So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影87(ジャンプ その2) [サッカー撮影]

サッカー87-01.jpg

前回はファインダー内で狙う選手が小さいと、たとえジャンプしたとしても移動距離が小さく、故にレンズを上下に振らなくても対処できる例を載せました。しかしこれが、ある程度以上に大きく選手を捉えた場合は、もちろんレンズを上下に振らなくては、1枚の画に選手とボールを収めることはできません。例えば下の写真です。

サッカー87-02.jpg

上の写真はトリミングしてあります。ノートリミング画像は下の画です。合わせて、連写してますから、AFフレーム(1点指定 領域拡大)を表示させた画も載せましょう。

サッカー87-04.jpg

サッカー87-03.jpg

レンズは単焦点レンズを使っていますから、焦点距離は一定です。背景を見れば分かるように(芝生の部分が徐々に低くなっています)、僅かに上方にレンズを振っています。振らなければ、ボールが画の中に入ってこないかったでしょう。

サッカー87-06.jpg

サッカー写真で、必ずボールを画に入れなければならない、という決まりが有る訳ではありません。しかし、ボールが有るのと無いのとでは、やはりサッカー写真としての見栄え度が違う、と私は思います。例えば下の写真(ノートリミング)。これは選手がジャンプしている写真に違いありませんが、画にボールが無いので、何となく「サッカー写真」と言うには気が引けます。

サッカー87-05.jpg

やっぱり、ボールは欲しいですね。

サッカー87-07.jpg

サッカー87-08.jpg

また、この選手がジャンプしてボールに触るシーンでは、やはり横よりも縦の画の方が見栄えがすると思います。

サッカー87-12.jpg

サッカー87-13.jpg

サッカー87-16.jpg

横だと、どうしても選手を大きく捉えることが難しく、そうなるとピント合わせもシビアになります。トリミングの度合いも大きくなりがち。せっかく選手が懸命にジャンプしているのですから、ここは縦で撮りたいシーンです。

サッカー87-10.jpg

サッカー87-15.jpg

サッカー87-11.jpg

サッカー87-14.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。