So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影56(サブ機 その4) [サッカー撮影]

サッカー56-1.jpg

サブ機を選ぶ一つ目の選択肢として、メイン機の不慮の事態に備えて、一時的にせよメイン機の肩代わりができる機種をサブに選ぶ、ということを前回書きました。撮れませんでした、では絶対困るプロの方々は、そうした選択をするものと思われます。しかし我々アマチュアは、そこまで撮った画に金銭的価値がありません。そしてそもそも、メイン機が不調に陥って撮れなくなる、といったケースは、一体どれくらいあるでしょう。私は年間数十試合、約3~5万枚を撮影します。それを10年近く続けてきましたが、その間メイン機のトラブルで撮影できなくなったのは、1回のみ(累計撮影枚数5万枚ほどの1D MarkⅢで、連写時に明らかに異音がしたので撮影中断したこと。その後シャッターユニット交換)。プロ仕様の1D系だから、という点はあろうかと思いますが、適切な使用をしていれば、現在の日本製品が頻繁に壊れる確率は低いと思われます。某巨大掲示板などではトラブルの報告をよく見ますが、トラブルの無い人は書き込まないので、全体としての故障発生率をそれのみで判断するのは早計かと思います。また壊れたとしても、昨今の物流とメーカーのサービス体制を考えれば、半月以上もの入院を強いられることは稀です。サブ機の有用性は認めても、そのような低い確率の為に、予算の限られるアマチュアが多額の費用をサブ機にかけることに躊躇するのは、むしろ当然とも思われます。そこで、サブ機にメイン機並みの性能を要求せず、撮影バリエーションを担当させることを主目的とする、という第二の選択が考えられます。

サッカー56-2.jpg

サッカー56-6.jpg

例えば、サッカーのプレイ中の写真はメイン機で撮り、集合写真やベンチ風景、入退場時や表彰式はサブ機で撮る、といった割り振り方です。これらのシーンでは、当然要求される焦点距離のレンズも異なりますので、例えばプレイは400mm級のレンズが必要としても、それ以外は70-200mmや17-70mmのレンズをサブ機に装着することで用が足りると思われますし、サブ機に高い連写性能は必要ありません。実際にそうして撮ってみれば、一日の流れの中でレンズ交換無しで撮り続けられ、サブ機の恩恵は十分得られると思います。この場合、サブ機はプレイを撮ることを想定しないので、例えば入門機であるKissクラスでも充分役立こともあるでしょうし、それならばサブ機にかける費用もグンと安く済みます。Kissでは頼り無いと思われるのであれば、もうワンクラス上げても良いでしょう。

サッカー56-3.jpg

サッカー56-5.jpg

サッカー56-9.jpg

センサーサイズの異なる場合について、統一した方が違和感なく使えることは自明のことですが、自分所有の機材としては、それほど悩む点ではない、と前回書きました。この第二の選択の場合、メイン・サブ機両方でプレイを撮るのではなく、両機にそれぞれ違う目的を与えて撮るケースですから、センサーサイズの違いによる違和感はより希有でしょうし、ノイズの出方、AF性能に差異があったとしても、それほど問題になることは無いと思われます。むしろ、メイン機とサブ機の累積撮影枚数は当然大きく違ってくるでしょうから、併用しているとはいえ、買い替えやメンテナンスは、メインとサブ別々に考えるべき点には留意でしょうね。

サッカー56-4.jpg

サッカー56-7.jpg

サッカー56-10.jpg

サッカー56-8.jpg

サッカー56-11.jpg

1枚目
CANON 7D+EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS
焦点距離 40mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/400 絞り F11.0 評価測光
露出補正 +-0  ISO 1000  ONE SHOT AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 7D+Tokina 10-17mm F3.5-4.5 Fisheye
焦点距離 10mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/160 絞り F13.0 評価測光
露出補正 -1  ISO 250  ONE SHOT AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 1000  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +-0  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm 絞り優先AE シャッター速度 1/2000 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
7枚目
CANON 7D+EF15-85mm F3.5-5.6 IS
焦点距離 31mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/160 絞り F6.3 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 400  ONE SHOT AF  RAW
8枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F3.5 評価測光
露出補正 +-0  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
9枚目
CANON 7D+EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS
焦点距離 85mm 絞り優先AE シャッター速度 1/160 絞り F8.0 評価測光
露出補正 +-0  ISO 500  ONE SHOT AF  RAW
10枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
11枚目
CANON 7D+Tokina 10-17mm F3.5-4.5 Fisheye
焦点距離 17mm 絞り優先AE シャッター速度 1/320 絞り F8.0 評価測光
露出補正 -2/3  ISO 100  ONE SHOT AF  RAW

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
tm-engineering

ジュニアユースさん、
主題とは外れますが、ご容赦下さい。
プレイ中以外、選手以外の写真の重要さを、感じます。今回掲載された写真、大変参考になります。
応援しながら、とはいえ、撮影者に徹する事も必要ですね…
by tm-engineering (2013-10-05 16:07) 

ジュニアユース

tm-engineeringさん、こんにちは。
お気づきかもしれませんが、今回のサブ機5連載の各回一番最後の写真は、どれもボールが写っていません。
以前から私は、ボールを追う、ボールを画の中に入れる、それを勧めてきました。ですが、それ以外にも撮るべき
画はあるのではないか、とも思い、そんな写真も混ぜたつもりです。

by ジュニアユース (2013-10-05 20:49)