So-net無料ブログ作成
検索選択

清く正しく美しく [本・映画・アニメ・詩歌]

今回ご紹介させていただくのは、玉置浩二氏の作詞・作曲、2011年にリリースされた「安全地帯XII」というアルバムの最後の一曲、「清く正しく美しく」です。

悲しい時は空を見て 誰も悪くないと言おう
淋しい時は海に来て もう自分を責めなくていいと言おう
うれしい時は風になり 麦を鳴らして称えよう
やさしい時はあの人に ごめんね、ありがとう、と言おう
苦しい時は山を見て もう逃げたりしないぞと言おう
虚しい時はふるさとの 大地を想い泣けばいい
何もできなくなってしまった時は 清く正しく美しく
清く正しく美しく ただ君の手を握り締めていよう


この曲は「悲しい時は」から始まります。この世を生きる我々には、本当は悲しいことも嬉しいことも平等に有る筈なのだけれど、生きる苦しみが有れば、生きる楽しみも必ず有る筈なのだけれど、良い事は束の間に過ぎていき、そうではない反対の事は、永く重しとなって留まるように思えるのは、凡人の私だけでしょうか。そうだからこそ、心が穏やかになった時には「ごめんね」「ありがとう」と素直に言おう、と綴っています。
ここから少し曲調が変わります。

ダイスの目は決まっている 初めからそれと決まっている
一つ転がすと1から6まで 終わりの無い一人旅
二つで転がせば1は無い 6と6で12になって
時計の針が0時で重なるように 君がいてくれるなら


ダイスとはサイコロのことですね。この曲の出だしフレーズとは全く関係ないようにも思えますが、サイコロを一つ転がすことを、孤独に一人で生きて行くことを表し、二つで転がすとは、二人以上で生きていくことを比喩しているものと思いました。一つをいくら転がしても、出る結果には限りがある。でも二つ転がせば、出る眼の組合せによって得られるものは数倍以上。そしていつか、6と6の目が出るようなら、それは素晴らしいことが起こるのではないか、そんな風に私には聞こえました。

清く正しく美しく.jpg

悪いものなんてない 悪いものなんてない
この世に有るものは いいものばかりに決まっている
胸を晴れ高らかに 希望の光を見たはずだ
あの日の自分を思い出せ 心の闇に立ち向かえ
誰も助けてくれない 誰もわかっちゃくれない
自分は自分でしかない
良き人たちのピンチを救えるのは
汚れた者たちの最後のチャンスなのだから
足を半歩前に出せ 必ず誰かが見てるから


「悪いものなんてない」は全肯定です。だから、今の苦しくも悲しくもあるのは、自分自身に起因するのだと唄っています。今は荒んだ自分でも、これまでずっとそうであった訳ではないでしょう。天を仰いで笑った時期も有ったはず。だから、たとえ辛苦が降り注ごうとも、笑って、泣いて、生きていくことが「清く正しく美しく」に繋がるのではないでしょうか。

もっと笑って 笑ってもっと
僕らの愛が清らかだと分かるように
もっと手を振って 手を振ってもっと
僕らの愛が正しいところに向かっていけるように
もっと涙を流して 涙を流してもっと
まだ見ぬ母のぬくもり頼りに泣きじゃくる赤子のように
いつか知らないどこかの誰かが涙をぬぐってくれるくらいに
僕らの愛が美しいと言えるように

清く正しく美しく 清く正しく美しく
君だけの 君だけの 君だけの
愛を受けとめていよう

清く正しく美しく 清く正しく美しく
君だけを 君だけを 君だけを
黙って抱きしめていよう

清く正しく美しく 清く正しく美しく
清く正しく美しく 僕らは一つになれる

清く正しく美しく 清く正しく美しく
清く正しく美しく 僕らは一つになれる
いつか一つに なれる


「安全地帯」というバンドは、1982年のメジャーデビューから紆余曲折あって今に至っています。当初は男女の切ない恋愛模様を唄ってヒットしましたから、そのイメージから見れば異質に映る曲かもしれません。この曲の歌詞に出てくる「愛」や「君」というのは、単なる恋人への愛情ではなく、もう少し広い意味が込められているように思え、このようなスケールの曲に至るには、30年の時間が必要だったのでしょう。作った玉置浩二氏にしても、いろいろゴシップ記事がありましたし、本人の精神が不安定な時期もあったようですが、今ではその歌唱力には凄みを感じさせられます。
私は特別「安全地帯」のファンだった訳ではありませんが、ふとしたことでこの曲に出会い、聞き、思わず魂が揺さぶられてしまいました。ちょうど私の苦しい時だったからなのかもしれません。「清く正しく美しく」そんな風に生きることは理想でしょう。でもそれは、社会的に成功したから成れるものでも、大金を手にすれば得られるものでもない。内なる自分への提言なのです。なので、性別や年齢、立場や環境には左右されず、全ての人に向かってのメッセージソングだと思い、ここで取り上げさせていただきました。じっくりと聞いてみてください、できれば一人で。









nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
volvo357

ごぶさたしてます。
いい唄ですね。ちょっと泣けました。
by volvo357 (2016-06-05 10:50) 

ジュニアユース

volvo357さん、お久しぶりです。
歌と言うのは好みもありますから、私がどんなに良いと思っても、伝わらない場合もあります。
私がこの曲を初めて聞いたときには、ズシリときました。共感できて方がいらして、よかったです。

by ジュニアユース (2016-06-05 21:45)