So-net無料ブログ作成
検索選択

やたがらす [サッカーあれこれ]

先週末の愚息2号は、一泊二日の熊野遠征でした。私は一日目しか行けなかったのですが、家内が二日目も行き、お守りを買ってきてくれました。

やたがらす.JPG

我が県最南端に位置する熊野市は、私の住いから車で3時間半ほど。以前は5時間近くかかっていたことを考えると、道路事情が良くなったせいで、多少近くはなりましたね。これも熊野古道が世界遺産になったお陰でしょうか。そこから、ちょっと川を渡れば和歌山県。その辺りに熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称)があります。今回買ってきてくれたお守りは、熊野那智大社の「勝守」です。
日本神話で神武東征の際に、高皇産霊尊によって神武天皇の元に遣わされ、熊野国から大和国への険しい道程を案内をしたとされる烏が、三本足のカラス、八咫烏(やたがらす、やたのからす)です。サッカーを少しでもご存知の方は、日本サッカー協会がシンボルマークとして使っていて、日本代表のユニフォームには必ず付いてますから、お馴染みですね。天皇を無事帰路へ導いた八咫烏を奉じることで、勝利への導き手として祭っているものと思われます。私は行けなかったので、写真で紹介することはできませんが、多くのサッカー選手・サッカー少年たちの想いが書かれた絵馬が、この神社の奉納されていたそうです。
夏休みはもうすぐ終わります。9月に入るとすぐに、中学年代最後の大会が始まります。一年前の愚息2号の事を考えれば、もう充分とも思いますが、チームメイトと最後まで悔いのない時間を過ごしてくれれば、と思いました。

nice!(3)  コメント(2) 

夏の三連戦 [写真・撮影]

2008年に県サッカー協会のボランティアカメラマンとなった私ですが、その初仕事が天皇杯に県代表を決める大会でした。一日目は準決勝二試合、そのうち二試合目はナイターでの試合という事で、なかなかチャレンジングだったことは、もう昔話になってしまったみたいです。依頼されて撮る、ということは、必ず結果を出す、ということでもあり、それがコンテスト応募クラスの写真を期待されているとなると、まあプレッシャーは当然ありました。が、周りの方々のご厚意やサポートのお陰で、回を重ねるにつれ、無駄な力みがとれて臨めるようになり、毎回何とか形に残せる程度にはできたつもりです。そして今年もまた、この時期がやってきました。
一日目は先週の8月19日。二試合でしたが、全国的な省電力ということで、ナイターではなくなり、代わりに強い西日の中での撮影を余儀なくされました。二日目の本日が決勝で、例年通りNHKでTV放送されます。そして来週は天皇杯一回戦です。毎年思うのですが、この夏の三連戦は体力勝負です。肌を焼く強い日差しの中で90分間、いかに集中できるかで、結果が変わってきます。今年は引越が終わった直後で、ちょっとバテ気味ですが、頑張ってきます!
(実は愚息2号が熊野遠征中で、それを撮りに行っていて、先程やっと帰ってきて、慌ててコレを書いている始末です)

夏の三連戦2.JPG

もちろんメインは1D4で、記録メディアはCFなのですが、昨年は延長戦になったこともあって(CFを入れ替える暇が無く)、サブのSDまで使いましたが、やっぱりSandisk Extreme(30MB/s)ではちょっと心許なかった事を思い出し、今回はSDを新たに追加することにしました。同じくSandiskですが、Extreme Pro 16GB(95MB/s)です。通販で5000円ほどで手に入れましたが、安くなったものですね。まあ、これで万全でしょう。
今日も暑くなる予報です。頑張ってきます!

