So-net無料ブログ作成

スパイクから革靴へ [日々の徒然]

スパイクから革靴.jpg

快晴の今日、愚息2号の成人式でした。
ちょうど我が家に集合した愚息2号とその同級生たち。揃いのスーツ姿は、皆まだ着慣れた雰囲気ではないけれど、新鮮でした。そして意気揚々と、成人式会場に向かって歩いて行きました。
もし、僅かに何かが足らなければ、今日は私がこの子の車椅子を押して会場に行くことになっていたかもしれません。それを思えば、何と幸せなことでしょう。愚息は今まで試合前にはスパイクを磨いていたのに、昨日は革靴を磨いていました。
この20年の間、我が家を取り巻く環境は大きく変わりました。我が家の場所も変わりましたし、私の仕事も変わりました。この子の姉と兄は、今は東京住まいで、この子もそうです。5人で食卓を囲んでいた頃に比べれば、寂しくなった、とも言えるでしょう。でも晴れやかにこの日を迎えられたことを、親として嬉しく思います。
選挙権が満18歳以上になり、成人式も18歳で行う案もあるそうです。20歳はもう大人です。まだ学生の身なれど、大人としての責任を自覚し、これから先の大海を進む術を考えねばならないでしょう。でもそれは明日からでも遅くはない。今日一日は、喜び、祝う日で良いと思います。
ありがとう。そして、おめでとう。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

うらくん

本当におめでとうございます。
わかります。
本当に良かった、本当に良かった。
by うらくん (2018-01-09 07:06) 

ジュニアユース

「うらくん」さん、コメントありがとうございます。
中学や高校のクラスメイト、サッカーのチームメイトに囲まれて談笑する愚息を見て、本当にうれしく思いました。
成人式は成人になった本人だけでなく、親にとっても大切なものなのだと、実感しました。
by ジュニアユース (2018-01-09 23:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。