So-net無料ブログ作成

サッカー撮影96(シャドー 後編) [サッカー撮影]

サッカー96-01.jpg

斜光ではないとしても、日中の厳しい日差しの下で行われる試合では、時に陰影が濃く出て、高コントラストの画になることがあります。それを補正しても良いのですが、シャドーをシャドーとして残してみる後編です。

サッカー96-02.jpg

サッカー96-19.jpg

サッカー96-04.jpg

サッカー96-06.jpg

サッカー96-05.jpg

サッカー96-07.jpg

サッカー96-08.jpg

サッカー96-09.jpg

サッカー96-10.jpg

サッカー96-11.jpg

サッカー96-15.jpg

サッカー96-13.jpg

サッカー96-14.jpg

サッカー96-18.jpg

今回は写真紹介が主ですが、楽しんで見ていただけたでしょうか。厳しい日差しは撮る側にも容赦なく降り注ぎますが、そんな中でも頑張っている選手たちを残したいですね。

サッカー96-12.jpg


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
kin_gyo

ジュニアユースさんこんにちは。
遅いコメント失礼いたします。
高コントラスト・シャドー残し写真を多く紹介いただき、ありがとうございます。
サッカーの場合、戦っているわけですから顔のシャドーは精悍さが増していいですね。
また、筋肉の隆起や腱が際立って、躍動感の表現にに繋がるように思います。
大変参考になりました。。


by kin_gyo (2016-01-28 21:29) 

ジュニアユース

kin_gyoさん、こんにちは。
RAWで撮っているので、シャドーの調整は簡単にできますが、今回ダイナミックレンジはもっと欲しいと思いました。
新しいセンサー、センサーサイズ等で変わってくるのでしょうね。
ボディの更新も考えなくては。

by ジュニアユース (2016-01-29 20:22) 

副将

光線が顔半分に当たったり、逆光で髪の毛の先が光ったりするカットは良いです。
そういうカットが撮れる場所わ探したり、移動したりしますか?
by 副将 (2016-02-03 22:35) 

ジュニアユース

副将さん、こんにちは。
ご質問の件ですが、撮影目的によって変えてます。
依頼撮影で、どちらかのチーム、または両方のチームを撮る場合は、出場選手の顔がはっきりした写真が必要ですから、
基本的には順光を狙います。
愚息の練習試合などを撮る場合は、思い切ってこんな写真を狙うこともあります。要は、最終目的に応じて、ということに。
ただサッカーの場合、グランド状況は変わらなくても、選手は常に動いてますから、順光・逆光は常に変化しており、
思わぬところで撮れなかったり撮れたりしますが、シャドーが濃くなっても「使える写真」をイメージして撮ってます。
それもまた、サッカー撮影の難しさでもあり楽しさでもありますね。

by ジュニアユース (2016-02-04 16:33)