So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと地デジ [日々の徒然]

さて、そんな37インチのブラウン管テレビの後釜にやってきたのは、40インチの液晶テレビ。
 
やっと地デジ1.jpg
 
地上波デジタル放送が始まって約7年。薄型テレビが家電店に並び、これまでとは格段に上がった画質を訴えて久しい。普及率は80%にもなろうとしているのだから、今更と思われる方が多いと思う。我が家が大きく出遅れていたのは間違いないことなのだが、本来こうしたものには直ぐに飛びつきたくなる性格の私が、今になってしまった理由はいくつかある。前任テレビへの思い入れは前回書いたとおり。そして、決して裕福とは言えない現在の家計状況では、優先順位が低くなってしまったことも一因。家族みんなが、テレビの前よりパソコンの前に座る時間の方が多くなってしまった、環境と趣向の変化も理由だろう。そして最大の要因は、引っ越した先の今の住環境が、未だ地上波デジタルに対応していなかったこと。
アナログ放送完全停波まで1年を切った現在、アナログテレビを見ている方はご存知かと思うが、頻繁に地デジ環境への移行を促すテロップが流れる。が、今や集合住宅の住人の身としては、建物自体の受信環境が整わない限り、地デジを見ることはできない。昨年調査を行い、入線からやり直すということまでは決まっていたが(この辺りは難視聴地域で、ケーブルテレビがほとんど)、今年初めに申し込んだのに、一向に工事の日程が決まらない。工事自体は一日で済むのに、業者の予定がかなり混んでいるようだ。申し込んでから約半年して、やっと工事完了となった次第。
AV(アダルトビデオではありません、Audio&Visualです)を趣味としていた私としては、この際出来る限りの大画面を導入して楽しみたいところだが、今や他の趣味もあって、それに掛ける予算は殆ど無く、また今の住環境ではこれくらいが精一杯ということで、SONY製の40インチ液晶テレビで妥協。まあ、とりあえずの1台目だし、もう少し懐具合に余裕ができたらステップアップも、と無理やり納得したつもりだが、さてそれは実現できるのかどうか。
「何をいまさら」と言われそうだが、でもまあ、やっぱりアナログから移行した身(眼?)としては、緻密で綺麗をマジマジと、そして「やっと」実感。一昔前と比べて格段に安くなった液晶テレビのなかでも、特別な新機能が付いている訳でもない、安いスタンダード機種なのだが、普段使いではこれで充分ではないか、と。確かに、映画などをじっくりと見たい分には物足りないところもあるし、音はプアー。いくら倍速駆動といっても、スポーツ鑑賞では動画ボケや残像が気になることもあるが、家族が居間で見るテレビとしては必要充分。デジタルカメラ同様、これからも機能や性能が増し、価格も安くなっていくだろうが、まあ暫くこれで家族から文句は出ないだろう、と一安心。
 
 

ところで・・・


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

98年製 [巷の雑感・時の想い]

98年製.jpg

もう随分前のこと。
リビングに置いてあるテレビが壊れた。購入してからかなり経ったものだったので、まあ壊れてもしかたないか、と諦めた。私はあまりテレビを見る方ではないが、それでもリビングにテレビが無いと家族が困るだろう、と思い、会社の物置に転がっていた古い小さなテレビを、仕事の合間に自宅に持って行った。
テレビを接続して、さて会社に戻ろうとすると、当時小学1年生の息子がちょうど帰って来た。「ただいまー」と言ってリビングに入って来た息子は、そのテレビの変わり様に驚いたような表情で立ちすくんだ。「テレビ壊れたんだ。しばらくこれで我慢してくれ」と言って、急いで会社に戻ろうとする私。返事が無いので、ふと振り返って見ると、息子はそのテレビの前で微動だにせず立ち続けている。これ以上ない暗い表情なのだが、キッと結んだ口からは何の言葉も出てこない。一瞬時間が止まったかのように凍りついたリビングの二人。そして、まるでスローモーションを見るように、息子の瞳から一滴、床に落ちた。
ハッと自分の胸に突き刺さった物を感じた私は、脱兎のごとく会社に戻った。そして、直ぐに取引先の業者に電話し、「直ぐにテレビを持って来てくれ。一番大きなヤツを自宅に!」と。私はうかつだった。あの時息子が、非難や恨みの言葉の一つでも吐いてくれたら、それに気付くのがもう少し遅かったかもしれない。家長として、父親として、役目を果たしていないと思った。経済的に困窮していて、テレビを買えないのなら、別の対処法もあったろう。でも、当時そうではない。テレビなんて、と軽く考えていた自分に、何だか恥ずかしさを感じた。
現在、テレビの無い家は殆どないと思う。いや、一人に一台が当たり前になってきているのだろうか。それでもリビングのテレビは、団欒の一員になったりする。家族みんなの目が注がれ、時に指をさして笑われ、時に感動で涙を誘う画を運んでくれたりする。今か今かと期待を込めて見られることもあるだろうし、寝転がりながら見ていて、つい寝てしまったこともある。テレビが情報源として、娯楽の源として、唯一絶対では無くなった今では、家庭での立ち位置も随分変わって来たのだろう。家族全員の視線を集めるような時間は、以前ほど多くはないのかもしれないが、リビングに欠くべからざるものとしての存在は、今も昔も変わらないと思う。
そうして、このテレビがやって来て12年。時が経ち、家族が育ち、あの息子も今は、この家にいない。そして、この手垢と埃でうっすら汚れた姿も、世のデジタル化で天寿を全うする前に、間もなく我が家から居なくなる。この大きく重いブラウン管テレビ。去り逝く前に、少し綺麗に拭いてやろうかな、と思っている。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