夏の三連戦1.JPG


nice!(3)  コメント(4) 

レンズキャップ [カメラ機材]

レンズキャップ.jpg

CANONがミラーレス機に参入を表明したことは、皆さん既にご存知の事と思います。私的には、ミラーレス機とはレンズ交換できるコンデジ、という感覚で、どうもあまりピンと来ないのですが、発表されたコノ↑画像には目が行ってしまいました、レンズキャップに。
以前からCANONのレンズキャップには、取り付け取り外しがしづらい、という不評の声が多く、私もそう思っていました(もう慣れてしまいましたが)。それが今回発表のEF-Mレンズ用キャップは、中央でつまむ形になっているではありませんか(TAMRONと同じタイプ)。CANON HPを見てみると、この52mmのキャップは、EF 35mm F2やEF-S 60mmマクロなどにも使えるとのこと(単体価格 550円)。今後発表されていくレンズには、こうしたキャップが標準になっていくのでしょうか。これも、ユーザーサイドの声を引き上げた結果というなら、嬉しい話ですが、もう少し早くやって欲しかったな~、というのが本音ですけどネ。
http://cweb.canon.jp/ef/accessary/detail/6315b001.html

nice!(3)  コメント(7) 

モニターアーム [パソコン]

マルチモニターの場合、モニターアームを導入すると、卓上がかなりスッキリできることを知っていたので、以前から注目していました。今回、モニターの買い替えに合わせて、私も導入してみました。モニターアームはいろいろ出ているのですが、私が選んだのは、24インチワイドモニター4台まで対応の以下の製品です。
http://ergs.jp/products/detail.php?product_id=450
モニターアーム1.jpg

近所の店ではまずお目にかかれないので、購入は通販。サンワサプライの製品ではないようですが、サンワダイレクトの扱っている商品なので、まあ良いかな、と。並列2台用でもよかったのですが、価格が2千円ほどしか違わないのなら、今後のことも考え&今あるモニターも使用できるようにと、4台用のコレにしました。心配なのは剛性感。フニャフニャで傾いたり倒れてきそうだったりしたらイヤだなあ~、と心配していましたが、届いた品は鉄製のかなり重いもの。なかなか、しっかりしていそうです。
ポイントは机への取り付け部分だろう、と思い、オプションの補強プレートも一緒に購入したのですが、実はこれが正解でした。まず、取り付ける机の天板の厚さがほどほどで、丈夫である事。私の場合、30mm厚の天板でした。それにクランプを使って挟み込んで支柱を建てるのですが、力が均一にかかるように、接地面が増えるように、補強プレート(鉄製)はさみます。この補強プレート、机上面用に大きなもの、下面クランプの当たる部分用に小さいもの、の2枚セットですが、このモニター4台用のモニターアームではクランプは2個で、補強プレートの小さい方では用を成さず、大きい方を下面に使いました。上面には、たまたま手元にあったステンレス板を挟むことにしました。こうして支柱を建てると、なかなかしっかりとしているではありませんか。後は、モニターを取り付けたアームを支柱に通して、六角レンチで固定すれば完了。一人でもできますが、重いので二人でやると簡単でしょうね。
モニターアーム2.JPG

24インチモニターが4台設置できます、と書かれていますが、実測してみると、27インチでも付けられそう(手前に引きだすという操作はできないでしょうが)。私は今回購入の23インチ2台に使用し、将来もっと高画質なモニターを購入した際に、4台マルチモニターにしよう、と考えてましたが、それまでの暫定処置で、今まで使っていた22インチモニター1台も付けて、3台マルチで現在使ってます。やっぱりこうして見ると、色味の違いが分かりますね。支柱に対しては、右2台左1台になってしまうので、傾いたり不安定になったりしないか心配しましたが、この状態でもなかなかしっかりしています(大きな地震がくれば分かりませんが)。モニターを3台にして使用するには、現在使っているCPU Core i7 920 がグラフィックを内蔵していないため、新たにグラフィックボードの追加が必要でしたが、昔使っていたもの(GeForce 7600 GS)が押し入れに転がっていたので、それを流用。ゲームをする訳ではないので、現状はコレで充分でしょう。
いつも使うDPPも、1920x2の幅だとセレクト編集画面の一覧もかなり広く、それでも3面目にフォルダーやネットを同時表示できますから、これは便利に使えそうです。高価でキャリブレーションのしっかりできるモニターも魅力ではありますが、この投資額でこの広さもまた魅力。一度使ってしまうと、私はもう元には戻れません。

モニターアーム4.JPG

ただ3面マルチだと、マウスを大きく動かした時に、ポインターはどこ? ということも。まあこれは贅沢な悩みで慣れで解決でしょうね。それと、せっかくモニターアームを使って卓上をスッキリさせたのに、今度は有線のキーボードやマウスが邪魔だなあ、と思うようになったりして。懐具合と相談しながら、これも無線に替えたいなあ、などと思うようになってしまいました。
そんな訳で、引越を機にちょっとパソコン環境にも手を入れてみて、完成したのが下の写真。広々とした環境を手に入れ、今のところ順調&快適です。

