So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影60(漁) [サッカー撮影]

漁01.jpg

漆黒は逃げ去り、群青色から澄んだ青へと変わった空を見上げる。
今日も快晴だ。煌めく波間が目に痛い。
いつもの手順で愛船に火を入れれば、いつもの声で答えてくれる。
波の無い小さな湾を静々と進む。
焦ることはない。小さな灯台が見えたら、エンジン全開だ。
さて、今日はどうだろう。狙った獲物は取れるだろうか。
もちろん大漁ならば言うこと無し。だが駄魚ばかりではたまらぬ。
昨日、思案の末に仕掛けた網の元に静々と近づく。
この足下の数メートル、数十メートル下には必ず居る。
俺が狙う獲物は必ず居るはずだ。
船に付けたモーターで、一気呵成に網を引く。
昔の人力とは違うが、この時の緊張感は同じだ。
成果は全て船の生簀に放り込む。
結果は気になる。けれど今は確認する暇は無い。
すぐに次の網に取り掛かる。
額から汗が流れる。それでも、今この時を惜しんではいけない。
水面を睨み続けてどのくらい経っただろう。フッと一息つく。
確かに手ごたえのあった成果も、幾つか見られた。
少なくとも、今日ここまで来た甲斐ぐらいは得られた実感は有る。
それならば、と船の切先を港に向ける。
成果の確認は帰ってからでいい。取った実感はあるのだから。
帰港後に陸揚げする際にじっくり吟味する、それを楽しみにしよう。


漁02.jpg

漆黒は逃げ去り、群青色から澄んだ青へと変わった空を見上げる。
今日は快晴だ。決勝戦に相応しい。
昨夜用意しておいた機材をトランクに入れ、キーを捻る。
まだ澄んだ空気の中、眠りから覚めたばかりの街を静々と進む。
焦ることはない。100kmほど先のサッカー場へ続く高速道路に乗る。
さて、今日はどうだろう。狙った画は撮れるだろうか。
もちろん大漁ならば言うこと無し。だが駄作ばかりではたまらぬ。
昨日、思案の末に考えたポジションにカメラを置く。
この眼前の十メートル、二十メートル先には、必ずある。
俺が撮りたいシーンが必ず出現するはずだ。
AFと連写モードで、一気呵成に目の前の懸命を形にする。
銀塩時代とは違うが、集中力が必須なのは同じだ。
成果を確認する余裕などない。
気になるけれど、途切れることなく続くプレイが許してはくれない。
次から次へと煌めくシーンを追い求め、レンズを振る。
額から汗が流れる。それでも、今この時を惜しんではいけない。
ピッチを睨み続けてどのくらい経っただろう。フッと一息つく。
確かに手ごたえのあったショットも、幾つか得られた。
少なくとも、今日ここまで来た甲斐ぐらいは得られた実感は有る。
試合終了のホイッスルで、この緊張感から解放される。
成果の確認は帰ってからでいい。撮った実感はあるのだから。
帰宅後にパソコンの画面でじっくり吟味する、それを楽しみにしよう。

サッカー60-03.jpg






サッカー60-04.jpg

サッカー60-05.jpg

サッカー60-06.jpg

サッカー60-07.jpg

サッカー60-08.jpg

サッカー60-09.jpg

サッカー60-10.jpg

サッカー60-11.jpg

サッカー60-12.jpg

サッカー60-13.jpg

サッカー60-14.jpg

サッカー60-15.jpg

サッカー60-16.jpg

サッカー60-17.jpg


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
副将

Good Job!
by 副将 (2014-01-27 23:07) 

kin_gyo

こんばんはジュニアユースさん。
続編よろしくお願いいたします。
by kin_gyo (2014-01-27 23:58) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

副将さん、こんにちは。
いや~昨年も頑張りました。愚息が高校に入学した年なので、例年よりは撮影枚数は少なかった、
と思いましたが、結果的には実際はそれほど少なくなかったです。

kin_gyoさん、こんにちは。
サッカー撮影カテゴリーも、まあこんな記事もあってもイイかな、と。お楽しみいただけたでしょうか。
続編は・・・、微妙です。

by ジュニアユース (2014-01-28 23:06)