So-net無料ブログ作成

サッカー撮影20(チーム専属カメラマン 前編) [サッカー撮影]

サッカー20-01.jpg

以前のブログで、「チーム専属カメラマン」のことを書いたことがありますが、今回はこの件をもう少し掘り下げてみたいと思います。

サッカー20-02.jpg

サッカー20-03.jpg

我が子の懸命な姿を形にして残したい、そう決意してカメラを手にピッチサイドで頑張っている保護者の方々。そんな方々はきっと、汗を跳び散らして走る姿、普段の家庭では決して見せない必死の表情などを、望遠レンズを通して見ていることと思う。そしてそれは、応援している他の父兄が、裸眼では決して見ることのできないシーンでもある。
サッカーは、11人で1個のボールを奪い合う競技。それ故、1人の選手が試合時間中にボールに触っている時間は、意外と短い。自分の子だけを撮っていると、1試合に数十枚も撮れないこともある。それでもサッカーは、常にプレーが途切れないスポーツだから、目を向ければ至る所で懸命のプレーシーンを見つけることができる。自分の子だけ、という枷を外し、チームメイトを含む自分のチームを、と広げれば、試合終了のホイッスルが鳴るまでピッチ上に、記録に残したい輝きが沢山あることに気付くはず。

サッカー21-03.jpg

サッカー20-10.jpg

たとえ小学生のサッカーであろうと、サッカー撮影というのは簡単ではない。広いグランドを前後左右に予測なく動き回る選手とボールを、狭いファインダーで追い続け、印象的なシーンでしっかりシャッターを切るのは、誰にでも直ぐにできることではない。性能が年々アップしている現在のカメラでも、手に入れさえすれば誰にでも撮れるものではない。それ故、現在のようにデジタル一眼レフカメラの普及が進んでも、動画にビデオではなくスティル写真を撮っている父兄の数は、決して多くはない。チームに一人居れば良い方ではないだろうか。それでも、今日の試合は今日しか撮れない。今、目の前で頑張っている子、それは貴方の子供かもしれないし、そのチームメイトかもしれないが、その姿を残すのは、今カメラを持っている貴方にしかできないことなのだ。

サッカー20-06.jpg

サッカー20-05.jpg

サッカー20-07.jpg

今しか撮れない写真。頑張っている姿を残したい。撮れる機材を持っている。自分の子以外も撮ってあげたい気持ちも有る。それならば、チーム専属カメラマンになる資格は有ると思うし、ぜひともそうなって欲しいと思っている。それは簡単ではないかもしれないけど、ぜひともチャレンジして欲しいと思っている。だって目の前の子供達は、そのチームは、日本代表を夢見て、優勝を願って、勝つために、懸命に頑張っているのだから。

サッカー20-08.jpg

サッカー20-09.jpg

サッカー20-11.jpg

サッカー20-12.jpg

サッカー20-13.jpg

しかし、別の見方もある。

nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
kotodaddy

おはようございます。
お陰さまで私の甥っこもまだ頑張ってサッカーを続けている様です。
残念ながら私は土日が仕事になる事がほとんどなので、スポーツ写真撮影を
したいのはヤマヤマなのに、なかなか撮りに行けないジレンマもあるのですが、
少なくとも学生のうちは最後までサッカーと言うスポーツを貫き通して欲しいと思います。

何度か撮影に行った限りでは、やはり私は「チームの専属カメラマン」と言うよりも
「甥っこの専属カメラマン」でした。仰る通り、FWの甥っこでさえボールとからむ
シーンはそう何度もあるものではなく、1試合での撮影枚数は数十枚だけ。
ましてや望遠単の限られた画角の中で満足できる様なものは数枚もない
なんて時もあり、妙な消化不良に落胆しながら帰宅した事もありましたねぇ(笑)。

私はサッカー写真については素人なんで、ジュニアユースさんレベルの方の画を
どうこう言えないんですけど、最後の1枚は素晴らしい瞬間だと思いますね。
ボールがこちらに飛んで来ていながらも構図の中で最適な位置にとどまって、
ピンはあくまでもプレーヤーに残っている。真剣な眼差しも含め、傑作だと思いました。
by kotodaddy (2011-09-23 10:29) 

mukko

先日は某掲示板ではお世話になりました。 購入後週末は勝手にチームのカメラマンやって一人で楽しんでます。

初めてのLレンズ、しかも250までだったのが300(×1.6ですね)まで距離を稼げて 今までより綺麗に撮れて満足です。  

 ジュニアユースさんのような写真が撮れるように(近づけられるように)なりたいです。 ブログ楽しみにしてます。是非 掲載した写真の撮影ポイント教えてください。 f値、撮影場所(サイドライン、ゴールライン、コーナー付近とか)、シャッタースピード、ISO設定、距離等・・・知りたいです。 お願いします。


by mukko (2011-09-23 23:19) 

ジュニアユース

コメントありがとうございます。

kotodaddyさん、こんにちは。
甥っ子さんはFWですか、それはまた、なかなか難しいポジションですね。FWは重要な仕事をするのに、
瞬時の動きが多くて、どうしても撮影枚数が少なくなりがちですしね。でも決まれば凄い画が撮れますので、
是非ともその時は公開してくださいね。
今回の記事は、あえて選手の顔がはっきり出ていない写真を選んでます。3枚目はタッチライン沿いで
撮っている私の元にまっすぐボールが飛んできたのを憶えています。まずボールに当たるということは
無いのですが、一瞬焦りましたね。

mukkoさん、こんにちは。
EF70-300 Lはどうですか。某掲示板での書き込みを見ても、今は撮影意欲がモリモリ状態だと思います
から、このままドンドン撮り続けて欲しいです。
撮影データは、以前は書いていたのですが、このところ省略していました。
1枚目は、タッチライン沿いからの撮影で、
1D3+EF400mm F2.8 L IS 焦点距離 400mm シャッター速度優先AE 評価測光 AI SERVO AF
絞り F5.0 シャッター速度 1/1000  ISO 800 露出補正 +1/3  WBマニュアル RAW 
2枚目は、コーナー付近からの撮影で、
1D3+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS 焦点距離 360mm 絞り優先AE 評価測光 AI SERVO AF
絞り F6.3 シャッター速度 1/500  ISO 160 露出補正 +1/3  WB 太陽光 RAW 
3枚目は、タッチライン沿いからの撮影で、
1D3+EF400mm F2.8 L IS 焦点距離 400mm 絞り優先AE 評価測光 AI SERVO AF
絞り F2.8 シャッター速度 1/800  ISO 1000 露出補正 +1/3  WB AUTO  RAW 


by ジュニアユース (2011-09-24 18:16) 

mukko

詳細ありがとうございました。 今日は娘の試合がなかったのですが、娘がお世話になった少年団の試合にお邪魔して撮影してきました。 練習試合だったので、撮影場所は自由に動けたのですが・・・太陽の位置や攻める方向を考えていますが 難しいです。

 できるだけ沢山の子供を撮ってあげたいのですが、ボールをキープ、ドリブルするタイプの子は比較的多くのシャッターチャンスがありますが、そうでない子はとても少なくなってしまいます。   

 最後にPKの練習兼ねて全員が蹴りました。 ぶれてしまったのもありますが、シャッターチャンスが沢山ありました♪ ゴール斜め後ろに構えていたら見事に外してくれて私のレンズフードに直撃しました。無傷でホッとしました。

 Lレンズのお陰で 少し上達した気分になってます♪ 以前に比べたら綺麗です。 これでカメラ本体もグレードUPしたらどうなんだろう?と・・・ 撮影者(技術)が同じなら、変わらない?かもですね。 今日はばっちり枠に入っていたのに ブレブレでがっかりしました。 明日は次女の試合があるので 少しでも良い写真が撮れるよう頑張ってきます。  
by mukko (2011-09-24 20:50) 

ジュニアユース

mukkoさん、こんにちは。
以前もちょっと書いた事があるのですが、試合中にボールをよく触る子、つまりは上手い子は、必然的に
撮影枚数が多くなります。いくら全員を撮ってあげたいという気持ちがあっても、撮影枚数に差が出てしまう
のは仕方無い面もあります。意識しないで撮ると、どうも枚数が少なくなってしまう子は、意識して撮るように
しています。
Lレンズに替えた事の効果は確かにあるかもしれませんが、半分はmukkoさんの撮影意欲と技術の向上
だと思いますよ。機材をランクアップして、より腕を上げた方って、たくさん見てきましたから。
これからもお互い頑張りましょう。

by ジュニアユース (2011-09-25 21:49)