So-net無料ブログ作成

サッカー撮影09(喜怒哀楽 後編) [サッカー撮影]

サッカー09-01.jpg

サッカーの試合中は、ボールの有る所にシャッターチャンスがあるのだから、基本的にはボールを追って撮影します。しかし、こうした得点・失点・勝利・敗戦に絡む、選手が感情を露わにした姿を撮るには、ボールだけを追っていたのでは撮れない。自チーム撮りをしている方は、選手と一緒に跳びあがりたいくらい嬉しいだろうし、逆の場合は涙で撮れないこともあるかもしれない。しかし、入り込み過ぎ無い程度に試合全体の流れを読み、一方で冷静さを保ちながらも、ピッチ全体に気を配る必要があります。
しかし選手が試合中に見せる、そんな喜怒哀楽の感情的な姿は、予測はできないし、ほんの一瞬であるであるために、本当に貴重。撮り逃がせば二度と撮れない。設定を変えたり、撮影場所を移動したりできる時間的余裕などない。遠くても近くても、絞りを絞れなくても、押さえておかなくてはいけない、咄嗟の嗅覚が必要になる場合が多い。

サッカー09-02.jpg

サッカー09-03.jpg

サッカー09-04.jpg

サッカー09-05.jpg

サッカー09-16.jpg

サッカー09-06.jpg

ボールに絡む選手を撮るのは基本としても、それ以外にもピッチ上には、さまざまな選手の表情が散りばめられています。喜ぶ・怒る・悔しがる・悲しむ、サッカーというスポーツに打ち込むあまりに見せるそんな表情や姿は、普段の日常生活では決して見ることのできないものでしょう。そんな無心に打ち込んだ結果得られる喜怒哀楽は、とても貴重で美しく思えます。特に、ロースコアーゲームであるサッカーでは、1点に掛ける選手の想いは大きく重い。それを写真という形で残すのには、多くの経験が必要な事なのかもしれません。でもそれは、観客席から眺めていただけでは得られない、望遠レンズで選手を追っている貴方だけにしか得られない画だとすれば、チャレンジする価値は大きいと思います。

サッカー09-09.jpg

サッカー09-13.jpg

サッカー09-14.jpg

サッカー09-10.jpg

サッカー09-12.jpg

サッカー09-11.jpg

サッカー09-08.jpg

サッカー09-07.jpg

サッカー09-15.jpg


今回の「喜怒哀楽」では、勝利でホッとした笑顔を載せても、爆発的な歓喜の姿は省きました。それは後の「サッカー撮影26~30」で紹介したいと思います。

nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サッカー撮影08(喜怒哀楽 前編) [サッカー撮影]

今回は、解説調の文章よりも写真中心で。

サッカー08-01.jpg

サッカー撮影は、基本的にはボールを追いながらの撮影だと、以前書いたことがあります。別にボールを撮りたいのではなく、選手を撮りたいのですが、ただ立っていたり、走っていたりする選手ではなく、必死にプレーしている選手を撮りたい訳で、サッカーという競技が広いグランド内でボールを奪い合い、ゴールに結びつける競技である以上、ボールを追っていた方が、そうしたシーンを得るのに効率が良いと思われるからです。そして最終的に、画面内にボールが入っていると、サッカー写真らしくなることも、ボールを追う理由でもあります。
しかしこれは、あくまで「基本的に」です。ボールが無い場所でも、ボールが画面内に入っていなくても、印象的なシーンは散らばっています。たとえば、試合中に選手達が見せる喜怒哀楽の表現。今回はそんな画を紹介したいと思います。

サッカー08-02.jpg

サッカー08-03.jpg

サッカー08-04.jpg

サッカー08-05.jpg

サッカー08-06.jpg

サッカー08-07.jpg

サッカー08-08.jpg

サッカー08-09.jpg

サッカー08-10.jpg

サッカー08-11.jpg

サッカー08-12.jpg

サッカー08-13.jpg

サッカー08-14.jpg

サッカー08-15.jpg


今回の「喜怒哀楽」では、勝利でホッとした笑顔を載せても、爆発的な歓喜の姿は省きました。それは後の「サッカー撮影26~30」で紹介したいと思います。

nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌 [パソコン]

