So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影64(1.4xテレコン or APS-C機 その4)  [サッカー撮影]

レンズから入射する画を拡大することで望遠効果が得られるテレコン。受光センサーが小さいがゆえに中央部のみを記録し、結果的に望遠効果を得られるAPS-C機。この両者について考えてきましたが、今回で一区切りとします。

サッカー64-1.jpg

最初にも書きましたが、受光センサーが高価が故に登場したAPS-C機は、一過性の規格と思われましたが、現実には市民権を得た感があります。特別なイノベーションが起きない限り、ここしばらくは無くならないと思います。当初問題とされた広角域のレンズに関して、APS-C機専用とすることで、大型・高価にならないレンズが複数登場し、それらのレンズも現在では既に第二世代へと進化を遂げています。それに対して望遠側のレンズは、APS-C機専用というのはほとんど見かけません。受像センサーに導く画がフルサイズよりもずっと小さくて良いはずなのですから、レンズ自体も小型化(低価格化)が図れるはずなのですが、需要が少ないのでしょうか、そんなレンズはあまり見かけません。しかしながら、400mmが必要なシチュエーションでも300mmで足りる、ということなら、それはそれで予算の削減・機材の軽量化に加担しているとも思えます(それが理由でAPS-C機専用望遠レンズが登場しないのかも)。

サッカー64-2.jpg

上の写真
CANON 1D MarkⅣ+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm(換算約390mm) シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.0 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW 
下の写真
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm(換算約480mm) シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.0 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW 

サッカー64-3.jpg

現実に我々の目の前にAPS-C機が有るのですから、我々ユーザーは、これを利用しない手はないと思います。フィルム時代には、焦点距離が足らなければ、より高価な長焦点レンズに買い替えるか、デメリットを享受したうえでテレコンを使うしかなかった。それが、センサーサイズの大小を利用するという、もう一つ選択肢が増えたことは、ユーザーとして歓迎すべきことだと思います。実際私も、1D4+ヨンニッパと7D+サンニッパを場合に応じで併用して使っています。サンニッパは持っているがヨンニッパまでは手が出ない、けれどこのサンニッパの切れ味をスポイルするテレコンを使いたくないと思われる方が、APS-C機で必要な焦点距離を稼ぐ、そんな方法もアリだと思います。ただ、「諸手を挙げて歓迎」とまではいかない。そこには画素間の狭小化によるデメリットも存在しますし、ボケがうるさくなる点もマイナス要因でしょうし、前回書いたようにAF性能的にも妥協が必要になるかもしれません。ただ、メーカーが製品化しなければ、我々ユーザーは使うことができないのですが、ユーザーが工夫・努力できる範囲が広がることは良い事だと断言できます。何より一眼レフカメラは、テレコンを使うにしろ、ボディをAPS-C機に替えるにしろ、レンズを含めたトータルな性能で論じ、選ぶべきものだから、です。
ここではサッカー撮影を前提に考えていますから、どうしても画角の狭い望遠レンズで、広いグランドを不規則に動き回る選手と相対しなければなりません。この難易度の高い被写体に対して、状況に応じて選択肢が増えることは喜ぶべきことで、投入予算の削減につながるかもしれません。そうなれば、サッカーを含むスポーツの撮影を、より多くの方が楽しまれるかもしれない。それが、より高性能機の需要の拡大へ、と好循環を生み出すやもしれません。サッカーで思ったような画を撮るには1D系でなければダメ、そうはならないでほしいと私は思っています。

下の5枚の写真は、
1枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm(換算約390mm) シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.0 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW 
2枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm(換算約546mm) 絞り優先AE シャッター速度 1/1600 絞り F4.5 評価測光
露出補正 -2/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW 
3枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm(換算約672mm) 絞り優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F5.0 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 400  AI SERVO AF  RAW 
4枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm(換算約480mm) 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -2/3  ISO 800  AI SERVO AF  RAW 
5枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm(換算約520mm) シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F4.0 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW 

サッカー64-4.jpg

サッカー64-5.jpg

サッカー64-6.jpg

サッカー64-7.jpg

サッカー64-8.jpg


nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントの受付は締め切りました