モニターアーム3.JPG


nice!(3)  コメント(6) 

新モニター [パソコン]

モニター1.JPG

今回の引越で、NTTの光回線も引き直しになったことを、先日ご報告しました。パソコン自体は、これも以前ご報告しましたように、SSD導入などでリフレッシュしましたので、そのまま不満無く使い続けております。今回の引越を機にテコ入れしたのは、モニターです。
これまでは、1680x1050の22インチ液晶モニターと1280x1024の19インチ液晶モニターを並べて使っていました。このデュアルモニター仕様、実に広々として使い勝手が良かったです。確かに、間にモニターのベゼルが入ること、2つのモニターの解像度が違うので、微妙に位置が合わないこと、2つのモニターが同メーカーとはいえ、色調が微妙に違う事、などが欠点でした。しかし、メインで画を見ながらサブにツルーパレットを出す、とか、サブでネットで調べ物をしながらメインで作業する、とか、そういった使い方でデメリットを上回るメリットを享受できていたと思いました。これに慣れてしまうと、もう後戻りはできません。
だいたい、どうして22インチ+19インチになったかと言えば、モニターを置く机の幅が90cmしかなかったためで、その制限故にでした。それが今回の引越で、160cm幅の机に替えることができ、それならばその制限無くモニターも選べるのではないか、という物欲思考になった訳です。最近では液晶モニターの価格下落は著しいですから手を出しやすかった、ということもありましたし、このモニターも4年以上使ってきましたし、と。本来、写真を扱う者としては、ナナオなどの高価で色再現性の良いモニターを使うべきなのは重々承知しているのですが、現在の懐具合ではなかなか許してもらえず(引越にもいろいろ費用が掛かりましたし)、でもIPSパネルを使っている事、LEDバックライトであること、1920x1080のFULL HDで表面処理はノングレアであること、という条件は外せません。ゲームはしないので応答速度は問わない、という条件で安価なものを探しみると、LGのIPS235V-BN という製品に辿り着きました。何と2台で3万円程。今使っている22インチ(2007年購入)が1台でそのくらいの値段をしていたと思うと、いや~、ホントに安くなりましたね。
購入は通販、引越の最中に届きました。早速、パソコンに繋いでみると、白が白い!。当たり前の事なのですが、今までいかにいい加減な色で見ていたか、如実に感じましたね。23インチを横に並べると、2台で110cmほどの幅の画面になりますから、どうしても端の方は斜めから見ることになってしまいますが、その点でもIPSだけあって差は少なく、なかなか良い感じ。このLGのIPS235V-BN という製品は、工場出荷時にキャリブレーションされているらしいですが、2つのモニターを並べても、色味の出方の違いは感じられませんでした。デフォルトではちょっと明るすぎるので、かなり落としましたが、それでも以前のモニター(明るさMAX)よりもまだ明るいくらい。難点は、ベゼル自体が決して狭くないので、並べると3cm強の黒い帯が出てしまうこと。これは以前もそうでしたし、仕方ない部分ですが、そのベゼル自体は艶消しでも、端の斜め部分が光って目につくことは難点。このあたりは、ベゼル幅が1.2mmという新型が出るそうですから、それにすればかなり解消できるかも(今回の購入には間に合わなかった)。あと、パソコンの電源を落とした際に電源ランプ(青)が点滅すること(以前のモニターはオレンジの点灯)が、深夜の部屋で目障りなことですね。でもまあ、これまで気になっていた点を3万円でほぼ解消できたようで、費用対効果で考えれば、まずまずかな。
それと気づいたことは、1920x1080のFULL HDでネットを見ていると、自分のブログ画像が意外に小さく見える事。今まで私自身が1680x1050を使っていたせいでしょうね。既にFULL HD画面で見られている方も多いと思いますので、このブログに載せる画像もこれを機に、少し大きくしようと思います。

モニター2.JPG

それともう一つ、今回のモニター購入を機に、モニターアームも導入しました(つづく)。

nice!(4)  コメント(3)