カメラ・写真関係の雑誌も、毎月たくさん発売されておりますが、パソコン関係の雑誌も同様ですね。

パソコン雑誌.jpg

パソコンほど進歩と陳腐化の激しい製品は無いのでは、と思うほど、変化のサイクルが早いように思えます。そして、使い方の多様性も。それゆえに、こうした雑誌も多く出回っているのでしょうね。新製品の紹介・解説、優劣のテスト、使いこなし方や提案などなど。こうも流れが速いと、オジサンに成り下がった私には、ついて行くのがやっとの状態でして、従って、こうした雑誌で常に情報を得ています。
特に「設定次第でもっと早く、快適になる」などという謳い文句が表紙に載っていたりすると、つい手に取ってしまいます。「設定次第で」ということは、「お金をかけずに」プラス効果が得られるということと同意でして、セコイオジサンには、なかなか魅力的に見えたりして。
ところで私は、以前は数種の雑誌を購読していましたが、今はコレといって決めて買っているわけではありません。その時々に、気ままに買って読んでいるのですが、「週刊アスキー」は比較的よく買う雑誌の一つです。週刊だけあって、情報は早いですし、テスト記事も多いですし、何といっても安価。上の写真は、昨日書店で買った雑誌です。
 
(どうしてアスキーだけ3冊も買ったのか。理由があるのですが、それは・・・、ナイショにしておきます)

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

携帯電話 後編 [パソコン]

しばらくブログを書く気も失せていましたが、それでも少しずつ復興していきたいと思っています。
携帯電話の話が途中になっていました。まずは、その続きから。

何だか今までの携帯電話とは指向の異なるiPhone 4。理解するためには、まずは取扱説明書と思ったのですが、これが付属していない。全てネットから得てください、という訳です。確かに節約にはなるし、携帯電話の取説を端から端まで読む人も少ないだろうから、それはそれで的を得ているのかもしれませんが、やっぱりアナログ部分のある私なんかは、どうもねぇ。それで、書店へ行って、How to本を買ってきてしまいました(一番初心者向けと思われるもの)。書店の書棚に、こうした本や雑誌がたくさん並べてあるのを見ると、必要とする人が多い事、やっぱり几帳面な日本人には取説は大事かな、という事を思ってしまいました。
携帯電話2-1.jpg

さて、このiPhone 4を使ってみて分かったのは、こりゃ~今までの携帯電話とモバイルPCとの中間製品じゃないの、ということ、そしてこれを快適に使うには、無線LAN(Wi-Fi)環境が必須かなあ、ということ。PCやネット環境が無い、またはそれに疎い年配の方等には普及しませんね。だいたい一番最初に行うのは、電話帳の移行だと思うのですが、赤外線もメモリーカードも無いiPhone 4では、今まで使っていた携帯から電話帳をSoftbankのサーバーに一旦アップして、iPhone用アプリ「電話帳かんたんコピー」をダウンロード&インストールし、それで変換保存しなくてはならない、という非常に面倒な作業を経なくてはなりません(皆さんコレやったでしょ)。それには従来の3G環境でも可能でしょうが、やっぱりWi-Fiじゃないと、ね。
そういえば、Softbankのお店で、「無線LANを使ってますか?」と聞かれました。ウチは有線です、と言うと、「ただいま、FONルーターを無償でお渡しできますが、いかがでしょうか?」と言われました。無線ルーターを無料でくれるのならラッキー、とばかりに貰ってきましたので、早速それを使ってみました。設定自体は簡単で、直ぐに繋がり、おかげで電話帳の移行もスムーズにできたのですが、自宅以外でWi-Fi環境が殆ど無い地方都市在住では、3Gで使う事がほとんどで、iPhoneにしてホントに便利になったのかなあ。
それにしても、このFONルーター、簡単に接続できたのは良いけど、セキュリティの面は大丈夫なのだろうか。ちょっと調べてみると、このルーターは持ち主用とFONメンバー用と、2種類の送受信ができるようで、持ち主用にはパスワードが必要ですが、FONメンバー用は、FON会員ならだれでもアクセスできるようです。ということは、見知らぬ人が私のルーター(つまりは私のネット回線)を使って、インターネットに接続できるということではありませんか。ネットのタダ乗りが可能ということ?、そのための無償提供? う~ん、HPには「セキュリティも万全」と書かれているのですが・・・(ちょっと不安)
そこで、昔買った無線LANルーター(BUFFALO製)を物置から引っ張り出してきて、Wi-Fiだって無線LANなんだから、これでも繋がるのでは、とやってみました。ところがこれが面倒。PCとルーターを繋ぐのは、付属ソフトでワンタッチなのですが、iPhone 4と繋ぐ方法を探すのに、まず苦労。そして、セキュリティキーを打ちこむのも面倒。もっと簡単な方法や、最新の無線LANルーターなら簡単なのかもしれませんが、私は半日を費やして、やっと接続できました。
これでFONルーターでも、BUFFALO製ルーターでも、どちらでも接続できるようになりました。早さも無線の届く範囲もさほど変わらないことが確認できた今、今後どちらを使っていこうか悩んでいるところです。これまで携帯電話を何台も乗り換えてきましたが、今回は苦労しました。これで、便利に、快適になってくれれば良いのですけど、ね。
(しかし、バッテリー持たないな~。これで後2年間、大丈夫かな。その前に、落として壊しそうだし)
携帯電話2-2.jpg


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー