So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影54(サブ機 その2) [サッカー撮影]

サッカー54-0.jpg

さて、そうしたサッカー撮影でサブ機を選ぶ場合、どのような機種が最適か、その結論は「サブ機に対して何を求めるか」で変わってくると思われます。今回はその第一の選択として、メイン機が何らかのトラブルが生じた際に、直ぐに代替機として使うためのサブ機、を考えてみたいと思います。

サッカー54-1.jpg

プロなどは必ず結果を残さねばならない立場で、機材がトラブったから撮れませんでした、では生活に響くことに繋がりかねない。よってこの場合のベストチョイスは、メイン機と同じ機種をサブに用意することでしょう。操作も同じ、設定も同じにすれば、メイン機が使えなくても、サブ機で何ら変わりなく撮り続けられます。豊富な予算が有れば、アマチュアでもこのチョイスがベストだと思われます。しかし我々アマチュアはプロに比べ、撮影機会(日数)はずっと少なく、累計撮影枚数もずっと少なく、故にメイン機のトラブルの可能性も低く、撮影日のインターバルも長いので、もしメイン機が不調になっても修理の時間が取りやすい、そして何より、趣味に投入できる予算が限られる、そんなことを考慮すれば、サブ機にメイン機と同額の予算をつぎ込むことに躊躇するのは、ある意味当然かと思います。もちろん、アマチュアとてプロ並みの撮影機会・撮影枚数を撮る方もいらっしゃいますし、それで生計を立てている訳ではないにしろ、撮ることに多くの価値を見出している方もいらっしゃいますから、一概には言い切れない部分もあります。ただデジタル機器は未だに発展を続けている機器ですから、メイン機とサブ機に均等に予算をつぎ込むより、使用頻度の低いサブ機には予算を押さえて、次世代のメイン機購入のための余力にする、という方法が、社有機を使えないアマチュアにはベターな選択ではないでしょうか。

サッカー54-2.jpg

サッカー54-3.jpg

そこでセカンドチョイスとして、メイン機が不調の時、メイン機が修理中の間、メイン機には劣るが一時的に肩代わりできるだけの性能を有した機種をサブ機に選ぶ、という案が浮かびます。このケースの場合、2種類考えられます。まず、より性能アップした新型機をメイン機に導入した際、それまで使ってきた機種をサブ機に廻すこと。現在のCANON機で言えば、1D MarkⅣをメインで使ってきたが、1DXを購入しメイン機にしたから従来の1D4をサブ機に廻す、という方法です。このサブ機は、今までメインとして使ってきたので撮影枚数もそれなりをこなしていると思われますが、サブ機に廻すことで以後のシャッター数の増加は抑えられるでしょうし、何より使い慣れているので、操作や設定、長所欠点も熟知していて、何ら違和感なく使えると思われます。ただその為には、これまで撮り続けてきた経験と機材が必要で、いきなり今年からサッカー撮影を始めました、という方にはできない事。また、新型メイン機購入の際に、それまでの機種を手放して新機購入資金の一部にする、ということができないので、新型メイン機購入の際には100%自分の懐から用意しなければならない点は、マイナス要因でしょうか。

サッカー54-4.jpg

サッカー54-5.jpg

もう一つは、メイン機購入と同時またはその後に、メインには劣るがサッカー撮影に使えそうな性能を有する機種をサブ機として購入するケース。当然メイン機の方により多くの予算をつぎ込むことになるでしょうから、サブ機には限られた予算しか残らないこととなります。しかし、サブ機には一時的にせよメイン機の肩代わりができるだけの性能を有した機種を選ぶ、というのが、このセカンドチョイスですから、あまり性能差があって、サブ機にもならない、といった組合せは、この場合は選択範囲外。ではどの程度の性能差なら許容できるのかは、個人差の大きいところであって(予算に関しても個人差がありますし)、ここで私が具体的な機種名を挙げて断言するのは避けることにします。以前よりは緩やかになったとはいえ、今後もモデルチェンジやそれに伴う性能アップがし続けるでしょうし、それならば現時点の最良の組み合わせが、半年後のベストにはならないこともありますから。ただ私は、サッカー撮影には秒6コマ以上は必須、と言い続けてきましたから、そのあたりが判断材料になるかもしれません。

サッカー54-6.jpg

サッカー54-7.jpg

サッカー54-8.jpg

サッカー54-10.jpg

サッカー54-9.jpg

サッカー54-11.jpg

2枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm マニュアル露出 シャッター速度 1/1250 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +-0  ISO 400  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F5.0 評価測光
露出補正 +-0  ISO 250  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.5 評価測光
露出補正 +-0  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm 絞り優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F3.2 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 200  AI SERVO AF  RAW
7枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW
8枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 400  AI SERVO AF  RAW
9枚目
CANON 1D MarkⅣ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +-0  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
10枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm 絞り優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -2/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
11枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 200  AI SERVO AF  RAW
12枚目
CANON 7D+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm 絞り優先AE シャッター速度 1/2500 絞り F3.5 評価測光
露出補正 -1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
うらくん

まさにタイムリーな話題(笑)
昨日のディズニーシー、1DXの電源がすぐに落ちるトラブル。
撮影中も時々電源が落ちました。
せっかくディズニーの撮影を楽しみに来たので、
一度家に帰ってカメラを取りに行こうかと思いました。
電池を抜き差しして騙し騙し一日を過ごしました。
やはり遊びとは言え、予備のカメラは必要だと実感しました。

さて表題の件ですが、私は7D2を心待ちにしています。
間違いなく素晴らしいサブ機になるでしょうね。
by うらくん (2013-09-24 08:02) 

ジュニアユース

うらくん、さん、こんにちは。
電源が落ちるトラブルは、なかなか厄介そうですね。こうした電装系は、メーカーのサービスに持ち込んでも、
再現してくれないと、修理するにも時間がかかりそうで。
7D2は、いろいろ噂はありますが、来年初めぐらいでしょうか。スペックはある程度予想できますが、値段がどうか
気になるところです。

by ジュニアユース (2013-09-24 09:31)