湿度計 [カメラ機材]

ちょっと前の話ですが、ご容赦ください。
以前のブログで書いたことがありますが、私は東洋リビングの防湿庫(ED-150CD)を、2年半ほど使っています。ED-150CDはもう廃番になってしまったようですが、レンズ本数が増えていない私にとっては現在もジャストサイズ、いや、先月レンズを減らしたためにちょっと余裕が出てきたのが現状です。防湿庫は保管庫でもありますから、何事も無く適湿を保ってくれていれば充分なのですが、先日ちょっと気になったことがあったので、ご報告しておきます。
 
湿度計.jpg
 
或る日、ふと防湿庫に眼をやると、いつも湿度を表示している液晶が真っ白。確かこの湿度計は電池式だったから、電池が切れたんだな、と思い、裏蓋を外して新品の電池と入れ替えてみた。でも点かない。確か、裏にON-OFFのスイッチがあったはず。何かの拍子に触って、OFFにしてしまったのか、と思ってみたら、そうでもない。スイッチの接触不良でもなく、電池切れでもなく、電池の接触不良でもない、となると、う~ん壊れたかな、と。
まあ機械物だから、壊れることもあるさ、と納得はしたものの、やっぱり湿度計が無いのは不安。別に今まで期待を裏切らなかった防湿庫だから、無しでも良いのかもしれないけど、やっぱり眼で見て確認できると安心感がある。これを機に、他社製の湿度計を付ける、という案も浮かんだが、出しゃばらないデザインの今のものが必要充分で気に入っているので、製造元の東洋リビングにメールにて問い合わせてみることにしました。もちろん、購入してから2年以上も経っているので、有料になるのは納得した上で、部品単体で送ってもらうには幾らかかるのかな、と。
すると、すぐ翌日に返事が返ってきました。
 「弊社ホームページへのお問い合わせありがとうございます。お問い合わせの件ですが、
  デジタル温湿度計の表示不良でご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
  温湿度計は3年間の保証ですので、新しいデジタル温湿度計をお送りさせていただきます。
  恐れ入りますが、ご交換いただき、お手元の不良分は処分くださいますよう、お願い申し上げ
  ます。  新しいデジタル温湿度計は、準備でき次第発送いたします。」
とのこと。そして、送付先(私の住所)の確認の一文も付け加えられていました。そういえば購入時に、この防湿庫はメーカーから直接送られてきたので、メーカーに購入者リストのようなものが有るのでしょう。その中に私の名前・住所があり、「そちらでいいですか?」というわけです。もちろん私は、すぐに返信メールを送ったのですが、その翌日(ということは、最初のメールを送った2日後)には宅配便で、湿度計が我が家に届きました。
この湿度計自体は、プラスドライバー1本あれば、誰にでも簡単に取り外し・取り付けできるもので、今まで通りの正常な状態を取り戻すのに苦も無かったのですが、それにしても今回のメーカーの対応には感心しました。別に無料で元通りになったからではありませんが、売りっぱなしではなく、困っている自社のユーザーには、親切に迅速に対応するというのは、当り前のことなのかもしれませんが、「クレーマー」と呼ばれるような人がいる今の世で、なかなか出来ないことだと思うのです。こうした防湿庫は、買い替えが頻繁に行われる製品でもないだろうし、商売気を匂わせる対応とも覚えず、こうした顧客管理に好感をもった次第です。以前、レンズの件でシグマという会社にも同じように感じた、何となくメーカーの良心を今回も感じてしまいました。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本スポーツマスターズ2010 後編 [サッカーあれこれ]

