いに育ちました。これも、もう少し大きくなってほしいところですが、今の全長30cmがいいところかな。

ココで2年前に紹介した時は、アフリカン・シクリッドの大群が多くの水槽内を占めていたのですが、さすがに買いきれなくなり、1年半ほど前に里子(里魚?)に出しました。なので、今は以上の魚たちが全てです。ちょっと寂しくなった感は否めませんが、昨年の我が家の引越しもあって、規模を縮小せざるをえなかった次第です。あまり手間暇のかからない奴らばかりですから、コイツ等と一緒に新年を迎えることになると思います。

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クリスマスプレゼント [日々の徒然]

クリスマスプレゼント.jpg

今年は、家内が東京に居る子供たちの引越しの手伝いに行っているので、残された愚息2号と私の二人でクリスマスを迎えます。サービス業に従事する我が家では、毎年落ち着いてクリスマスを祝うという習慣は元々無く、いつも慌ただしく過ぎ去っていくのが当たり前になっています。
そんな昨日、愚息2号と二人で夕食をとっていると、
「これ、クリスマスプレゼント。少し早いけど」
と思いがけず愚息2号から包みをいただきました。
「いつも写真撮ってもらっているしね、ありがとう」
と。
親が子を育てる、親が子にクリスマスプレゼントを渡すのは当たり前で、そんな訳でクリスマスらしい雰囲気の無い我が家でも、今までずっとそうしてきました。それがどうでしょう、少ない小遣いから捻出してくれたというプレゼント。
「いつも、寒い寒い、って言って帰ってくるからさ。気に入るかどうか分からないけど」
望外の品に、ジーンときてしまいました。そしてこの子も、ずいぶん大きくなったのだ、自分のことだけではなく、人に対する視野が少しづつ広がってきたのだ、と感じてしまいました。16歳になった愚息2号、親が知らない間に、子はいつの間にか大人になっていくものですね。
明日から、このマフラーを巻いて、残された今年の喧騒の中をがんばります!

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シニアサッカー [サッカーあれこれ]

先週末、シニアリーグの今季最終日ということで、撮りに行ってきました。

シニアサッカー1.jpg

今回撮ったのは、Over-40。40歳以上のオジサン達(失礼)のサッカーです。これまで県サッカー協会のカメラマンとして、各年代の注目の大会や試合を撮ってきましたが、今までなかなか機会が無く、シニアサッカーを撮るのは初めて。当日は会場へ行くと、「やっと来てくれましたか!」というお言葉で迎えていただきました。
確かに学生たちのサッカー、全国大会出場を目指す試合とは少し違って、ユニフォームがピチピチの少しお腹の出た方や白髪交じりの方のサッカーです(これまた失礼)。勝利にかける執念や必死さは少ないかもしれません。でも、撮る価値が無いか、といえば、決してそうは思いませんでした。サッカーに限らずスポーツは、何も勝利至上主義でなければならないことはありません。生涯スポーツとして、各年代、各自がそれぞれのレベルで楽しむのもまた、スポーツの良いところだと思います。この年代は社会的にも、仕事中心の生活を余儀なくされる方が多いはずです。その合間に、思い切って仲間とボールを蹴る、それもまたスポーツの意義だと思います。
それでも、試合となれば真剣勝負。不真面目さなど微塵も無く、時には現役時代を彷彿させるようなシーンも有って、皆さん真摯にプレイしていましたから、それを撮る私も、意気を感じてシャッターを切りました。そして、みんなサッカーが好きなんだなあ、と感じた一日でした。

シニアサッカー2.jpg


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3TB HDD増設 [パソコン]

アベノミクス効果というやつで、円安が止まりませんね。いつの間にか1ドルが103円にもなりました。こうなると、輸入品がほとんどのパソコンパーツなどはジリジリと値が上がっているものも多くなりそうで、実際に近所のパソコンショップなどを覗いてみると、CPUなどは変わらなくても、SSDやメモリーなどは値上がりしてました。年末の時期になると、1年間のデータ整理などでハードディスク需要も多いかと思いますが、私の場合もそうで、写真データ保存用HDDがもうすぐ一杯に。年末押し迫ってからでは品不足になる恐れもあるし、待っていても値が下がりそうにないので、先日買ってしまいました。デスクトップパソコンに増設用ですから、3.5inch HDDですが、今回は東芝製の3TBのものを。

3TB-HDD-1.jpg

HDDのシェアは、Western Digital、Seagate、日立グローバル(IBM)が殆どなのですが、日立がWDに買収されたことでほぼ消滅。一方で寡占化の懸念から、一部の生産設備を東芝に売却したことで、東芝ブランドの3.5inch HDDが誕生することになったのは昨年のこと。今まで私は、日立(HGST)・Seagate・WesternDigitalと各社使ってきましたが、今回はこの東芝製を使ってみようかな、と候補に絞りました。従来と同じ2TBでもよかったのですが、せっかく1TBブラッターになったことだし、3TBをチョイス。購入は近所のショップで、11000円程でした(DT01ACA300 2013年9月製造品)。

3TB-HDD-2.jpg

今年導入したデスクトップパソコンですから、HDDの増設は簡単。PCケース付属のアタッチメントをHDDに付けて(はめ込むだけ)、3.5inchシャドーベイに差し込み、SATA 6Gbs対応のケーブルと電源コードを差せば完了。マザーボードの端子からHDDまでは10cmほどですから、長いケーブルを引き廻す必要もなく、至って簡単です。そしてまずはフォーマットですね。今回は2TBを越えますから、GPT Diskとしてフォーマットしますが、さすがに3TBだと5時間半もかかってしまいました。その間、特に異音や振動も無く、至って静かでしたから、初期不良品ではないでしょう。さて、フォーマット終了後に早速、いつものソフトで転送速度を計ってみました。1TBプラッター、6Gbps接続ですから、過去最高の値を期待したいところですが、結果は以下のように(過去データは、コチラを参照してください)。

3TB-HDD-3.jpg

見事に、今まで使ってきたHDDで最高値を出してくれました。HDDもなかなか進化しているのですね。
今年はパソコンを新調し、今回HDDも増設したので、私のパソコン環境としては大きく進化した年になりました。しばらくコレで頑張ります。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー