So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー撮影38(撮った実感) [サッカー撮影]

サッカー21-6.JPG

「サッカーを撮る」ということは殆どの場合、試合中の選手を撮るということと同意だ、と以前書きました。ただ単に、立っている選手、走っている選手を撮っただけではサッカー撮影とは言い難いので、基本的にボールを追い、それに絡む選手の表情や動きの躍動感を撮るということなります。広いグランド内を予測なく前後左右に動き回る選手とボールですから、それを狭い画角の望遠レンズで捉えることは簡単ではありません。ただそうして集中力を高め、狙ったシーンを狙ったタイミングでシャッターを切れた時、「撮った!」という感触を得られることが有ります。

サッカー21-5.JPG

サッカー38-10.jpg

デジタルですから、メディアの許容範囲内で何枚でも撮れます。それに対するコストはかかりません。最近の機種は連写性能も高いですから、そんな連写を使えば望むシーンが得られる確率は高まると思います。しかし、ただダラダラと撮ったのでは、家に帰ってパソコンで成果を確認しても、さしたる結果を見つけられないことが多いです。試合中の選手と同じように、集中力を高め、選手の動きを読み、彼ら彼女らの懸命のプレー、必死の表情を追い、それをボールと選手の織り成すベストな構図でシャッターを切れた時、「撮った!」という実感が得られることがあります。または、試合前に思い描いたシーン、これまで撮りたくてもなかなかチャンスに恵まれなかったシーンをものにしたとき、「撮った!」という実感が得られることがあります。一試合を撮り終えて、この「撮ったという実感」が何度かあれば、まずまずの撮影結果が残せたはずです。逆に、この実感が得られない、この実感を経験したことが無い、といった場合は、更なる努力と集中力が必要だと言えます。
もちろん、そんな感触を得られたとて、家の帰って確認してみれば、ピントが来ていなかったり、一瞬の遅れで望んだ構図が得られていなかったり、選手の表情がイマイチだったり、といった、実感と結果がイコールならないことは、勿論有ります。それはまた反省材料として、今後の糧にすればよいのですが、ここで私が言いたいのは、ビデオカメラではありませんから、ただ連写機能に頼ってダラダラと撮っても、偶然は有っても、実感は得られない、ということです。

サッカー21-1.JPG

サッカー38-11.jpg

また、「撮った!、けどピントが来ているだろうな?」と、その場で確認する余裕も無いのがサッカー撮影。試合中プレーは止まらず、次から次へと撮るべきシーンが出ては消えていきます。撮った実感を確認する間も無く、次の実感を求めてグランド上に散らばった宝探しを続けなければなりません。人間の頭はマルチCPUです。今このポジションで撮って正解なのか、この設定で撮って正解なのか、そんな自問自答を頭の隅で行いながら、左目でグランドを見渡し、右目でファインダーで狙いを定め、シャッターボタンに掛けた指先に集中力を高めます。その行為を続けることは、結構な体力(筋力ではありません)を必要とし、故に「スポーツ撮影はスポーツ」と言われる所以です。そうしなければ、選手が勝利と同時に得られる達成感と似た、「撮った実感」というものは得られないのです。

サッカー21-2.JPG

サッカー38-13.jpg

反対に、「撮り逃がした!」という後悔もあります。自分が思い描いたシーンがやって来たのに、思わずファインダーから目を離して裸眼で見てしまった。撮影ポジションが中途半端だったために、貴重なシーンが選手に隠れてしまった。もう一呼吸連写開始を早くすれば撮れたかもしれない。そんなマイナスの実感を得てしまう場合もあります。それでもプレーは止まりません。その場で反省している暇はないのです。反省は家に帰ってからです。次のシーンは撮り逃がさないよう、気合を入れ直すしかないのです。それもまた、試合中の選手と同じです。

サッカー21-4.JPG

サッカー38-12.jpg

再度言います。デジタルだからといって、ただダラダラと撮っていては、撮った実感など得られるはずはありません。実感が得られたとて、結果が必ずしも望んだとおりとは限らないのです。撮り手のその「実感レベル」も上げていかなくてはなりません。楽をして甘い果実を手に入れる方法は、やっぱり無いと思うべきです。真剣勝負の場でしのぎを削り、切磋琢磨して選手が育つように、我々撮る側もまた、真剣に挑まなければ、実感と上達は無い、ということでしょう。

サッカー21-3.JPG

サッカー21-7.JPG

サッカー38-14.jpg


nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
Cimarron

高速連写は結構使いますが、カメラを買い増ししてD800Eで撮影すると単写が増えてじっくり構える様になりました。
9月に一時帰国した時に、妹の長男が高校のサッカー部所属で、ちょうど河川敷で試合があったのでサンニッパを持って撮影してきました。
日本国内での初サッカー撮影で良い経験になりました。
by Cimarron (2012-10-20 05:09) 

副将

そういう瞬間ありますねぇ!
アングル、ピン、色が全て揃ってた時の充実感があるからスポーツ、いや写真撮影をやめられませんね。
同時に機材への欲も増幅しますが。
by 副将 (2012-10-20 13:31) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

Cimarronさん、こんにちは。
連写がダメとか、単写が難しいという訳ではなく、自分の望む結果に最短距離で結びつくような使い方がいいですね。
D800でのサッカー撮影なら、やっぱり単写で結果が出せるような撮り方になると思います。
でも、その高画素でのサッカー撮影は、ちょっと憧れてしまいます。

副将さん、こんにちは。
スポーツは筋書きの無いドラマ。しかもサッカーとなると、選手とボールがどう動くか分からないだけに、さまざまな要素が
瞬時に変わっていきますよね。それだからこそ、撮っていて楽しい、最近はそう思えます。物欲はどうにもなりませんが。

by ジュニアユース (2012-10-20 21:57) 

うらくん

やっ1DXの扱いがわかってきた感じです。
恐ろしい連写能力ですが、2コマ以上連写する事はしません。
ベストショットは1コマですからね。
昨日はラグビー撮影でした。
一日中撮っていると中盤あたりに気が抜けるショットが目立ちます。
1DXでもピント抜けがあります。
気合いが大事ですね。
by うらくん (2012-10-22 08:15) 

ジュニアユース

うらくん、さん、こんにちは。
1DXと1D4を並行して使っておられる方には、その違いやセッティングの方法など、
分かる部分も多いのでしょうね。
カメラの性能に頼れる部分は頼っても良いと思いますが、最後は撮る人の力量ですね。
おっと、これは「釈迦に説法」でした。失礼しました。

by ジュニアユース (2012-10-23 18:00) 

ジグチッチ

「撮った実感」はまさしくその通りだと思いました。まだまだ私は「きっと撮れていますように」と祈りながらシャッターを切ることが多く、その結果として、きっと撮れているはずのカットが期待通りに撮れていなかった時の落胆も多かったりします。

「真剣勝負の場でしのぎを削り、切磋琢磨して選手が育つように、我々撮る側もまた、真剣に挑まなければ、実感と上達は無い」

深く胸に刻みたいと思います。
by ジグチッチ (2012-10-24 07:07) 

ジュニアユース

ジグチッチさん、こんにちは。
数多く撮り続けていけば、成功体験が重なり、それが「撮った実感」につながっていくのだと思います。
今週末も、サッカー撮影です。お互い頑張りましょう。


by ジュニアユース (2012-10-25 20:34)