So-net無料ブログ作成

「安心メンテ」第二弾(その3) [カメラ機材]

さて、手元に戻ってきたEF200-400と1DX2ですが、早速試し撮り。といっても年末も押し迫った頃で、今期の主な大会も終わってましたので、シニアリーグの最終戦を撮りに行ってみました。

安心メンテ第二弾3-0.jpg

結論から言えば、前ピン傾向はすっかり無くなり、ビシッと決まった画を得られます。そして今、このレンズのジャスピンの画をよく見ると、このレンズを使い始めた頃よりも、心なしか解像感が上がったように思えてきました。「安心メンテ」に出したのだから、という先入観を抜きにしても「コレがキャノン最強のズームレンズです」と言える画だと思います。
では、ちょっとだけ作例を(50歳以上のシニアリーグ戦ですが)。
下の写真(ノートリミング)
1DX MarkⅡ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/1600 F4.0 ISO 250 焦点距離 400mm

安心メンテ第二弾3-1.jpg

これだけでは分かりにくいので、この写真を等倍(720×720pixel)で切り出したのが、下の写真です。

安心メンテ第二弾3-2.jpg

撮影者である私から被写体までの距離は約40m。こうした望遠系レンズの場合、被写体との距離が有りますから、間の空気の影響を受けやすいですね。この日は冬の寒くても清んだ空気ですから、その点を考慮しなければならないですが、それにしてもテレ端の開放F値でこの解像力をズームレンズで得られるとは、値段相応だと思いました(背景のボケはヨンニッパにはかないませんが)。
もう一例載せます。
下の写真(ノートリミング)
1DX MarkⅡ+EF200-400mm F4 L IS 1.4x 絞り優先AE 評価測光 シャッター速度 1/2500 F4.0 ISO 250 焦点距離 280mm

安心メンテ第二弾3-3.jpg

上の写真は(ちょっと逆光気味ですが)、テレ端ではなくワイド端に近い焦点距離です。これも同様に、等倍に切り出したのが下の画です。

安心メンテ第二弾3-4.jpg

約20m先のユニフォームの継ぎ目まできちんと分かります。ワイド側でも十分な解像です(本音は、後ろの白ユニフォームの選手がもう少しボケて欲しいですが)。
もちろん、この結果には1DX2のAF性能有ってのことだと思います。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
wataru-wata

ジュニアユース様、おはようございます☆

単焦点。とりわけヨンニッパクラスと比較すると、どうしてもボケでは負けてしまいますよね(><)
でもでも、それでもズームの利便性は捨てがたい事から出番が多くなってしまうレンズです♪

1DXでも、そこそこAFは満足できるので1DX2では、もっと追従性の高いAFなんでしょうね。
今は金欠だし、子供にお金がかかるので東京オリンピックに出てくるであろう1DX3に期待しようかと思います(笑)

by wataru-wata (2018-01-29 07:55) 

ジュニアユース

wataru-wataさん、こんにちは。
開放F値でこの解像は素晴らしいと思いました。しかもズームなのに。
でも、F2.8とF4との差は、やっぱり感じますね。
私は、ヨンニッパⅢ型を待つかな~

by ジュニアユース (2018-01-29 23:49)