So-net無料ブログ作成
検索選択

春の遠征 [サッカーあれこれ]

高槻-1.jpg

仕事人にとっては、年度末の慌しいこの時期は、学生にとっては春休みでもあります。
昨年末の事故以来、これ以上無いというぐらい、順調に回復してきた愚息2号ですが、サッカー選手としては、まだまだ回復途上。それでも、所属チームの関西遠征(5泊6日)に参加しております。昨日までは奈良、そして今日から大阪(ガンバカップ)です。そしてまた、まったくもって罰当たりな私も仕事そっちのけで、来てしまいました。
こんなことができるのも、皆さんの声援・応援のおかげで愚息が回復できたからこそ。関西遠征に行くなんて、もう無いかも、などと言い訳を考えながら(誰に言うわけでもないんですがね)、カメラ片手にやってきたのは、大阪府高槻市総合スポーツ公園です。
2日前の奈良は雪が降ってましたが、今日は快晴で、心地よい気温です。年度末の忙しさに忙殺されている方には、ホント申し訳ないのですが、サッカー撮ってます。ISO100でも、F4.0で1/2000ぐらいになってしまう好天気ですが、陸上トラックのあるココだと、1D4+ヨンニッパではちょっと短いことも。明日は、7D+ヨンニッパにしてみるかな。
しかし、ノートパソコンは持ってきたのに、カードリーダー(CF)を忘れてきました(泣)。


ちなみに・・・


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桜の咲く前に [日々の徒然]

桜の咲く前に.jpg

一昨日の3月25日、私の伯母にあたる方(私の実父の兄嫁)が亡くなりました。享年81歳、心筋梗塞でした。
その伯母は、そう遠いところに住んでいるわけではなく、今年1月に亡くなった伯母(私の実父の姉)の件で、私はその前日の3月24日に会っていました。別段変わりなく、普通に雑談して、別れました。そしてそれが、最後となりました。
人は、この世での役目が終わると、天へ召されると聞いたことがあります。やっと膨らみ始めた桜の蕾。あともう少し待っていられたなら、きっと綺麗な桜が見られだろうに、と、火葬場へ続く桜並木を見上げ、そう思いました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TAMRON B005 (後編) [カメラ機材]

経緯はともかく、レンズを購入したなんて、久しぶりのことです。で、ちょっとだけインプレを。

B005-4.JPG

タムロンといえば、やっぱり柔らかなボケ味が魅力のレンズが多いですが、このレンズもその点は期待できそう。解放ではやっぱりちょっと甘いですが、少し絞ればそれなりにシャープに写ってくれます。ただF8位に絞っても、四隅は厳しいかな、と思うこともあり、パンフォーカス的に隅々まで緻密に撮る性格のレンズではないのかも。最短撮影距離が前シグマレンズの20cmから29cmになったので、静物をマクロ的に撮るには物足りない面も出てくるかもしれません。
(↓7D+B005 17mm F5.6 1/800 ISO100)
B005-5.JPG

私は7Dに付けて、ちょっと試し撮りしてみただけですが、AFは早くないです。かといって苦痛になるほど遅い訳でもなく、普通のスナップ撮影にはまずまずかな(これで動体撮影するわけでもなし)。総じて、F2.8の明るさを利用して、室内外の日常の何でも撮る標準レンズとしては、コストパフォーマンスに優れたレンズ、という印象ですが、それならばもう少しコンパクトにして欲しかった、というのが私の本音。Kissクラスのボディでは、手軽に持ち出す気が失せます。手振れ補正ユニットの搭載がこの大きさの理由なら、熟成された次期モデルではきっと、もっと小さくなるでしょうね。
(↓7D+B005 50mm F3.2 1/320 ISO100  ちょっとだけ、前ピンかなあ~)
B005-6.JPG

「前のレンズも、まだ使えるし。このレンズは重要な時に、大事に使うようにするよ」と言う愚息。私はその言葉には、真っ向から反対しました。「物を大切にする気持ちは大事だけど、いったん買ってしまったら、使って使って、使い尽くしてこそ、買った価値が得られる。普段にドンドン使って、その時にしか撮れない画、お前にしか撮れない画を、また見せてくれ」と。
今はもう愚息と共に東京へ行ってしまったこのレンズ、さて次回帰ってきた時にどんな画を見せてくれるか、楽しみにしています。
(↓7D+B005 50mm F2.8 1/640 ISO100 露出補正-1/3)
B005-7.JPG


nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TAMRON B005 (前編) [カメラ機材]

B005-1.JPG

そんな訳で、SIGMA 18-50mm F2.8 DCに代わってやってきたのは、TAMRON SP AF17-50mm F2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]という、長~い名前のレンズ(通称 B005というらしい)。単焦点という選択肢が無かったわけではないですが、愚息に持たせるのが1本となると、やっぱり標準ズーム。ただ私としては、高倍率ズームなどより全域でF2.8の明るさは欲しかったし、初心者ゆえの手振れの目立つ愚息が使うとなると、手振れ補正機能も欲しいところ。純正は値段的に論外というと、もう二者択一です。本当は、後継のOS付きシグマレンズが良かったのですが、最近のシグマレンズは結構なお値段をしていて、タムロンのこのレンズに比べ2万円近く高価。この価格帯のレンズで2万円の差は大きいです。で、コレになりました。

B005-2.JPG

2009年10月発売開始のこのレンズ、もう既に実売価格もこなれていることだし、購入はいつもの通販。ネットで注文後すぐに到着した箱を開けてみると、デカイ!。太さも長さも、以前のシグマレンズに比べ一回り大きいです。7Dで標準に使っているEF-S15-85 ISと同じくらいの太さと重量感。Kiss DXに付けてみると、明らかにレンズの大きさが目立ちます。試しに7Dに付けてみると、バランス悪くないですから、やっぱりKissクラスにはオーバースペックのレンズなのでしょうか。気軽に持ち出す標準レンズとして、レンズキットからのステップアップに、と考えると、もう少しコンパクトになって欲しいところです。
昔、タムロンの28-200mmのレンズを使っていた経験から思うと、AFモーター音が随分と静かになった気がしました。でも、USMやHSMに比べれば、やっぱりそれなりの音はします。注目の手振れ補正機能(VC)は、結構強力に効いてくれます。私的には、EF-S15-85のISよりも効く感じですが、ISよりも作動音を感じますね。

B005-3.jpg


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

18-26mm F2.8 ? [カメラ機材]

少し前の話で恐縮なのですが、東京の大学に通う愚息1号が、春休みということで帰ってきました。
昨年、カメラに興味を持ち始めた愚息に、Kiss DX+SIGMA 18-50mm F2.8 DCを持たせてやったことは、このブログで書きました。それで昨秋は、タイ&カンボジア旅行で貴重な写真を撮ってきたことも、ご報告済み。ところが今回帰ってくるなり、「壊れた!」とのこと。

18-26mm-F2.8-1.jpg

SIGMA 18-50mm のレンズが、26mmから望遠側にズームできません。何かが内部で引っかかっているのか、内部ギアかカムが壊れたのか、26mm以上にはピクリとも動きません。AFはきちんと作動するし、絞りも問題なく動作します。元々、愚息にはレンズはこれ1本しか持たせていませんから、レンズ交換などしたこともなく、付けっぱなし。他のレンズを装着してみても、Kiss DX本体はまったく正常で、ただこのシグマレンズのズーミングが、僅か8mmしか動かない18-26mmになってしまっただけ。今春の旅行(この件はまた機会を改めて書きます)に持ち出したときは異常無く、旅行中にそうなったとのことで、この僅かしかズームできないレンズで撮ってきた、とのこと。撮った画も見ましたが、特に問題無さそうです。私的には、結構気に入っていたレンズですが、このままではちょっと使えませんよね。
修理に出すか?とも考えたのですが、このレンズ、Kiss DX用に2007年初めに購入したもので、もう丸5年になります。レンズの世界で5年は、そう長い年月ではないのですが、デジタルを取り巻く環境変化は大きく、もちろんこのレンズも廃版、新型が出ています。修理に出した方が安価で済むでしょうが、投資効果とこれから先のことを考えて、ここは新レンズ購入を決断しました。それがコレ↓です。

18-26mm-F2.8-2.jpg


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。