スポーツマスターズ2-1.jpg

前回書きました、我が県で行われている「日本スポーツマスターズ2010」。4日間の日程の最終日である今日は決勝トーナメントが行われ、サッカーは兵庫県代表チームの優勝で、無事幕を下ろすことができました。
本日は、一時雨がパラつくこともありましたが、幸い大会期間中は概ね天候に恵まれ(暑かった)、参加された方々には全力を出していただけたことと思います。シニアの大会というと、親睦やレクリエーションの意味合いが強いと想像される方が多いと思いますが、この大会に限って言えば、さすがに各地区予選を勝ち上がったチームだけあって本格的。少しお腹の出が気になる方もいらしたみたいだし、和気あいあいの雰囲気もありましたが、試合が始まるとそれは一変。楽しむことが中心の草サッカーとは違った、勝利にこだわった真剣勝負の場でした。
サッカーという選手寿命の短い激しいスポーツですが、それでも幅広い年代で愛好されていること、そして、やっぱりそこには、勝利に向かうひたむきさ、勝ち取った喜び、逃した悔しさ、そんなスポーツ共通の清々しさが存在することを確認した4日間でした。
私的なことを言えば、これまで小学生、中学生、高校生、大学生、社会人と各年代、そして女子も、フットサルも、と撮ってきて、今年に入りJ1チームやシニアサッカーも撮ることができ、サッカー撮影に関してはほぼ全カテゴリーを撮らせていただいたかな、と思っています。これも県サッカー協会のお手伝いをさせていただいているお陰ですね、感謝しております。
さて、4日間各会場を廻って撮った四千数百枚のRAW画像。まだほとんど見ていませんが、これからそんな「おじさん」たちの熱闘の姿を確認しながら、選別&現像していきたいと思っています。

スポーツマスターズ2-2.jpg

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本スポーツマスターズ2010 前編 [サッカーあれこれ]

日本スポーツマスターズ2010が、当県で開催されております。昨日開会式を終え、本日より本格的に競技が始まりました。

スポーツマスターズ1-1.jpg

日本スポーツマスターズは、スポーツ愛好者の中でも、競技志向の強い主に35歳以上(サッカーは40歳以上)を対象としたスポーツの祭典。参加者が互いに競いながらスポーツを楽しむことで、生涯スポーツの振興と普及を図ることを狙いとし、日本体育協会が2001年から開催していますが、皆さん知ってました?(ちなみに私は、この間まで知りませんでした)。その第10回大会の今年は我が県で行われることとなり、サッカーをはじめ、テニス、バレーボール、軟式野球、ゴルフなど13競技が県内各地の会場で9月21日まで行われています。サッカーに関しては、県サッカー協会が開催をお手伝いするということで、私も初日の今日から動員。がんばって撮ってきました。
サッカー競技は、全国から16チームが集まり、3日間のリーグ戦の後、最終日に各ブロック1位による優勝決定戦が行われます。初日の今日撮った数チームを見ると、元日本リーグに所属していた本格的な方から、そうでもなさそうな愛好家の方まで、年齢もホントに35歳以上?と思える方から、私よりずいぶん年上の方まで、様々な方々が真剣に競っておられました。
先月は、女子サッカーのO-40(オーバー40の意味で、40歳以上の大会)を撮りましたが、幅広い年代の方がスポーツを楽しむことは、競技人口を増やすことでもあり、素晴らしい事だと思います。確かに、頂点を目指して切磋琢磨する若者のスポーツも、見る者を熱くしますが、楽しみながらも真剣に、勝利を目指して頑張る姿もまた、スポーツの一面を見た気がします。確かに快晴で気温30度を超えた本日、足をつったり、選手の方からベンチに交代を申し出る姿も何度か見ましたが、汗みどろになって頑張るおじさんの姿は、スポーツ共通の清々しさを充分感じさせるものでした。

スポーツマスターズ1-2.jpg

ちなみに・・・


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー